「同世代トークができない」「甘えられない」 男性が“年下女子”からの告白でリアルに悩むコトとは?

【相談者:20代女性】
今、ひと回り年上の男性に恋をしています。
社内恋愛のため、なかなかチャンスはありませんが、いつか告白しようと思っています。
年の差がある女子からの告白を受け入れてくれるか心配……。

男性として、年下女子との交際に悩むポイントってあるのでしょうか?

1025-01-1

a 自分と似た価値観を求める男性への告白なら苦戦が予想されます

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

年下女子が好きな男性にとって、「年下を好む理由」というものがあります。
逆に、年上の女性が好きな男性にとっても、しっかりとした理由があります。
なんとなく恋愛を楽しんできた若い頃なら、そのあたりは曖昧かも知れませんが、大人になるにつれ、自分の恋愛観を明確に持つようになります。

相談者が恋心を抱いている男性の性格にもよりますが、自分と似た価値観を恋人に求める男性の場合、その告白は苦戦が予想されます。
残念ながら、年齢に差がある限り、埋められない価値観の違いというものがあるからです。

同世代や年上の女性を恋愛対象として見ている男性にとって、年下女子と付き合うことは、デメリットが多いと感じるもの。
そのデメリットを払拭することは至難の業。
彼が真剣に恋愛するタイプならなおさらです。

ここでは、3名の男性に、年下彼女から告白を受けた際に悩むポイントを聞いてきました。
もしかしたら意中の男性も、同じようなことを感じているかも知れません。
参考にご覧ください。

(1)同世代ならではの会話ができない

『会話が続かなくなりそうなイメージがあります。年の差があると、同年代特有の懐メロで盛り上がったり、昔のアニメやドラマの話で盛り上がったりすることもないんですよね? 同じ時代を過ごしてきた人同士だからこそ感じ合える部分って、大切だと思うんですよ。それを思うと、やっぱり同世代の女性のほうがいいなぁと感じてしまいます』(32歳/営業職)

恋愛において、会話は重要なツール。
結婚後は、その重要性がさらに増します。
同世代じゃなければ会話ができないというわけでもありませんが、ふとした時に出てくる、同世代ならではの会話というものがあるのも事実。

同じ年齢だからできる会話のトーンを好む男性の場合、年の差のある恋愛は望んでいないかも知れませんね。

(2)価値観が合わない

『仕事や人間関係で悩んだときとか、年下彼女相手には、真剣に相談できない気がします。そもそも年齢的な価値観が違いますし、何か意見されたとしても、「年下のクセに何が分かるんだ!」って受け入れられない気がします。それを思うと、やっぱり年の差の開いた女子からの告白には、迷いが生じてしまいますね』(34歳/営業職)

恋人同士で、意識を高めあって生きたいと望んでいる男性にとって、価値観のズレは大きな問題。
同じ熱量を持ちながら、切磋琢磨して人生を歩むことへの支障になってしまうからです。

価値観は年齢の高まりとともに深みを増して行きますし、経験の量によって、幅も広がりを見せます。
自分と同じような価値観に共感・共鳴しながら恋愛したいと考える男性にとって、年の差のある恋愛は考えにくいものなのかも知れません。

(3)甘えられない

『女性に甘えたい欲求を持っている僕からすると、年下女子には甘えられないってイメージがあるので、告白されても付き合うのは難しいでしょうね。もちろん、年下彼女に甘えることもできるでしょうけど、やっぱり包容力というか、母性が足りない気がして、ちょっと魅力に欠けますね。恋愛って、楽しさだけを求めるわけじゃありませんから』(31歳/総務職)

男性はいくつになっても甘えたい願望を持っているもの。
疲れたときや悩んだときに、母性多き女性の存在に、甘え癒やされたいと望む男性も多いのではないでしょうか。

年の差のある彼女と付き合った場合、どちらかと言うと、甘えられる役目に徹する場面が増えてくるはず。
もちろん、年下の彼女だから甘えられないとは限りませんが、彼女も甘えたい年頃。
それを意識すると、心から彼女に甘えることも難しくなります。

意中の男性が甘えたがりの場合、年下女子からのアプローチは届きにくいかも知れませんね。


ある年齢に達すると、男性も自分の恋愛観をハッキリと持ちはじめます。
それは、先に待つ結婚を意識するためでもありますし、何度かの恋愛を経験し、自分にとって本当に必要なものは何かを具体的にイメージするようになるからでもあります。
年下の彼女を作るというしっかりとした願望や理由を持っている男性なら別ですが、そうじゃない場合は、受けた告白に対し、思わず悩んでしまうことでしょう。

しかし、相談者の中に、「年下の彼女との恋愛もいいかも」と男に感じさせる魅力があるかも知れません。
また、その告白をきっかけに、年下女子の価値観を見直すかも知れません。
そう考えると、あなたの告白が無駄に終わることはないはず。
気持ちに正直になって、彼への気持ちを伝える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする