イベントシーズン到来!! あの子と“差”をつける「パーティメイク」のテクニック集

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

いよいよ12月。
これから忘年会やクリスマスパーティなど、イベントが盛りだくさんのシーズンですね。

これからの季節はドレスアップする機会も多くなるので、それに合わせてメイクも華やかにすることが多くなると思います。

パーティメイクというとラメや鮮やかな色などをイメージする方も多いと思いますが、実は一番重要なのはうるおいを感じさせる質感。

冬は乾燥しやすいので、「ツヤのある質感」をいかに保つかが重要なんです。
今日は簡単なポイントメイクをするだけでパーティメイクに差がつくテクニックをお伝えしていきますね。

gahag-0050606036-1

(1)スティック型のハイライトを使って仕事帰りのパーティへ

仕事の後にパーティやイベントがあるということも多いですよね。
その時に使えるのがスティック型の練ハイライト。

パーティメイクに大事な「ツヤのある質感」を出すためには、一度メイクをオフして再度保湿をしたいところです。
でも、それが難しい時でもハイライトで簡単に「ツヤのある質感」を生めます。

ポイントは、縦のラインを作ること

眉間、鼻筋、上唇の上(ぷくっと膨らんだ部分)にハイライトでツヤをのせるだけで、顔立ちに立体感が出て、ぐっと華やかな印象になります。
またツヤで立体感を生むことで、保湿をしたような肌に見せられます。

さらにツヤ感を加える場合には、目と頬の一番高いところの間にある「Cゾーン」にもハイライトをのせてみてください。
その部分にツヤを入れることで、頬全体がうるおいをたたえた肌に見えますよ。

(2)口紅とグロスを混ぜて使うテクニック

リップメイクは顔の中でも重要なパーツです。
特にパーティメイクでは華やかな印象を作るために欠かせない場所です。

そこでおすすめなのが、口紅とグロスを混ぜて使うテクニック。
スパチュラや指などにまず口紅を少し多めにとります。

そして、そこにグロスを混ぜて唇へのせてください。
口紅を塗った上にグロスを重ねるよりも、色がよりみずみずしく見えて、うるおいのある質感に仕上げてくれます。

濃い色の口紅もこの方法だと派手すぎることなく使えるので、「濃い色もせっかくだから試したい」という方にはおすすめですよ。


いかがでしたか?
楽しいイベントが目白押しの12月。
簡単なポイントをつかんで、華やかなメイクを楽しんで出かけてみてくださいね!

【参考文献】
・『読む美容事典』濱田マサル・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする