その“国際結婚”、ちょっと待った! 経験者が語る失敗エピソード3つ

【相談者:30代女性】
はじめて質問させていただきます。私の彼は外国人で、3年くらい前から付き合っています。
年齢的にも結婚を意識しているのですが、国際結婚という言葉と同じくらい国際離婚の言葉もよく聞くので、やっぱり外国人との結婚は難しいのかなぁと、結婚する決心がなかなかできません。
経験談とかあれば知りたいのですが、もしこんな事に思い当たるなら、その国際結婚は止めておいた方がいいよって事を教えてください。
参考にしたいので、お願いします!

a思い当たる事があったら、ちょっと考え直してみるのもアリかも

はじめまして。
国際結婚アドバイザーのCocoです。

文化の違い、言葉の違い、宗教の違い、などなど、パートナーが外国人だと、色んな「違い」に戸惑って、不安になる事もありますよね。
国際結婚した方にお話を伺うと、実際に日本人同士では考えられない様な事が起こった話もよく聞きます。

今回は、国際結婚経験者の方々に、こんな事に当てはまったら、一度立ち止まって冷静に考え直してみた方が良いよ! という事を聞いてきましたので、是非参考にしてみてくださいね。

gahag-0118560563-1

(1)どちらかが相手に頼りっきり。言葉も文化も分かり合おうとしない。

『ペラペラとまではいかなくても、やっぱりお互いがお互いの母国語を少しずつ話せるに越した事はないです。
言葉は全く覚えようとしない、文化も理解しようとしない、どちらか一方が何でも合わせているような関係だと、結局合わせている方ばかりが疲れてしまいます。
付き合っている頃から、相手が日本人のことに全く興味がなさそうなら、ちょっと考え直した方がいいかもしれません。』(50代/女性/自営業)

「言葉は文化」です。
言葉を覚える事で、相手の国の文化やしきたりを理解でき、理解が深まります。
大切なのは、ペラペラな語学力なのではなく、相手を思いやるからこそ、相手の国の言葉を知りたいな、文化を知りたいな、と思う「歩み寄りの心」ですね。

パートナーは、そんな気持ちを持っていますか?

(2)嫉妬や束縛は、好きだから仕方ないと思ってない?

『付き合っていた頃から、彼の嫉妬や束縛がすごかったのですが、日本人よりも、嫉妬や束縛がすごい国民性だし、それだけ私の事を想ってくれている、と思って我慢していました。
でも、結婚してからも彼は変わらず、生活がとても息苦しかったです。
好きだから、ちょっとした嫉妬や束縛はあるかもしれませんが、いくら国民性と言っても、やはり彼は度が過ぎている事が、現地の女の子たちに相談して発覚。
とことん彼と話をしてみると、私の彼の信頼関係ができていない証でした。
これ以上一緒に居たら、私も彼も幸せになれないと判断して離婚。
嫉妬や束縛がひどい場合は、愛情と勘違いしないよう気をつけてくださいね!』(40代/女性/日本語教師)

国によって男女の付き合い方が違うので、やはり日本人同士より束縛しあう傾向にある国もあります。
しかし、やはり幸せな関係を築くには信頼関係を築く事が一番大切な事です。
疑って、嫉妬して、束縛して、幸せな関係は築けませんよね。

それを愛情だと勘違いせず、しっかり相手と向き合いましょう。

(3)面倒だからって喧嘩を避けてない?

『喧嘩したら興奮して、言葉もよく分からなくなるし……などと思って、いつの間にか、お互いに喧嘩を避けるようになってしまいました。しかし、喧嘩しない、話し合いもしない、では、お互いに、分かり合えていない部分は永遠に放置する事になります。国際結婚では、言わなくても理解してもらえる事はほぼありません。その結果、関係は悪化する一方です。』(40代/女性/会社員)

喧嘩で言い合いになると母国語になっちゃう!なんて経験をした事がある国際恋愛・国際結婚カップルは多いと思います。
そうなると、相手も理解不能。結局、お互いがヒステリックに怒鳴り合うだけの喧嘩は意味がないと、喧嘩する事さえ止めてしまう国際カップルもいます。

確かに好き放題に怒鳴り合う喧嘩には進歩はありませんが、お互いが気持ちを言い合って、気持ちをぶつけ合う喧嘩も、時には必要です。
面倒だと思わずに、しっかり気持ちを伝える努力が大切ですね。


参考になりましたか?
「違い」をたくさん乗り越えなければいけない国際結婚ですが、やはり、「発見」の連続でもあるのが国際結婚です。
お二人が素敵な関係を築いていけますよう、応援しています!

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする