負のスパイラルから脱出せよ!! 恋人に「ほどよく尽くす」方法とは?

「彼が喜ぶと思って尽くしてあげたのに、ちっとも喜んでくれない……」なんて経験はありませんか?
それはもしかすると、あなたの“尽くしすぎ”が原因かも!?
恋人へ尽くす気持ちも大事ですが、度が過ぎると逆に引かれてしまうことも少なくありません。

そこで今回は、「尽くしすぎ女性」と「程よく尽くしてる女性」のボーダーラインをご紹介します。
「私ってもしかして尽くしすぎかも?」と思ったら、是非参考にしてみてくださいね!

1117-02

尽くしすぎな女性の例

(1)尽くしすぎて「お母さん」のような存在に……

『「MY掃除道具」を持参で家に遊びに来る彼女。もはや自分に会うためでなく、掃除しにきてるのでは?という感覚です』(27歳/エンジニア)

『いつもうちにくると「散らかってるね」といいながら洗濯や掃除をしてくれます。ありがたい気持ちはやまやまなのですが、遠慮なくいろんな引き出しとかをあけるので、女性らしいというよりは母親みたいだとおもって少し鬱陶しく感じてしまう』(35歳/飲食経営)

掃除や洗濯など、家事を手伝ってあげると多くの男性は喜びます。
しかし、お世話があまりに度を越してしまうと、彼女を超えて「お母さん」のような存在に……。
そこまで世話を焼かれると、男性の方は段々それを鬱陶しく感じるようになってしまいます。

(2)彼の言うことを何でも聞いてしまう

『お金がないなら私のお金を使えばいいといわれたとき、なんとなく重たく感じてしまった』(34歳/総務)

『なんでも受け入れてくれると、どうしてもそれに甘えてしまう。ワガママを言っても許されるような気がしてしまい、都合よく利用してしまってることがよくある』(28歳/人材コーディネーター)

自分のことは二の次に、彼の言うことを何でも聞いてしまっては、いずれ“都合のいい女認定”をされてしまいます。
そうなったら彼は彼女を軽く見るだけでなく、段々重たく感じるようになって別れを考えるようになってしまうかも……。

「コイツは何でもいうことを聞く」と思われてしまうと、最悪暴力や浮気に発展する可能性すらあります。

(3)尽くし過ぎが“束縛”に発展してしまう

『「ちゃんと掃除した?」とか「栄養とってる?」とか言われすぎると、だんだん疲れてしまう。尽くしてくれてるんだろうけどちょっとしんどい』(30歳/整備士)

『心配されるほど信用されてないのかな?と感じてしまう。自分の家で自分の時間になにしようと、正直あまりとやかくいわれたくない』(22歳/アルバイト)

「ご飯ちゃんと食べてる?」「掃除はちゃんとしてる?」など、彼のためを思っての言動も、度を超すと“束縛”になります。
男性は基本的に自由を求める傾向があるので、「束縛されてる!」と感じると彼女から離れたくなってしまうのです。

じゃあ、程よい尽くし方って?

男性の意見をもとに、尽くしすぎる女性の特徴を見てきました。
とはいえ、「そんなこと言われても程よい尽くし方ってどの程度なのよ!?」なんて思って舞いますよね。

男性の意見をもとに、程よい尽くし方を考察してみました。

彼が出来ることは彼に任せる

尽くしたがる女性というものは、自分が出来る限りのことを彼にやってあげたくなります。
そこをグッと我慢して、彼が出来ることは彼に任せてあげましょう
その方が、男性の自尊心も満たされて結局は彼のためになります。

たまには彼にも尽くしてもらう

あなたが大好きな彼に尽くしたいと思うように、彼も彼女のために尽くしたいと思っています。
その気持ちを無駄にせず、自分が尽くしたと思ったら、今度は彼にも尽くしてもらいましょう
お互いに相手を思いやることで、より深く特別な関係になることが出来ますよ。


何よりもまず自分を大切に

相手に尽くしすぎる女性は、自分に自信が無いため嫌われまいとして、彼に尽くしていることも少なくありません。
そんな必死な女性に、男性は魅力を感じませんよね。

まずは何よりも自分を大切にすることを第一に考えましょう。
そうすれば、自然と尽くしすぎのボーダーラインも分かってくるハズ。
自分と彼、お互いの尊重を大切にして、尽くし尽される理想的な関係を作っていきましょう!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする