“良き出会い”を手軽に量産!「こんな子いたらいいのに」男性が教える女性のクラブ活用術

イルミネーションを観るのは、六本木が一番好きなプライベート大学恋愛学部のユウキです。
今回は、ナイトスポットである“クラブ”についてです。

“クラブ”と聞くと、パリピ(※パーティーピープルの略)やチャラい人が多くて、苦手というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、クラブで流れる音楽は世界的に人気があり、各国でもフェスイベントが行われるほどです。
楽しみながらお酒を飲み、異性とも話せるクラブは、有効活用できれば、出会いの活性化に繋がります。

その中で、相手の男性を見極めるために、男性視点から見た女性のクラブでの振る舞い方について、お話できればと思います。

kurabu

(1)楽しそうに踊る

クラブの主目的はなんと言っても、大音量の音楽を聴きながら、踊ることです。
クラブの端でリズムに乗らずに、立っているだけだと、“ナンパ待ちの人”という風に見られ、軽く見られてしまいがちです。
それに音楽を楽しんでいる方が、男性には魅力的に映ります。

『クラブで壁際に立っているだけの女性は軽そうに見えます』(33歳男性/営業)

(2) 声を掛けられたら

相手の立ち振る舞いを良く観察しましょう。
クラブという大音量の環境下では、荒いナンパをしてくる男性がいます。

耳打ちで聞こえやすく話してきたり、落ち着いたスペースに誘導して、ゆっくり話せるように振る舞ってくれたりする男性はスマートです。

(3)NGワード

クラブ内にて、男性側が一瞬で冷めるフレーズがあります。
それは「お酒奢って」。
これを言われた瞬間、どんなに和んでいても、どんなに美女だとしても離れたくなるのが、男性の真理です。
一緒にバーカウンターに行ったとしても、“自分からドリンク代を出す”という姿勢だけで、男性からの評価はかなり高いです。
『“お酒奢って欲しい”と直接的に言われた瞬間、離れます』(27歳男性/SE職)

(4)連絡先を聞かれたら

話していて楽しいし、強引さもない。
また会いたいなと思ったら、LINEの交換は大いにありです。

クラブでは、基本的に短いコミュニケーションの連続です。
改めてご飯に行き、ゆっくり話すことで、その人の本質が見えてきます。

『また後日会いたいなと思った相手には、お礼LINEをします』(29歳男性/営業職)

(5)こんな男性には気をつけて!

クラブの閉店時間は朝方の5時であることが多いです。
それよりも前の時間帯に、“一緒に外に出よう”と言ってきたり、“友達と同じロッカー使っているの?”と聞いてきたりする男性は危険です。
それまで、どんなに誠実に話していた男性でも、そのフレーズが出たら、注意してください。

(6)見極めるための2つの質問

・どんな音楽聴くの?
→クラブミュージックが好きであれば、ナンパよりも音楽の方に関心が強く、一緒にいて楽しい存在であるかもしれません。

・クラブはどれくらいの頻度で来るの?
→頻繁に来るようであれば、パリピ体質である可能性が高いし、あえて頻度を少なめに言っている様子がないか、表情を見てみるのも有効です。


週末のクラブはどんな季節でも人が多く集まります。
積極的な男性も多く、様々な人から話し掛けられると思います。

その中で、“立ち振る舞いによる印象づけ”“見極めるポイント”を持っておくだけで、良質な出会いを量産できる可能性も秘めている場所です。

ノリの良い音楽が好きな方は、クラブミュージックの有名どころを予習して参戦することをオススメします。

●ライター/ユウキ(プライベート大学恋愛学部教授)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする