Fukase&益若カップルは「イタい」!? “痛カップル”にならないようにする方法3つ

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

SEKAI NO OWARIのボーカル、Fukaseさんが先日、交際しているタレントの益若つばささんとの仲むつまじげな2ショットをInstagramで公開。
それ自体は別に問題ナシだったようですが、その写真に写っている姿が「ボルドー系のヘアカラー、同色のファッションに身を包み、黒の帽子までおそろいのペアファッションだった」ということに非難殺到。

「本人たちが良ければいいのかもしれないけど、いい歳して中高生のようなカップルですね……。」のようなコメントも多数。
どうもこの2人“イタいカップル”と認定されてしまったようです。

“イタさ”って若い頃なら許されるけれど、年齢を重ねるたびに許されなくなってくるという、周囲がなんとなーく感じるミステリーな不快感だったりもします。

ただ著者自身は結構イタさには寛大?で何歳になろうがイタいことを堂々としている人って“他人の目を気にせず楽しんで生きているんだな”としか思わないタイプではありますが……。
ただやはり一般的には“イタいとは思われたくない”と感じる人は多く、またイタさは周囲に嫌悪感を与えることから嫌われる原因にも。

そこでドン引きされるようなイタいカップルにならないように、イタいカップルの特徴をリサーチしました。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-fukase-masuwaka

出典:Fukase Musician End of the World(endoftheworld_sekainoowari_f)(Instagram)

(1)リンクコーデはアリだけど、さすがにお揃いすぎるのはナシ

『ペアルック並のお揃いで歩いているカップルはちょっと気持ち悪い……。自分の世界に入りすぎている感じで。色だけ1点のみ違うアイテムで合わせる、とかならまだアリだけど』
(20代女性/アパレル)

今回Fukaseさんと益若さんのイタさを大きく感じ取ってしまった理由としては“お揃いすぎたこと”
ペアルックって昔は流行っていましたが、やはりトレンドとしても時代遅れ感は否めません。

今のトレンドはリンクコーデといって、“さりげなくお揃いにすること”
結婚指輪がお揃いなのに誰もイタさを感じないように、お揃いを公にしすぎてはダメなのです。
男性側のボトムと女性のトップスの柄や素材を同じにするとか、さりげないお揃い感なら嫌味はありません。

さすがに帽子、ヘアカラーまで一緒だったら漫才コンビのように見えてしまって、むしろ笑いになってしまうことも……。

(2)SNSでのラブラブアピールはイラナイ

『FBでずっと見たくもない友人カップルの写真が毎日毎日流れてくる。スルーするのもわざとってバレるし、仕方なく“いいね”は押すけど、心の中では別れてしまえ、って思ってしまう自分の汚さがこわい』(30代女性/会社員)

SNSでのラブラブアピールは中高生なら当たり前。
まあそんなのも友人の中での話題の一つとして盛り上がるので、かわいらしいものであります。
しかし大人になってくるとそれはだんだんとイタいものに変化していくのです。

“誰もそんなにあなたたち2人のことに興味はナイ”と思われています。
それにも関わらず、単なる自己満のために2人のラブラブっぷりをSNSにアップし続けていると、“こいつら別れればいい”というような、いじわるな心も芽生えてしまうのが人間というもの。

ラブラブさを過度にアピールすればするほど、知らないうちに嫌われ者になってしまうのです。
そして別れた時には“やっぱりね”なんて、裏では周囲から歓迎されてしまう、という悲しい現実。
人は興味がないものを押し付けられると反発心が芽生えてしまいます。

SNSでの投稿はほどほどがいい、ということですね。

(3)人前でイチャイチャ

『電車や駅のホームでイチャイチャしているカップル。体を触り合ったりして……本当に具合が悪くなるのでやめて欲しい』(20代女性/メーカー勤務)

これはイタい以前にマナーとしてNG。
人前でイチャイチャ、ひどくなるとキスしたり、本人たちは盲目の愛の渦中にいるので全く気にならないでしょうが、周りから見ると自分とその人たちとの温度差に引いてしまうのです。
しかも美男美女なら許せるけど、そうじゃなかったらダメ、という人もいます。
やはり絵になるカップルなら見てもいいけど、そうでないなら生理的にもあまり見たくないというのが正直なところ。

特に公の場でのイチャイチャは公害として扱われ、周囲の不快感がマックスになる行動なので気を付けましょう。


ただFukaseさん益若さんカップルは芸能人。
SNSの投稿は喜んでくれるファンサービスでもあります。

またSEKAI NO OWARIのファン層は若い子が多いので、その感覚に合わせているのもあるのでしょう。
ただ一方で結婚後ではありますが女優の上野樹里さんが、夫のTRICERATOPSの和田唱さんとのラブラブ2ショットを同様にInstagram披露した時、「ずっと末長くお幸せに」というコメントが断然に多かったのは、全く気取ってない自然体の写真だったから。

大人になってからのイタくならないラブラブアピールのコツはお揃いコーデの決め顔よりも“自然体”なのかもしれませんね。

【画像出典元リンク】
・Fukase Musician End of the World(endoftheworld_sekainoowari_f)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/BLtc41KjGgH/?taken-by=endoftheworld_sekainoowari_f

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする