第一印象で差をつける!“美しい姿勢”を作るテクニック3選

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。
いよいよこれからパーティシーズンですね。
クリスマスに向けて、お呼ばれの機会や華やかな場での交流会なども増えるのではないでしょうか。

その時に重要なのが第一印象を良く見せること

初対面の人とのコミュニケーションが増えるこの季節は第一印象が大事ですよね。
今日は印象を良くするための美しい姿勢を作るテクニックを3つご紹介します。

gahag-0010312869-1

 

(1)鎖骨を広げて胸を張る

姿勢を美しく見せる際にポイントなのが、鎖骨。
鎖骨を広げて胸を張ることで、姿勢が美しく見えるだけではなく、「自信がある」「ポジティブなイメージ」という印象を相手にも与えることができます。

また、鎖骨を広げることでバストが垂れるのを防いだり、リンパ節の流れが良くなることで顔色も良くなります。

(2)腹筋を意識してみる

立ち姿を美しく見せるためには腹筋を意識することが重要です。
その際には胃のあたりや肋骨を内側にしまい込むようなイメージで、お腹を縮めてみてください。

下腹部に力が集まって、後ろから押されても倒れにくい体制ができれば正しい立ち姿ができています。
年齢を重ねてくると、人によっては肋骨が外側に広がって、胴が太く見えてしまうこともあります。

このように腹筋を意識することで、その広がりを防いで、体のシルエット自体もキレイに見せることができますよ。

(3)膝同士をくっつけてまっすぐに立つ

最後に、立ち方についてのテクニックです。
両足のかかととつま先、そして膝をくっつけた状態で立ってみてください。

その際に、内ももと両膝をなるべくぴったりとくっつけた状態にしてみましょう。
そうすることで、腹筋にも力が入りやすくなり、背筋もぐっと伸びます。

また、この立ち姿をつづけることで、内転筋という太ももの内側の筋肉が鍛えられ、O脚の改善ほっそりした脚に近づくことができますよ。


いかがでしたか? 
美しい姿勢の人はそれだけで目を惹くものです。
姿勢は一朝一夕でできるものではないからこそ、毎日の積み重ねが大事でもあります。
ぜひ日々の生活の中で少しずつ美しい姿勢を取り入れていってみてくださいね! 

【参考文献】
・『石井直方の筋肉まるわかり大事典』石井直方・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする