SMAP、イエモンとのセッションに大反響!!「もう一度羽ばたけ」曲に込められた“想い”にファン涙

年内で解散予定のSMAPが17日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、THE YELLOW MONKEYと共に“再集結”をテーマにした曲「ALRIGHT」をセッションし、大反響を呼んでいます。
THE YELLOW MONKEYも2001年に活動を停止し、今年12年ぶりに再結成したという背景があることから、ネット上では現在のSMAPに重ねて複雑な思いを口にするファンも……。

pexels-photo-110197-large

「もう一度羽ばたけ」イエモンからSMAPへエール!?

世間の大きな話題となったセッションは、番組後半のスタジオライブのコーナーで披露。
今年12年ぶりの再結成となったTHE YELLOW MONKEYは、「バラ色の日々」と「ALRIGHT」の2曲をSMAPと共にセッションしました。

なかでも世間の注目を浴びたのは、再集結の喜びや、メンバーやファンとの絆がテーマとなっている「ALRIGHT」。
この曲はボーカルの吉井和哉さんが、バンド再結成への熱い想いを込めた曲とされ、『月日は流れて 力を集めて ひとつに集めて』『もう一度羽ばたけ』『もう一度運命のタイマーを回して』といった歌詞が含まれています。

またSMAPとTHE YELLOW MONKEYの結成年は、同じ1988年。
さらに彼らが2001年に活動停止に至った際も、メンバーは様々な葛藤で疲弊しきっていたということもあり、現在のSMAPの様子に重ね合わせるファンが続出。

そのため、「イエモンがSMAPにエールを送っている」「SMAPの復活を祈ってる」と感じたファンも多く、複雑な思いがありながらも、感動の声が相次いでいます。

ビストロ橋下徹の“粋なプレゼント”が話題に!「また集ってほしい」隠されたメッセージとは

「SMAP×SMAP」に、前大阪市長の橋下徹さん(47)がゲストとして出演。メンバーの不仲が噂されるなど、連日メディアを賑わしているSMAPですが、番組内ではゲストの橋下さんと楽しく談笑する場面が見られました。そんななか、橋下さんからSMAPのメンバーそれぞれに“粋”なプレゼントが手渡され、注目を集めています。

「SMAPは日本のエンタメに必須」「スタッフもすごい」反響の声が続出

『イエモンからSMAPへエールを送るかのような「ALRIGHT」。それを噛み締めて歌う5人。全員本当に素晴らしかった』

『素人からみても、今回のコラボは鳥肌ものだった。やっぱり彼らのオーラはすごい。SMAPは日本のエンタメ界に絶対必要

『こんな最悪な状況でも、イエモンと2曲歌っただけで「奇跡が起きるかもしれない」と夢を見させてくれる。ファンじゃない人もきっとそうだった。だからSMAPは本当にスーパーアイドルなんだと思う』

『「バラ色の日々」は解散直前に発表した曲だし、「ALRIGHT」はイエモンを蝶の一生に例えて、サナギ(解散)から長い時間をかけて蝶(再結成)になったっていう曲なんだよね。これを選んだのって、イエモンがSMAPの復活を祈ってるようにしかみえない』

『イエモンファンの方々が優しくて泣ける。SMAPに対して「一緒に歌ってくれてありがとう」なんて言ってくれるアーティストファンはそういない。たいてい邪魔者扱いだから。こちらこそ一緒に歌わせてもらえて本当に良かった』

『このタイミングでイエモンをキャスティングして、この選曲をしたスマスマのスタッフがすごい。スタッフもまだSMAPを諦めてない。私もますますSMAPのこと諦められなくなりました』

『この時期に再集結した人達とコラボして、この歌を歌うことの意味をすごく感じた。全力で歌う彼らの表情を見たら、まだ希望を捨てたくない。歌い続けてほしい、踊り続けてほしい。SMAPであり続けてほしい』

ネットでも、SMAPとTHE YELLOW MONKEYのコラボは大きな話題に。
“再結成”がテーマという楽曲なだけに、視聴者にも様々な思いがよぎったようです。
また解散がせまるこのタイミングということで、「スマスマスタッフもまだ諦めてない」という声も。
今回のコラボには、多くの人が“奇跡”を夢見ていたのかもしれません。

2位「ペットのPちゃん」1位は? SMAP×SMAPで“もう一度見たい”コントランキングBEST5

“スマスマ”と言えば、SMAPのメンバーが織りなす爆笑コントも強く印象に残っていますよね。そこで今回は、「SMAPのもう一度見たいコントランキング」をご紹介しちゃいます!皆さんの好きなコントはランクインしているでしょうか?それでは第3位から発表です!


THE YELLOW MONKEYとのパフォーマンスが大きな話題となったSMAP。
メッセージ性の強い楽曲を共に披露したことで、ファンの心にも大きく響いた模様です。
解散の日がせまる中、果たしてファンの祈りはどこまで届くのでしょうか?

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする