そんな彼なら捨てちゃえば? 断捨離ならぬ“男捨離”の始め方

断捨離という言葉は、テレビや雑誌などでよく耳にすることがありますよね。
断捨離とは、自分にとって不要なものを捨て、身軽になって快適な生活を手に入れることです。

それを恋愛に応用した“男捨離”というものをご存知ですか?
今回は、その男捨離についてご紹介させて頂きます。

woman2

断捨離ならぬ“男捨離”とは?

男捨離とは、関係が上手くいかなくなったままダラダラ続いている彼氏、またダメンズの彼氏とキッパリ別れてしまうことです。
このまま付き合っていてはダメだと思っていても、なかなか別れることが出来ないでいる女性は少なくないですよね。

男捨離をするタイミング

相手が借金をしていることが判明したり、浮気ばかりしていて嫌気が差している場合、もちろん男捨離をすべきです。
またそれほどではない場合でも、マンネリ化していたり、結婚を考えているのに彼がなかなか踏み切ってくれないときなど、男捨離をするタイミングにも色々あります。

いきなり男捨離と言われても難しいと思いますので、以下の方法から始めて少しずつ心の整理をしていきましょう。

上手な男捨離のやり方

(1)友達に相談する

『仲の良い友達に相談すると、客観的な意見を教えてくれて助かった。最初は不安もあったけど、今思うと自分のためになったと痛感します』(27歳/公務員)

自分では上手く判断が付かないとき、恋愛のことを友達に相談してみるのは有効な方法です。
話すことで心が軽くなってスッキリしますし、他の人に相談することによって客観的な意見を聞くことが出来ます。

(2)彼と距離を取ってみる

『都合のいい関係を解消するために、少しずつフェードアウトした』(31歳/インストラクター)

少し距離をとることで、自分にとって本当に大切な人なのかそうでないのかが整理しやすかった』(29歳/アルバイト)

2人でずっと一緒にいると、冷静な判断がしづらくなるかもしれません。
そんなときは、彼と一度距離を取ってみると心の整理が付きやすいでしょう。

距離を取ってみて改めて彼の大事さが分かるかもしれません。
そうではない場合は、彼と別れる決意が付くキッカケにもなります。

(3)ノートに書いてみる

『頭で考えてもわからなかったので、とりあえず書き出して整理していました』(34歳/医療事務)

頭の中だけで物事を考えていると、だんだんゴチャゴチャと混乱してしまいます。
一度彼とのことをノートに書きだしてみるといいでしょう。

ノートに書くのは、自分が彼に感じている正直な気持ち
良いことも悪いことも、ノートに書くことで整理してみましょう。

(4)軽い気持ちで誰かと付き合わない

『友達から、よく他に趣味を見つけたほうが良いとよくアドバイスされるほど惚れやすく、恋愛体質だった。一度冷静になって考えてから付き合うようにしてみたところ、“追われる恋”ができるようになって、自分に余裕ができた気がします』(33歳/販売員)

“捨てる”ことも大切ですが、断捨離の「断」は自分にとって不要なものを簡単に手に入れないことでもあります。
彼と別れて寂しいからといって、すぐに次の相手に手を出すのは止めましょう。

まずは自分の中の寂しさ、恋愛依存体質気味なのであればそれを治すことから始めてみてはいかがでしょうか?


男捨離の方法についてご紹介させて頂きました。
自分にとって不要なモノを捨てることでスッキリするのは、物も人間関係も同じ。
思い切って男捨離を行うことで、今まで余計なものに拒まれていた幸運がやって来るかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする