ドラマ『逃げ恥』の人気は星野源にアリ!? イケメンよりも“フツメン”がモテる理由

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

「ガッキーがかわいすぎる!」と話題のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

“ムズキュン”と言う言葉が流行するほど人気です。
もどかしい恋愛模様をコメディタッチで描いた、星野源さん演じる恋愛経験がないサラリーマンと、契約結婚をした新垣結衣さん演じる彼氏ナシ女子のこのドラマ。

「配役が最高」との声も多数で、漫画がドラマになった時の“イメージと違う感”がなかったのも勝因の一つのようですね。

そして“恋愛経験のない男”を見事に演じ評価はうなぎのぼりの星野さん。
確かに顔は普通であり、ウブな男性を完璧に再現。

話題の『恋ダンス』では、作詞・作曲・歌を担当し、キレキレのダンスも披露した星野さん。
顔は普通で、ウブ男を演じても、マルチすぎる才能は(努力も)完全ににじみ出てしまっています。

星野さんが外見云々関わらず人気が出るのは当然の流れとも思えますね。

ただ星野さんの才能もさることながら、ドラマの見せ場のムズキュンシーンからは目が離せません。
もしこれがフツメンではなくイケメンだったら?と考えると、ムズキュンではなくただのキュンキュンになりますよね。

そこで今回は、イケメンよりフツメンだからこそ好きになってしまう理由をリサーチしてみました。

%e6%98%9f%e9%87%8e%e6%ba%90-%e7%b8%ae%e5%b0%8f%e7%89%88

出典:nigehajigram(nigehaji_tbs)(Instagram)

(1)ムズキュンはテクニックの一つ

『自分のこと好きなんだろうな、と思っていた人の態度が急に冷たくなった。別に好きではなかったのに、そこからなぜか気になる存在に。手に入らないと欲しくなる、ってこういうことなのかも……』(20代女性/会社員)

星野さん演じるサラリーマンはとにかくウブ。
嫉妬を表に出せなかったり、好きという素振りをしたことを後悔したり。
いつもどこかで“俺なんて……”と自分を卑下してしまうキャラ。

普通ならスンナリ上手くいきそうな展開なのに、なぜか上手くいかなくなってしまうのです。
女子側は「まどろっこしい」と“ムズ”の感情を抱きます。
でもたまに出てくる相手の男性的な部分に“キュン”の感情を抱き……と、常に感情をグラグラ揺らされている状態。

そしてその状態が一番恋愛にハマったりもするのです。

“相手が何を考えているかわからない”という“不安”“期待”、そしてたまに与える“刺激”
ウブさが逆に恋をもたらすテクニックにもなるということですね。

故意かどうか関わらず、実はイケメンよりもフツメンの方が女心を揺らすのが、得意なケースもあるかもしれません……。

(2)自分でも取り扱えそう

『夜中に電話かけてきて会いたいとか言われるのはかわいい。でも仕事を休んでまで側にいてとかはもうウザい。同じわがままでも違う』(30代男性/自営業)

『自分の横にイケメンがいると好きとか感じる前に、ただただ落ち着かない。いつも女子からチヤホヤされて生きてきただろうし、私はそこまでのおもてなしをできる気がしない。フツメンが楽でいい』(20代女性/美容師)

新垣さんがドラマの中でも言っていたようにキラキラより渋い方が好き、という女子は多いのです。
浮気の心配をいつもしなければいけないのもイケメンだからこそ。

その点フツメンはそういう心配もあまりないので楽ちん。
いつも自分が振られるのではないか、と恐がる必要もありません。

また誰であれずっと一緒にいたいと思える相手は、“自分の取り扱える範疇内の人”

たとえば女子のわがままも“かわいい”“そんなの無理”があるように、自分が背伸びを大きくしないと届かないものには、興味を深く持てないのです。

“ちょっと頑張ればできる”という範疇内での、かわいさやわがままを言える女子がモテるということであり(キャップの蓋開けて、とか簡単にできることに過度に喜んでもらえるとか)それは逆もまたしかり。

イケメンはやはり普通女子には届かない存在であり、またそこまで無理して捕まえなくてもいいか、と思ってしまう存在でもあります。
無理して相手に合わせて自分を高く見せようとしてしまうと、最終的には疲れてしまうというのが男女共にある本音。

ただのモテない女子キャラであれば、本当は女子側の顔も普通なハズ。
たとえばガッキーではなくイモトさんのような普通顔を使う方がより現実味は出ますが、最高にかわいいガッキーを起用したのも成功のポイントかもしれません。


星野さんだけに現実味を投影して(イケメン俳優に眼鏡をかけさせてフツメンを演じさせるという手法ではない)、ガッキーだけは「そんなワケないよね」と突っ込みを入れたくなるほどのキャラと顔の違い。

星野さん側で現実味は残し、一方で視聴者の女子達はガッキーが演じる女子に自分を照らし合わせて感情移入するので、(ガッキーがかわいいからこそ)観ていて後味がよく共感したいと感じるワケです。

そして男子視聴者はフツメンでもガッキーと恋ができる、という妄想ができ、男子女子どちらも楽しめるドラマ。
だからこそこのドラマはここまで好調ということなのでしょう。

【画像出典元リンク】
・nigehajigram(nigehaji_tbs)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/BMyPB0mDYPl/?taken-by=nigehajigram&hl=ja

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする