モテることに異論なし!“男女共に好かれる”女子の特徴とは?

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

女子の中で人気が高い女子は男子に好かれない傾向があり、男子に好かれる女子は女子に好かれない傾向がありますよね。
“男女共に好かれている女子”ってそうそういないように思えます。

それもそのハズ。
やはり男子は女子から見たら“男に媚びているんじゃない?”と思われるような色気ムンムンな女子がお好き。

そして女子は男子に媚びているような女子は見下す傾向に。

だとすると男女共に好かれるって不可能かと言えばそうでもないのです。

どうせだったら男女共に好かれる女子を目指したいですよね!

今回は『男女共に好かれる女子の特徴』を紹介してきます。

no-translate-detected_1098-980

(1)男子と女子合同の時はどちらかというと女子に比重を置く

『男子がいる時にこそ、女子に気配りできる友人。同性どちらにも友人が多いし、私もその子が皆から好かれることに異論ナシ。嫉妬心もない』(20代女性/アパレル)

たとえば合コンの時でも、男子ばかりにご飯を取り分けたり、話を振ったりする女子はある程度は男子には好かれますが女子には嫌われるのは当然のところ。
でも実は頭の良い男子ほど“男子に対する態度よりも女子に対する態度”を見ているのです。

あまり話に加わることができない女子に話を振ってあげたり、飲み過ぎた女子を気遣ったり……。
むしろフォーカスすべきは“男子じゃなくて女子”

そしてイイ男ほどそういう“同性に気遣える女性”を好む傾向に。
“媚びている女子”“どうせ男性皆にそういう態度なんだろう”“男慣れしている”と遊び相手にしかならない。
つまり本命にはなりにくいのです。

だからこそ“結婚したい”と思える女子は本当に性格が良さそうな“同性を大切に扱えるかどうか”“女子内で人気があるかどうか”
もちろん合コンが終わった途端“さっきの気遣いは何だったんだ?”と思えるように態度を変える女性はNGですが……。

裏の裏を読む。
そしてその裏を最後まで悟られてはいけないというところでしょう。
もちろん自然にできるのが理想です。

(2)男女共に好かれるファッションとは?

『いつも私と会う時はファッションに無頓着そうなカジュアルな友人。しかし合コンの時だけワンピースにヒールに、キラキラアクセサリー、といつもと全く違う。あからさますぎて引く』(20代女性/学生)

男女共に好かれるファッション、って対極な部分がありますので、また悩むところ。
いつもパンツスタイルばかりなのに、合コンの時だけワンピース、というのは男子ウケは良いです。

でも、周りの普段の自分を知っている女子から見ると“気合い入っているな”と感じはよくありません。

カジュアルは男女共にある程度は好感度が高いファッションではありますが、カジュアルすぎるのも合コン、パーティでは全く目立たない、ということにも。
だからこそチョイスすべきは“普段も着ている勝負服”

勝負服は普段は着ないでしょうが、ここはあえて女子だけの集まりの時にも勝負服をたまに着ていきましょう。
パンツスタイルばかりなら、男子が好むスカートをたまーに女子会にも着ていく。

そしてそれと同じ恰好を合コンにもしていくと“コイツ、合コンのために男ウケファッションしている”とは思われません。
要は“男子に好かれるために特別な恰好をしてきました感”が女性に嫌われるということ。

何回か勝負服をすでに女子の中でお披露目しておくと特別感が払拭されるので違和感なく男ウケファッションで合コンに参加できるというワケです。

(3)二人の時に女性を見せればいいだけ

『女友達も多く、誰からも頼られている彼女。約束も女友達の方を優先させられたりとちょっと寂しいところはある。でも二人きりになると俺にだけ弱いところを見せてくれたり……。女友達を大切にするところも、自分にだけ見せてくれる弱さも、相反する魅力が癖になる』(30代男性/会社員)

普段は“皆から頼られる姉御肌”
どちらかというと女子に悩みを相談されたり、女子から好かれるタイプ。

そういう女子はやはり男子から“男に興味ない?”と勘違いされ、壁を作られてしまうことになりかねません。

だからこそ“二人きりになれば思いっきり女全開”になれることが大事。
女子がいる場所で、媚びたり甘えたりは“男女共に好かれる”に反してしまいます。
でも男子と二人きりになればそんな強い自分は封印してしまって思い切り甘えてる、弱味を見せる、と言った“女性の部分をおくさず見せる”

女子に見られてないところであれば、どんなに女を強調しようが何も気にすることないのです。
男子にとっても、普段は女子に囲まれて強そうな女性像の中から自分にだけ弱さを見せてくれた、と“頼られている自分”“彼女の強さと弱さのギャップ”で相手のことを気にならずにはいられません。

俺にはどんな顔を見せてくれるのだろう?という好奇心もそそられ、その上“女子に好かれてる女子を落とせた俺”って“男子にだけ好かれた女子を落とせた俺”よりも断然自尊心を満たしてくれるのです。


“男子にだけ好かれる女子はきっと性格が悪い”というのは男子側からも当然のように予想されてしまいます。
見え見えの媚びに騙される男子も少なくなってきたと言うこと。
イイ男を捕まえたいなら女子にも好かれることは不可欠なのです。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする