女性の“浪費癖”は結婚したら治る!? 「使いづらい」「コッソリ買う」既婚女性のホンネ

『女性ってどのくらい買い物するものですか?』

先日こんな質問を受けました。

『彼女の買い物の量がハンパないんです。結婚しようと思っているけれど、破産しないかちょっと心配で』
そんなに!?

『ほとんど毎日買い物しています。副や靴、給料日前はお金無いからってアクセサリーや部屋着。
沢山ありすぎて使いきれていないんですよね。袋とかに入ったまま放置されていたりして。
「ちょっと控えなよ」って注意したら、だって可愛くてついって言うんです。結婚したら心配だなと思って』

それは確かに心配かも…。

kaimono

こんにちは、コラムニストの玉恵です。

買い物は女性のストレス発散であり、コミュニケーションの手段であり、娯楽でもありますね。買わずに見ているだけでも楽しいものです。
結婚したら控えなくてはならないから、今のうちにと思っている女性も多いのではないでしょうか。

a 結婚したら治る? 浪費癖の真実

既婚女性に、独身時代との買い物の差を聞いてみました。

『正直好きな服も好きなだけ買えないし、シーズンごとにお洒落を楽しむことはなくなった。でも仕方ないかな。二人で生きているし、旦那が一生懸命働いているお金だから、なんとなく使いづらいし』(34歳主婦)

『我慢出来ずに買っちゃうこともあるけれど、結局買っちゃう。旦那には買ったお洋服やアクセサリーの半分しか申告していない。
だって、女性のお洒落のことを、男性に話したとしても、そんなにいらないじゃん、で終わるから。

もちろん安くバーゲンやアウトレットを探してはいるけれど、たまに高いものを買っちゃったときは秘密にしてる。
「もともと持っていた」とか「母がくれたとか」色々適当なことを言っておくかな。でも、家計を預かっている以上赤字になるような買い方はしない』(28歳/主婦)

『欲しいものはパートしているので、そこで買います。あとはお小遣い性なので、自分のお小遣いを貯めて買う。もともとあまり奢られるのは好きじゃない。対等にもの言えなくなるから』(25歳/パート主婦)

皆さん旦那のお金で消費するのは、ある程度気が引けるようです。
いい奥さんをお持ちで良かったですね。

結局は性格。自分のパートナーを信じられますか?

ですが安心するのはまだですよ。
こんな怖いエピソードも聞くことが出来ました。

『カードきっちゃうんです、私。お買い物でストレス発散している部分があるので、服や靴を見たら欲しくなる。
我慢出来ません。持ってるカードで買い物しまくっていたら、請求が50万円になって、さすがにカード取り上げられました。

でも今って便利で、すぐカード作れるんですよ。限度額が10万円のカードをこっそり作りました。でも我慢しています。
いつか限度額を上げて、きりまくってしまうかもしれないと思うと怖い。でも欲しいんですよね』(42歳/主婦)

これは怖い。
結局は、パートナーの見る目があるか、というところでしょうか。

貴方のパートナーは大丈夫ですか?

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする