「歯を白くしたいけど歯医者に行く時間がない!」自宅でできるオススメの歯のホワイトニング方法★

なかなか落ちない歯の黄ばみや着色汚れ。
コーヒーやお茶、タバコ、食事、など原因は様々です。

黄ばみや着色汚れがあると、人と話すときも口元を気にしてしまったり、笑顔になれなかったり……。
自分の歯に自信を持てない方もいるのではないでしょうか。

「歯を白くしたい……!」と、思っても歯医者に通って治療をするのは時間もかかり、なかなか大変なこと。

そこで今回は、自宅でできるおすすめの歯のホワイトニング方法について紹介します。

紹介するホワイトニングの方法の中から自分に合ったものを見つけてみてくださいね。

gahag-0028524671-1

歯を白くするためには

歯には象牙質と呼ばれる歯の神経をつかさどる部分があります。
その象牙質を覆っているのがエナメル質です。
歯が黄ばむと、歯を必要以上に磨いてしまうこともあるかもしれませんが実はそれは逆効果。

磨きすぎでエナメル質が削られてしまうと象牙質がむき出しになってしまいます。
歯の黄ばみが解消されることはなく、エナメル質が削れて歯の質が落ちてしまうのです。

せっかく歯を白くしようとしたのに大事な神経が無くなっては元も子もないですよね。

歯を白くするためには歯を必要以上に磨いてエナメル質を削るのではなく、歯の表面にあるエナメル質の着色汚れを落とす方法と、エナメル質の色素を漂白することで歯の表面上ではなく本体を白くする方法を使います。

さっそく方法を見ていきましょう。

(1)歯の表面の汚れを落とす

歯の表面にあるエナメル質の汚れを落とす方法です。

表面上についている汚れは、コーヒーやカレー、タバコやヤニ、ワインの着色によるものです。
そのため、エナメル質を傷つけない方法で汚れをしっかりと取り除くことが出来れば歯の本来の白さに戻すことが出来ます。

(2)歯の本体を白くする

歯が白くない原因は、表面上の汚れではなく歯の本体の色の変色にあるかもしれません。
この場合、過酸化水素水、過酸化尿素などの薬剤でエナメル質を漂白します。

自宅でできる!オススメの歯のホワイトニング方法

ここからは自宅でできるオススメの歯のホワイトニング方法について紹介します。
自分に合った方法を探してみてくださいね!

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で処方された薬剤を歯に塗って、歯本体の色を白くすることが出来ます。
2週間続けることで歯の白さは4段階も上がると言われています。
歯科医院でカウンセリングを受けてから始めるものなので、自分に合った歯の白さを目指すことが出来ます。

ただし、通常、歯科医院にて薬剤を歯につけてライトを照射する方法で行われているオフィスホワイトニングに比べて低濃度の薬剤が処方されますので、効果は少し下がります。

ホームホワイトニングの注意事項

以下の方はホワイトニングをすることが出来ない可能性がありますので注意してください。

・14歳未満は不可
・歯の神経がない(生きている歯にしか作用しないため)
・無カタラーゼ症
・気管支炎や喘息がある方
・歯肉炎・歯周病が進行している方

ホームホワイトニングは自宅で行うことのできるホワイトニングですが、一度も歯医者に行かずにできるものではありません。
オフィスホワイトニングに比べると歯科医院に通う回数は少ないですが、白さを継続させるためには定期的に歯医者に通う必要があります。

専用歯磨き粉を使う

一般的に販売されている歯磨き粉にも、歯のホワイトニング効果のあるものがありますが、より高い効果の期待できるホワイトニング専用の歯磨き粉があります。
専用歯磨きであれば、いつもの歯磨きをするだけで歯を白くすることが出来るのでとってもお手軽です。

汚れ・黄ばみを落とすため、以下の成分が入っているものを選ぶようにしましょう。
・ヒドロキシアパタイト
・ポリリン酸
・ピロリン酸
・リンゴ酸
・ポリアスパラギン酸

歯のホワイトニング効果のある歯磨き粉には研磨剤発泡剤と呼ばれるエナメル質をはがしてしまう恐れのある成分が多く含まれている物もあります。
エナメル質がはがれてしまうと歯の黄ばみが悪化してしまうことがあるので注意して選びましょう。

ホワイトニングテープ

ホワイトニングテープとは、1日に1回歯にテープを貼ってホワイトニングができるというものです。
歯科医院でしか使用が認められない過酸化水素が配合されているので効果が期待出来ます。

ただし、過酸化水素という成分は日本の薬事法で禁止されていることから市販では販売されておらず、通販でのみ手に入れることが出来ます。
海外製のものは薬剤の濃度が高く刺激がでることもありますので使用には注意が必要です。

重曹

100均でも購入することのできる重曹。
低コストな方法になります。

歯ブラシに重曹を適量ふりかけてそのままいつもと同じように歯磨きをするだけです。
とっても簡単ですよね!

口に入れる物なので食用を選びましょう。

重曹で歯を磨くことで虫歯の予防や口臭にも効果があると言われています。
しかし、重曹は研磨力の濃度が強いので、あまり強く磨きすぎると歯を削ってしまいかねません。

歯専用の消しゴム

歯専用の消しゴムを使って着色汚れを削り落とす方法です。
歯の消しゴムは、シリコンゴムからできています。

表面上のある程度の汚れは落とすことが出来ます。

持ち運びも便利で、外出先でも使うことが出来ます。

手軽に試すことが出来ますが、研磨力が強いものなので、磨きすぎると歯を傷つけてしまう恐れもあるので気を付けましょう。
歯への負担を減らすため、ホワイトニング用の歯磨き剤を併用して、歯磨きで歯のエナメル質をコーティングしながら、歯の消しゴムを使用することをおすすめします。

ホワイトニングペン

ホワイトニングペンは、歯の表面に付いた着色汚れなどを落としてくれる効果があります。

漂白成分が含まれたジェルが入っていてペンの先からジェルが出ます。
ペンを歯にあてて5~15分程度置いて、その後歯磨きをします。

ペンの種類によっては歯磨きはせずにそのまま時間を置くだけのものもあります。

海外での製品が主流で日本ではまだあまり浸透していません。
漂白成分が高いものも多いですが、日本で認可されていない成分が入っていることもあるので気を付けましょう。

歯のマニキュア

歯のマニキュアは、歯を漂白させたり、汚れを落とすというものではなく、上から白くコーティングする方法になります。
黄ばみや着色を一刻も早くなくしたい人にオススメの方法です。

使い方はとても簡単で、1本の歯に2~3回マニキュアを塗り乾かすだけです。

ただし、1度塗ったらずっと白いかと言われたらそうではありません。
歯を白いままもたせる期間は人によって異なりますが、1日だけ!といった限定的な予定に向いています。

薬用ホワイトニング歯磨き剤

薬用のホワイトニング歯磨き剤は、歯磨きのあとにホワイトニング歯磨き剤をつけ、ブラッシングをするだけで簡単に歯を白くすることが出来ます。

市販のホワイトニング歯磨き剤が研磨剤を使って歯の表面を削って汚れを取るのに対して、薬用ホワイトニング歯磨き剤は、研磨剤も使っていないものが多く、有効成分も含まれているので安心して使うことが出来ます。

また、インターネットでの販売が多いので手軽に手に入れることが出来ます。

自宅での歯のホワイトニングには薬用ホワイトニング歯磨き剤『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』がおすすめ

自宅でできる歯のホワイトニングの方法の中でもおすすめなのが薬用ホワイトニング歯磨き剤です。
歯の黄ばみ、着色の状態によって効果のある方法は様々ですが、ホワイトニングの方法の中には歯を傷つけてしまいかねないものも多くありません。

手軽にできるだけではなく、安全に歯をホワイトニングすることで、歯の白さを長続きさせることにも繋がります。
薬用ホワイトニング剤の中でも口内にも優しく、安全に歯をホワイトニングすることのできる『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』を紹介します。

歯に優しい成分で汚れが落とせて安心

薬用ホワイトニング剤の中でも、薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、研磨剤・発泡剤・界面活性剤・パラベンを使用していないため、おすすめです。
通常の歯磨きでは落ちない汚れを、歯を傷つけることなく浮かせて、剥がして落としてくれます。

以下は薬用ちゅらトゥースホワイトニングに含まれる歯のホワイトニングに効果のある有効成分になります。

PAA(ポリアスパラギン酸)

PAA(ポリアスパラギン酸)は歯の汚れを浮かせて、剥がしてくれる成分です。
高分子のアミノ酸が繋がったものでタンパク質と反応して凝固します。
歯に付着した汚れや口臭の元はタンパク質。

それらを落とし、再付着させない優れた成分になります。

リンゴ酸

リンゴから採取できる自然由来の天然成分です。
リンゴ酸には歯の汚れを再沈着させない作用があります。

ビタミンC

ビタミンCは、歯ぐきも健康にしてくれます。
リンゴ酸と同様に歯の汚れを再沈着させない効果もあります。

GTO

GTOとは、烏龍茶とホップエキスからなる成分。
虫歯菌を寄せ付けない効果を持っていてます。

歯だけでなく口内環境も正常化してくれる

薬用ちゅらトゥースホワイトニングには、歯茎の腫れや歯肉炎の炎症を抑え、予防するアラントインシメン-5-オールなどの成分が配合されています。
そのため、虫歯、歯周病、歯肉炎、口臭にも効果を発揮してくれます。

毎日、薬用ちゅらトゥースホワイトニングをつけて歯磨きをするだけで歯・歯茎の健康を守ることが出来るのです。

続けやすい料金

歯科医院に通って行う歯のホワイトニングでは、1回の治療につき3万円~6万円程度かかると言われています。
薬用ちゅらトゥースホワイトニングであれば1日に2回の使用で1日分はわずか133円

特別モニターコースでは通常4,980円特別価格の3,980円で販売しています。

こちらは市販では販売していません。
通販での購入で心配な手数料や送料も無料なので安心ですよ。


自宅でのおすすめの歯のホワイトニング方法について紹介しました。

方法には様々なものがありましたね。
研磨力が強かったり、刺激の強いものは歯を一時的に白くはしてくれますが、傷つけて白くなった歯はより黄ばみ、着色してしまう恐れもあるので注意して行いましょう。
本当に歯を白くしたい!と思っているのであれば、歯に優しいものが良いですよね。

人目を気にせず笑顔になれる歯になって自信を取り戻しましょう!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする