寂しいのは季節のせい? そんなあなたは“冬季うつ病”の疑いアリ!?

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。
11月に入り急に冬の寒さを感じるようになってきました。

パートナーがいるのに何故か寂しい……
どうしようもなく落ち込んだ気分はおひとり様のせい!?

そんな寂しさや落ち込みが毎年この時期に繰り返される。
もしかしたらそれ“冬季うつ病”かもしれません。

そこで今回は“冬季うつ病”についてご紹介したいと思います。

gatag-00009061

冬季うつ病ってなに?

冬季うつ病は反復性の季節型うつ病のひとつに分類されていて、冬になるとうつ病を発症し、春になると回復するというのが特徴です。

特に冬季うつ病については日照時間が減少する時期に起こるのが特徴で、日光を浴びることで分泌される“幸せホルモン”とも呼ばれるセロトニンの分泌が減少することで起こると言われています。

もちろんどのタイプのうつ病にも共通して言えるのが責任感が強い、完璧主義、几帳面などの性格的な傾向もあります。

どんな症状があるの?

それまではとても楽しくテンションがあがっていたことがあっても、何となくつまらなく感じたり、趣味や好きなことをしていても楽しく感じないなどの精神的な症状から、寝つきが悪くなったり夜中に目が覚めたりして寝不足を感じる、食欲がなくなるもしくは過食気味になる、体重減少、いつも怠さを感じるなどの肉体的な症状まで、さまざまな症状が見られます。

冬季うつ病を予防、改善するには

まずはセロトニンの分泌量を増やすことを考えましょう。

先にも述べたようにセロトニンは日光を浴びることで分泌が促進されます。
朝、起きたらまずカーテンを開ける、出社時に一駅歩く、ランチは少し離れたお店まで行くなどでも構いません。
また歩くことはリズム運動となり、これもセロトニンの分泌を促してくれます。

そして“良く噛む”という動作も実はリズム運動になるので、食事の時は良く噛むことを意識して食べるといいでしょう。

そして、セロトニンの原料を口から入れてあげることも大切です。
セロトニンといえばトリプトファンだとよく言われていますが、トリプトファンだけを摂ってもセロトニンは作られません。
セロトニンはトリプトファンが、ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムの力を借りて作られているのです。

具体的にはトリプトファンはチーズや大豆製品、卵、カツオやマグロなどのタンパク質の多い食品や、小麦胚芽やナッツ類に多く含まれ、ビタミンB6はニンニクやレバー、そして今が旬の秋鮭などに多く含まれています。
またナイアシンはたらこやマグロ、カツオ、レバーに。マグネシウムは海藻類や大豆製品に多く含まれています。

いつも真面目に頑張り過ぎている人は少し肩の力を抜いて自分自身に「まぁいっか。」を増やしてあげるのも時として大切なこともあります。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする