いつもより積極的に誘惑しちゃえ! 大好きな彼を“キュン”とさせる4つの方法

こんにちは。女優&ライターのmamiです。

「胸キュン」なんて言葉がありますが、皆さんご経験はありますか?

“あ、これだ。こんな気持ちのことだったんだぁ”
女性なら多かれ少なかれ実感したことがあるのではないでしょうか。

その瞬間、本当に胸が痛くなって、切なくて、恋しくて……。

自分の言葉や行動で、大好きな彼をキュンとさせたくないですか?
男性をキュンとさせるには大きく分けて以下の4つの方法があります。

① 誘惑する
②喜ばせる
③期待を裏切る
④癒す

1つずつ解説していきましょう!

(1)誘惑

視線=興味

『よく目が合うなぁって子がいたんですよ。気のせいかとも思ったんですけど、目線外してまた見るとやっぱり。なんかドキドキしてきて、彼女が違う方見てるとがっかりしちゃう自分がいた。それである時、目を合わせたら彼女がニコって笑ったんですよ。完全にやられちゃいましたね。』(20才・学生)

「気があるのかな」という眼差しを送るだけでも彼をキュンとさせることができます。
なぜなら、“視線=興味”と人は無意識に解釈するからです。
好きな彼のことは、つい見てしまうって感じで見つめてみましょう。

(ちょい)強引&積極的なリアクション

20161021fri-mami

『飲み会の終わりに隣にきて、アドレス交換しよう!って向こうから。積極的だなあって思ったんですけど、そのあとで“だってこのままになるのは嫌なんだもん”って怒ったみたいな顔で言ったんですよ。交換どころか一緒に帰りました』(24才・会社員)
『デートみたいなのを2回ほどしたんですけど、告白まで踏み切れないでいました。そしたらある日の帰り、人混みで向こうから手をつないできたんです。ギュッと握られた瞬間、気持ちが決まりました。』(27才・自営)

女性が一歩前に出る行動。
「好き」という気持ちから“頑張って”、“思わず”起こしたリアクションに男性はキュンとするようです。
彼にとっては大きな大きな「誘惑」だから。

(2)喜ばせる

男性も褒められたい!

男性も褒められたい

『きっかけは「今日のネクタイ格好いいですね」って褒められたことからでした。全く意識してない新人の子だったんですけど、よく見てくれてるんだなって。社会人になってからそういうこと言われる機会なかったですし。』(28才・営業職)

おしゃれをしたら気づいて欲しいのは女性だけじゃないんですね。
自分のことを気にしてくれる人を、人は気にするようになります。

「格好いい」を伝えよう

『遠距離だったんですけど、久しぶりに会ったとき「何か格好よくなった」っていうんです。そういうこと言ってくれると単純ですけど嬉しくなります。』(24才・会社員)

言わなくても分かる、当たり前じゃダメなんです。
女性だって「好き」は声に出して言って欲しいでしょう?

(3)期待を裏切る

要は、いい意味でのサプライズってことです。
例としては、

・ メールを貰ったらメールで返さずに電話をする。
「だって声が聞きたかったから」なんて言ってみましょう。

・ デートの帰り、どこかに寄りたそうな彼に先に別れを告げる。
「楽しみは次にとっておこうよ」これはこれでキュンとしたという実例あり。

・ ファッションや髪形を変える
いつもボーイッシュなのにデートのとき、思い切りセクシーに決めてみる。
反対にお洒落な女性が、二人きりになったとき「コンタクト外したから」とメガネをかける、など。

予想を外れた行動、予期しない事態に人間は弱いものです。

(4)癒す

仕事に対抗しない

『仕事でデートのドタキャンが続いたとき、文句1つ言わない彼女の気持ちが冷めてるんじゃないかと心配でした。あるとき部屋に帰ったら味噌汁が作ってあって“身体だけは気を付けて”ってカードが……。』(30才・IT関連)

「仕事と私どっちが大切なの?」なんて質問は当たり前だけどNGな質問ですね。
そんなこと分かってる……なんて言いながらも、案外仕事に対抗しちゃう女性は多いようです。

それよりも、大変なときにどうすれば彼が癒されるかを考えましょう。

醜い嫉妬を見せない

『元カノの相談に乗ってることがバレたんです。でも何だか大らかな対応で、今の彼女は私だもんね!と微笑まれて参りました。彼女のことは裏切れないなって思いました。』(20代前半・派遣)

信じ切っている態度を取ることこそ、男性をキュンとさせ浮気を遠ざけます。
嫉妬するよりは、「元カノに会ってもいいけど、私が待ってるの忘れないでね」と可愛く伝えてください。


いかがでしょうか?
お気づきの通り、「胸キュン」は「恋のはじまり」です。

今は片思いでも、キュンとした瞬間、その1秒で彼はあなたに夢中になります。
あなたも1秒で彼との恋を始めませんか?
                                    
【参考文献】
・『1秒で彼を夢中にさせる本』藤沢あゆみ・著
ライター/ mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする