藤原紀香、“梨園の妻”の意外な悩みを告白!『○○できない』発言に「裏方でもドヤ顔」

女優の藤原紀香さん(45)が、15日に放送された『PON!』(日本テレビ系)にVTR出演し、“梨園の妻”としての悩みを打ち明けました。
ネットでは、その悩みに対して「嫌味に聞こえる」「言いたいことはわかる」など、様々な意見が殺到。
果たして、彼女は何を語ったのでしょうか?

o0480064213796662251

出典:藤原紀香「氣愛と喜愛でノリノリノリカ」

紀香「すごく言いたかった」“裏方”としての悩みを吐露

東京・六本木で行われたイルミネーション点灯式のイベント後に取材を受けた紀香さん。
最近の悩みについて尋ねられると、「ある!」と思いつき、「最近、(歌舞伎の)劇場に立ってるでしょ?“裏方”で表方としては立ってないから……」と語り出しました。

歌舞伎俳優の夫・片岡愛之助さん(44)の公演期間中などには、劇場のロビーに立ち、来場客への挨拶やもてなしをするのが梨園の妻としての彼女の役目。
そのため紀香さんは、「写真を撮ってくださいと声を掛られても、劇場内だと写真撮影ができない」と、裏方としての悩みを打ち明けました。

「女優・藤原紀香」ではなく、「梨園の妻」として振る舞わなければいけないことから、写真撮影や握手を断らなければならない辛さがあるという紀香さん。
観客に握手などを求められた際は、『ごめんなさい、今日は裏方なんで』とお断りするといいます。
ファンは「わかりました」と納得してくれるといいますが、相手の残念そうな顔を見るたびに、「本当にごめんなさい」と申し訳ない気持ちになるとか。
しかし、紀香さんは「裏方は裏方としてやりたい」と、改めて梨園の妻としての強い意志をみせ、「ほんとにそこだけはごめんなさい」「これ、すっごく言いたかった!」と打ち明けました。

普段街中で声をかけられた際は、『いいですよー。どうぞー』といって写真撮影に応じるという紀香さん。
裏方に徹している最中は応えられないものの、「(街中で)見かけたら声掛けて」と気さくに呼びかけました。

藤原紀香に佐野ひなこ…… 熱愛応援できない「女から嫌われる女性芸能人」の共通点とは?

幸せそうなのになぜか嫌われてしまう女性芸能人っていますよね。今回は片岡愛之助さんと再婚した女優・藤原紀香さんと、神木隆之介さんとの熱愛が報じられた佐野ひなこさんを例に挙げて、彼女たちの共通点についてまとめました。

「甘い悩み」「楽しんで演じてる」“芸能界引退はない”との声も

『裏方だから握手や写真撮影に応じられないワタクシ……ドヤァ』

『ロビーに登場したくてたまらない紀香w 完全に裏方になると注目されなくなって寂しいからね』

『裏方裏方言うな、嫌味に聞こえる。梨園の先輩奥様たちの目が光ってるぞ』

『この人自分大好き人間だけど、ファンへの気持ちを聞くと、ただのいい人なんだろうなぁって思う(笑)』

『主役はあくまで旦那さんだからね、言いたいことはわかる』

『「梨園の妻としての悩み」ここが紀香の強調したいポイント』

『陣内の時は「芸人の嫁」、今回は「梨園の嫁」「裏方」という役柄に心酔し、楽しんで演じているんでしょう』

『甘い悩みだよなw 他の梨園の妻と比べたら十分好き勝手やってるよ。本来ならそういうのは内に秘めておくべき』

ネットでは“裏方”の仕事でも、紀香さんの「目立ちたがり」が止まらないとの指摘が殺到。
裏方でファンサービスができない“自分”に酔っているという声が多くみられました。
またそんな彼女については、梨園の妻になっても「芸能界を引退することはない」と考える人が多くいる模様です。

藤原紀香、芸能活動やめる気ゼロ!? “芸能界のドン”に嫌われて「ノリノリ紀香」じゃいられない?

現在、梨園の妻でありながらも芸能活動を続けている紀香さん。しかし、本人のやる気とは裏腹に、すでに“芸能界のドン”から見放されたという報道も……。


“梨園の妻”としての悩みを打ち明けた紀香さん。
そこには女優としての表舞台ではなく、「裏方」として、自身の仕事を全うする彼女の姿がありました。

度々その言動が話題になる紀香さん。
今度はどんなことで世間をわかせることになるのでしょうか?

【画像出典元リンク】
・藤原紀香「氣愛と喜愛でノリノリノリカ」/http://ameblo.jp/norika-fujiwara628/image-12219407907-13797822765.html

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする