気になるカレは「長男」or「末っ子」? 生まれ順からわかる本当の性格

【相談者:20代女性】
先に結婚した友人から、「男は兄弟関係で性格が変わるからね!」と忠告されました。
確かに長男か末っ子かで、性格も違うだろうな、というのは分かるのですが……。
やっぱり兄弟関係で、性格に違いって表れるものなのでしょうか?

a 兄弟関係で愛情の量と役割が決まる。それが性格につながります。

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

長男か真ん中っ子か末っ子か。
兄弟関係が性格に影響するのは、男子に限ったことではありません。
女子も同じように、姉妹関係で性格が左右される傾向にあります。

兄弟関係が性格に大きく影響してくる理由は2つあります。
ひとつ目は親からの愛情の量

親の年齢が若い頃に生まれてくる長男と、ある程度年齢を重ね、余裕ができてから生まれる末っ子とでは、愛情の量や表現方法も違ってくるのは当然です。

そして、もうひとつの理由が、兄弟関係による役割分担の違いです。
親と最も近い位置にいる長男と、親や上の兄弟から守られて育つ末っ子とでは、家族内での役割がまったく違います。

結果的に、親から受けた愛情の形が、恋人に求める愛情の形に影響してきますし、幼い頃から身についた役割が、性格に染み付くことになるのです。

ここでは、長男・真ん中っ子・末っ子のそれぞれが、男子のどういった性格に影響しているのかを解説したいと思います。

men

(1)長男

『長男の僕は、人にすぐ気を使ってしまうタイプだと周りから言われます。あと、何を考えてるのか分かりづらいとも言われますね』(29歳男性/営業職)

長男の特徴としては、親からの期待を受けて育つ分、責任感が強いです。
「長男と結婚してしまうと、彼の実家との付き合いも濃くなり、いろいろ大変」という事情はさておき……。

彼氏選びのポイントとして、「しっかり者」「頼れる存在」を重視するなら、やっぱり長男が最適なのではないでしょうか。

ただし、しっかり者の長男にも、責任感が強い裏返しとして、気をつけなければならないポイントもあります。
それは、親の期待を背負うあまり、「自分の気持ちをハッキリと表現しない」「目上の言動や行動に敏感」「頼まれ事を断るのが苦手」といった特徴も持っているのです。

期待に応えるため、自分の意思を押し殺してしまうタイプの長男も。
また、期待を裏切ることに対しても責任感を持ってしまうため、他人の頼み事を断れないタイプもいます。

責任感の副作用を持っている男子もたくさんいるということですね。

常に他人の目を意識してしまうタイプもいたり、性格の中に気難しさを抱えている男子が多いのも長男の特徴です。
特に、ひとりっ子の時期が長かった長男の場合は、その傾向が強くなるようです。
責任感の強さに憧れを感じるか、気難しい性格に息苦しくなってしまうかは、あなたの恋愛観に依るところもあるでしょう。

(2)真ん中っ子

『上にも下にも兄弟がいる自分は、人と人とのバランスを取るのが上手いと自負しています。自分が望んでいなくても、周りに知人や友人が集まってくることも多いですね。疲れますけどねぇ……バランスを取るのって』(31歳男性/飲食店スタッフ)

真ん中っ子の最大の特徴は、空気を読むのが得意だったり、人と人とを調和させるのが得意だったりと、人間関係を上手くこなしていく術に長けているところ。
真ん中っ子の男子と付き合えば、居心地の良さを感じることができるでしょう。

周りの人たちから好かれることも多く、家庭を築いて行くことを考えれば、調和の取れた生活を営んで行けるのではないでしょうか。

しかしその半面、実は調和を取ることに疲れを感じている男子がいるのも事実。
幼い頃から兄弟の間に挟まれバランスを考え、成長してからもその術を発揮して調和を取る。

そのことにストレスを感じているタイプもたくさんいます。
もし真ん中っ子の男子と付き合うなら、彼のバランス感覚に甘えるばかりでなく、彼のわがままを思う存分、許容してあげる瞬間も作ってあげましょう。

また、長男が親の最初の愛情を受け、末っ子が最後の愛情を受けているのに対し、真ん中っ子は親の愛情の通過点でもあります。
「親からの注目を引かなければ」というプレッシャーを抱えていたり、「実は愛情を欲している」などの実態も。

真ん中っ子特有の、「性格の根底にある愛情への飢え」が、他の異性へと向いてしまわないよう、彼との気持ちをしっかりとつないでおくことも重要になるでしょう。

(3)末っ子

『思ったことをすぐ口に出してしまう性格です。あと、他力本願な性格でもありますね。すごくベタかも知れませんが、末っ子だけに、甘えたな性格も自覚しています』(28歳男性/グラフィックデザイナー)

兄弟関係の中でも、末っ子の特徴は、最も分かりやすいのではないでしょうか。
いわゆる末っ子気質と呼ばれる甘えん坊・生意気な性格ですね。

末っ子は、親からも甘やかされて育っているケースが多いため、自分を偽る必要もなく、そのため、素直な性格をしている男子が多いと言えるでしょう。
嘘をついてもすぐにバレてしまうなど、分かりやすい性格をしているため、付き合いやすいタイプでもあります。

ただし、「自分は許されると心のどこかで思っている」「何かあっても誰かが助けてくれる」という思いが、性格のどこかに潜んでいるタイプも多いのが末っ子の特徴。
彼と付き合っていく過程において、どんなタイミングでその性格が露呈するか分かりません。
好きな彼が末っ子の場合は、そういったポイントも押さえておくようにしましょう。


兄弟関係によって性格にある種の傾向が出るのは事実です。
しかし、人は生きていく中で、さまざまな価値観を取り入れて行きます。

また、自分の欠点を補おうと成長する気持ちもありますし、長所をどんどんと伸ばそうと努力もします。
その結果として、兄弟関係だけでは割り切れない「その人なりの性格」を持つことになります。

そのため、彼氏選びを兄弟関係で決めつけるのは最適ではないのかも知れませんね。

しかし、幼い頃に芽生えた性格は、後天的なオブラートで包めたとしても、決して消え去るものではありません。
心のどこかにはずっと潜んでいるものですので、いざというときには、その性格がひょっこり顔を出すかも……。

そう考えると、兄弟関係による性格の違いも、知っておいて損はないと言えるでしょう。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする