宮沢りえ“お泊り”報道!年下イケメンをゲットする女性の特徴3つ

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

先日宮沢りえさんが年下ジャニーズとのお泊り愛が報道され話題に。
そしてその相手はどうもV6の森田剛さんだということ。

現在宮沢さんが43歳で森田さんが37歳。
宮沢さんはバツイチ子持ち、しかも7歳も年上であるのにも関わらず、イケメンジャニーズと付き合うとは……、さすがとしかいいようがないのですが、アラフォーなら誰もが羨む? 

年下イケメンをゲットしている女性ってどんな女性なのか、とリサーチしてみることに。

unnamed2qg4xcmu

(1)バツイチ子持ちは安心

『俺は仕事も充実しているし結婚願望がないから、むしろバツイチで子持ちの女性の方がいい。その方が相手が結婚しよう、なんて全然言わないし、お互い束縛とかも全くナシ。子どももいない若い子や同じ年の女と付き合うよりとにかく楽』(30代男性/会社経営)

年下イケメンを捕まえるには、普通は婚活市場で不利と言われる“バツイチ子持ち”の方が有利だったりするのです。

その理由は“結婚を迫られないから”
すでに子どもを持っている女性は、40過ぎても結婚を焦りません。

一度結婚しているため結婚に対する甘い幻想も特になく、子どももすでにいるので結婚にこだわる理由すらないのです。
そして男性側もイケメンで仕事が順調だったりすると“結婚したくない”という思いの方が強いケースもあります。

結婚して自由を失うのがこわい、現状を手放したくないのが“年下イケメン”。
決して恋愛したくないワケではないのですが、“結婚はちょっと……”と結婚に対してだけはまだまだ一歩踏み出せないのはイケメンだからこそ。

イケメンであるからこそ自由恋愛が楽しくて結婚はしたくないため、バツイチ子持ちの女性はイケメンにとって魅力的にうつるケースも。

(2)経済的にも自立していて尊敬できる女性であること

『年上のいいところは、経済的にも安定していること。今の時代男だけの稼ぎに頼られるのは厳しい……。また仕事を一生懸命にやっている女性ってやはり輝いて見える』(20代男性/営業)

年下イケメンをゲットするには“女性側が自立していること”は必須。

精神的にもそうですが、経済的にも一人で生きていける……
むしろ男性側も養えるようなお金を稼ぎ出すスキルは必要。

やはりイケメンはモテるというのは事実であり、イケメンはイケメンであるがゆえに女性には困りません。
その中で選ばれるということは、人より抜きん出る“何か”がないといけないのです。

そしてそれは“お金”や“才能”だったりします。
ただ今回の森田さんの場合は、森田さん側も稼いでいることから“お金”というより“宮沢さんの才能”に惚れたよう。

舞台の共演がきっかけで宮沢さんの努力と才能に惹かれた、というワケですね。
女性も同じかもしれませんが、特に同じ職種の仕事をしていて“自分よりも才能がある人”に惹かれるのって当然の流れ。
そして才能がある人って大抵お金持ちなのです。

お金持ちだからあの人と結婚したんでしょ、なんて金持ちと結婚した女性は言われてしまいますが、実はお金云々よりもその人の才能に惚れているだけな場合もあります。

才能があればお金もついてきますので、どっちにしろ“自分で働いて結果を出せる努力と才能を持っている女性(そしてそれは自活できるぐらい稼げるということでもある)”でないと、モテる年下イケメン男性をつなぎとめることは難しいのです。

(3)若さからの美しさより自信からくる美しさ

『俺が年上を好きなのは、話が面白く自分の学びになるから。いろんなことを知っているし、見た目だけの若さの価値って特に感じない』(30代男性/SE)

宮沢さんがモテるのは“美しいから”というのはもちろんです。

しかも宮沢さんの美しさは変に年齢に逆らっているような美しさではなく、シワも不自然に隠さず、昔の若いだけの美にしが
みついているような感じはしません。

美しさしか自分に誇ることがない女性は中身がスッカスカのまま、年をとっても美に固執する傾向に。
そしてそもそも年上好きの男性は“若さからの美”に対してはあまり興味がありません。

そんなことより知性や自信からくる美の方に魅力を感じるからこそ年上好きなのです。

またアラフォーが20代にどうやっても外見で勝てるワケもなく、外見だけで勝負しようなんてナンセンス。
もちろん何やってもどうせ無駄だから、と、おばさん体型を放置したり、美に対して何もやらないとは違いますよ。
若さにしがみつかない美しさを出せるのは、自分に対する自信からくるもの。

宮沢さんは紆余曲折がありましたが、それも乗り越え一流の舞台女優に成長したことが自信につながり、それが今ある美につながっているのかもしれませんね。


ということで、年下イケメンをゲットすることは決して簡単なことではないようです。
“バツイチ子持ちだけど専業主婦になりたい”なんて女性はまず選ばれません。

“自分一人でも生きていける”“結婚しなくても大丈夫”と、内面からの自信がある女性だからこそ年下イケメンをゲットできるのです。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする