“時代錯誤”だからこそ求められる!? 古き良き「昭和系カノジョ」の特徴4つ

昭和というと、“懐かしい古き良き時代”というイメージを抱く人が多いのではないでしょうか?
そんな中この平成の時代に、「昭和系彼女」の人気が高まっています。

昭和系彼女は、どんな女性のことを指すのでしょうか?
詳しくご紹介いたします。

“昭和系彼女”とは?

昭和系彼女とは、“古き良き時代”と言われた昭和の雰囲気を纏った女性のこと。

昭和系彼女の人気が高まっている背景には、景気の悪い世の中で男性たちが精神的に弱っていることが関係しています。
昭和の女性のイメージといえば、「男性の後ろを歩き、決して前に出ずにそっと支える」いわゆる良妻賢母のイメージが強いですよね。

男性たちが精神的に弱っている今、このある意味“癒し系”の昭和系彼女の人気が高まっているようです。
でも、具体的に昭和系彼女とはどんな女性のことを呼ぶのでしょうか?

syouwa

昭和系彼女の特徴4つ

(1)飾らない格好

『キラキラしてる女性はもちろんステキですが、昭和の女性のような、清楚ですこし地味くらいの女性のほうが安心できる』(37歳/管理職)

『女性は黒髪がいちばんいい』(22歳/専門学生)

昭和の女性といえば、あまり派手な格好はせずに地味な服を着ているイメージが強いですよね。
髪も染めたりせず、黒髪が基本!!

背もあまり高くはなく、着物が似合うような体型が昭和系彼女の特徴といえるでしょう。

(2)男性を立てるのが上手

『外では夫をたてる妻がやっぱり理想(笑)』(33歳/CMディレクター)

『亭主関白とまではいかなくても、黙ってついてきてくれる女性と結婚したい』(25歳/営業)

昭和の女性は、男性を立てるのが上手です。
昭和系彼女が好きな男性は、女性に癒しを求めていることも多く、男性に対して従順な女性を求めます。

いわゆる「夫の三歩後ろを黙ってついて歩く」タイプの女性を、昭和系彼女と呼ぶのではないでしょうか。

(3)家庭的

『今では家電がどんどん増え、食器もあらわなくていい、掃除機もあてなくていい(機械がやってくれるから)という時代ですが、やっぱり人の手でやってもらったほうがありがたみが増えるし、嬉しいと感じます』(30歳/人事)

『自分が苦手なので、家事ができる女性と一緒になって支えてほしい』(29歳/建築家)

『一度でいいから家に帰ったら「お風呂わいてるよ」とかいわれてみたい』(26歳/販売員)

昭和の時代は、基本的に家事は女性が行うのが基本でした。
ですので、昭和系彼女の特徴には家庭的であることが挙げられます。

旦那さんが帰ってくるまでにご飯やお風呂の支度を用意しておくなど、家事を完璧にこなすのが男性の理想とする昭和系彼女と言えるでしょう。

(4)流行にはあまり敏感じゃない

『テレビや雑誌で流行を追いかけてる女性よりも、一人静かに読書をしてる女性のほうがグッとくる』(28歳/製造業)

『落ち着いてる女性に憧れます!!』(24歳/営業)

昭和系彼女は、最新の流行にはそれほど敏感ではありません。
流行の最先端であるような場所にはあまり興味ないのです。

昭和系彼女は派手で明るい場所よりも、静かで落ち着いた場所を好む傾向があります。

昭和系彼女はけっこう大変

男性を陰で支えたり、家事を完璧にこなしたり……何だか昭和系彼女ってとっても大変そう。
この特徴に全て当てはまる女性は、周りの女性を思い浮かべてもなかなか居ませんよね。

昭和から平成にかわり、男女の働き方も随分と変わりました。
女性も社会にでて働くこの時代、ただただ「一歩下がってついていく」というのは時代錯誤かもしれません。

とはいえ、誰しもが癒しを求めるこの時代、確かに昭和系彼女の需要はけっこうありそうです。
たまにはたまには彼氏の顔を立てて、控えめな昭和系彼女を演じてみるのもいいかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする