指原莉乃さんは2位! 美人なのに残念に感じる女性の特徴とは?

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

先日テレビ番組「有吉反省会」で、MCの有吉弘行さんより「モテない扱いだけど実は美人だと思う芸能人ベスト3」で指原莉乃さんが2位にランクインしたことを発表。
しかし、1位が井森美幸、3位が島崎和歌子だとわかると周りから「そういうランキングね」と爆笑が……。と、井森さん、指原さん、島崎さんのように美人なのになぜかモテない、という女性の理由は“残念だから”。

そこで美人でもモテない残念美人の特徴をリサーチしました。

gatag-00014252-1

(1)しゃべりすぎ美人

『見た目はすごい美人なんだけど、しゃべると台無しの友人。とにかくぺちゃくちゃと永遠と話すし、下品な話題もたくさん。
彼女の自分を作らない姿勢に女友達は多いけど、やはり長年彼氏がいないのはそのせいなんだろうな、と思う』(20代女性/メーカー勤務)

島崎さん、井森さんがランキングに入っていることからわかるように、やはり“おしゃべり”な女性は美人でもモテない傾向にあるよう。

もちろん全くしゃべらない暗い女性も同じぐらいモテない度は高いです。どっちにしろ極端はダメ。
島崎さんと井森さんと一緒にいるとずーーーっと話してそうで、全然自分の話を聞いてくれなさそうなイメージありませんか? 

男性が持つ美人像、って突き詰めていくと中年向けドラマに定番のようにでてくる飲み屋のカウンターで男性の悩みを聞いてくれながら、お酒をついでくれる着物の女性。
決してでしゃばらず、何を言ってもきちんと聞いてくれ、受け入れてくれる女性なのです。

全く自分の話も聞かず自分の話ばっかりしている女性は女友達としては楽しく、人間としては好きになってはもらえるのですが、色気の方は全く感じられないので彼女にはなれないのです。
またサービス精神旺盛すぎて、人を笑かそうと美人なのに変顔とか披露してしまう女性もNG。

島崎さんと井森さんもきっとサービス精神旺盛なのでしょうが、どうせなら女性らしさを感じられるような違う方法を考えましょう。

(2)センスなさすぎ美人

『中学の時からずっと服とメイクの系統が同じ友人がいる。学生時代は美貌からモテまくっていたが、今もなぜかずっとその系統のまま。
細眉、ベージュリップ、黒い肌、ミニスカ、ストレッチブーツと、今それどこで買えるの? というぐらいこだわりがすごい。
ただそのファッションから説明できない違和感を男性側が感じるようで、合コンでは全くモテない……』(30代女性/医療事務)

またファッションセンスもやはり重要。
服が毎回黒づくめ、スカルリングを身につけ、全身トゲのあるようなジャケット……メンヘラを感じさせられるようなパンクファッションだったり、逆に“中学生から同じセンス?”ってなぐらい、子どもが着るようなカジュアルファッションだったり……。

美人だから何もしなくてもいい、何着てもいい、というワケでもなくやはり美人でもある程度の相手に対する気遣い、つまりトレンドを少しは取り入れるような努力は必要。
たとえばどんな美人でも昔流行ったファッションそのままでは、芸能人の過去映像を見て“なぜこんなのが流行ってたのか?”とダサさしか感じないように、せっかくの顔が全て台無し。

今だにアムラーの影を背負っているような女性は(自分の中ではそれを良しとしている)、美人を隠してしまっているのです。
男性だってどんなイケメンでも、デニムシャツをケミカルウォッシュジーンズにインして着ていたらやっぱり隣を歩くのは嫌ですよね……。

また頭にお花がさいている女性にありがちな“全身フリルと花柄のドレス”のような服の男性ウケはごく一部だけ。
自己満になりますのでやめましょう。
アイドルの世界と現実の世界を混同しないように。

(3)正論美人

『頭がいいんだろうけど、とにかく自分が納得する話じゃないとすぐ反論してくる。
確かにそっちも正しいけど、でもそれは自分の立場から見た話であって、俺から見たらそうでもない時もあるのを理解してくれない。
彼氏ができない理由も、自分が美人すぎるからだと思っているようだが違うし……』(20代男性/会社員)

確かに美人であれば、羨ましいけどかなり性格が悪くても大丈夫
たとえば男性が給料の3カ月分の指輪をプレゼントしたとしても「こんなの趣味じゃないわ」と返しても許されるのが美人の特権(かぐや姫がそうであるように)。

美人だったらそういうこともむしろツンツンしてかわいいと思ってくれたり、Sっ気を求めている男性も存在はします。
ただ問題なのは美人な上に頭が良いと思いこんでいる“正論美人”

いつもいつも自分の中での正論ばっかり相手に押し付けようとする女性はメンタル面を攻撃するので、美人でもそれ以上相手へのメンタルへの破壊力が勝ってしまいます。
相手の価値観を認められない人は、女性としての魅力も0ということ。

この手のタイプの女性は「でも〜」「いや、そうじゃなくて」と言ったような否定からしか話を進められない傾向に。
男性は特にバカにされるのを嫌います。

“あなたより私の意見の方がすごいでしょう”と、人の意見を論破することに存在価値を感じる扱いづらい女性はどんなに美人でも無理。
その癖その女性は“私は美人で頭がいいのになぜモテないのかしら?”なんて思っていたりもするんですけどね……。


何かのオタクだったり、すぐ恋愛以外のものにのめり込みその世界に入りこんでしまう人も残念美人になる傾向はあります。
ただそのケースは同じ趣味の人を見つければいいだけなので、そこまで問題ではありません。

やはり残念美人が残念な理由は“どうやっても女として見られない要素”を持っているからなのです。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする