あなたは結婚に向いてる? ホンマでっかTVでも紹介された「結婚適合者診断」2択テスト7選

自分が結婚に向いているのか、向いていないのか気になったことはありませんか?
過去に「ホンマでっか!? TV」では、簡単に結婚適合者かどうかわかる2択テストが行われていました。

今回はそのテストをご紹介し、結婚適合者と結婚不適合者の違いについてみていきます。
みなさんもぜひ、チェックしてみてください。

love

(1)友達に小さな嘘をつける?つけない?

結婚に適しているのは友達に嘘をつける人です。

女性が結婚するためには、同姓である女性との競争に勝つ必要があります。
その競争に勝つためには、小さな嘘をついてライバルをだまさなければならない場面も出てきます。
もし小さな嘘もつけないようだと、ライバルとの競争に勝てず、ずっと結婚できないかもしれません。

(2)自分の過去の動画(運動会など)を彼氏と観られる?観られない?

結婚に適しているのは過去の動画を一緒に観られない人です。

男性はか弱い人や戸惑っている人のことをほっとけず、かまう傾向があります。
そのため、過去の自分の動画を観られずに恥ずかしがる女性の方に気持ちが傾きます。
逆に一緒に観られる人は自信満々な女性と思われ、放っておいても大丈夫と思われてしまう可能性があります。

(3)正面から写真を撮られるのは嫌?気にしない?

結婚に適しているのは正面から撮られるのが嫌な人です。

正面から写真を撮られても気にしないということは、自分の見た目に関して無頓着ということ。
つまり、着飾らなさすぎたり、素を出しすぎたりしている可能性があります。
このような女性は結婚率が低い傾向にあるそうです。

(4)男性との会話中に見え透いた見栄を張られたら追求する?聞き流す?

結婚に適しているのは聞き流す人です。

男性は聞き流し力のある女性を結婚相手に選ぶ傾向があります。
一つのことにこだわらず、聞き流してもらえたほうが心地よい時があるようです。
逆に聞き流したら失礼と思うのは、男同士が議論する時の考え方になるため、男女関係に発展していくのが難しくなります。

(5)携帯電話のアドレスに男友達が20人以上登録されている?いない?

結婚に適しているのは男友達が20人以上登録されていない人です。

いつも話ができる異性が多いと、それが保険となって結婚が遠のいてしまいます。
つまり、一人に絞り切れず、結婚に集中できないタイプの可能性があります。

(6)日常生活の中でメモをよく取る?取らない?

結婚に適しているのはメモを取る人です。

メモを取る人は、人の言うことを聞いて行動するタイプです。
このタイプの女性は引っ張るタイプの男性と相性が良いため、結婚率が高くなります。

(7)普段持ち歩く荷物は多い方?少ない方?

結婚に適しているのは荷物が少ない人です。

男性400人にアンケートを取ったところ、男性は、荷物が少なく、薄い財布を持った女性を好む傾向があったそうです。
逆に荷物が多い女性や、厚い財布を持った女性に対しては悪いイメージを抱く傾向があったそう。
第一印象で悪いイメージを持たれてしまうと、その後深い仲になるのは難しいようです。


みなさんは結婚適合者テストにいくつ当てはまりましたか?
2つ以上当てはまれば結婚適合者とされるようです。
もし当てはまることが少なくても、これから改善したり、意識したりするだけで変わっていくはず。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする