美人なのにモテないのはホント?残念な美人がモテるコツは完璧すぎないこと

美人はモテると思っている方が多いようですが、意外とモテないという話を聞きます。
実際はどうなのでしょうか。

高嶺の花という言葉があるように、美人で近寄りがたい人というのは、一定数います。
そういう方は、やはりモテない残念な美人かもしれません。
しかし、なかにはモテまくりの美人もいます。

美人なのにモテない人は、いったいどういう人なのか、特徴やその心理、男性からどう思われているかをみていきましょう。
そのうえで、モテるようになる方法を、ズバリお伝えします。
また、気になる美人の本音にも迫っていきましょう。

美人でモテない女子、残念な7つの特徴

美人でモテない人は、男性から声がかかりません。
なぜ、美人にもかかわらず男性が寄ってこないのか、さまざまな男性の意見を参考に、特徴をチェックしていきましょう。

(1)サバサバしすぎ

美人に多い「サバサバタイプ」は、言い換えると「オトコっぽい」部分を持っている性格です。

さっぱりしすぎたり、豪快すぎると、男子は引いてしまいがちです。
言葉使いが汚かったり品がないと、外見がよいだけに、悪いギャップになりがっかりさせることも。

黙っていたら美人なのにもったいない

と言われてしまうタイプです。

あまりにもサバサバしすぎると、女性としての魅力がなくなり、存在が男性同士の友達になってしまう傾向があるようです。

(2)隙がなさすぎる

美人でメイクやファッションは完璧、そのうえ仕事もできて、なんでもひとりでやってしまう……という女性は、まったく隙がないのです。

男性はプライドが高いため、完璧な女性だと自分が優位に立てる気がしません
女性のスペックが上がるほど、男性は自信を失います

別に俺がいなくても、ひとりで生きていけそう

落とせる隙がなくて、可愛げがない

どこか抜けていれば、そこにつけこむ隙があります。
しかし、隙がなければ恋愛に進展しにくいのです。

(3)近寄りがたい

見た目がきれいすぎて「高嶺の花」になってしまうケースです。

容姿が美しいので、周囲が勝手なイメージを持ってしまうことがあります。
本当はどうであれ「お嬢様っぽい」「仕事ができそう」などと思われ「世界が違う」「話が合わなさそう」と勝手に判断されるのです。

住む世界が違いすぎて、俺なんかが話せない

周囲の人が勝手に作り上げたイメージで、どんどん近寄りがたくなり、モテないということはよくあります。

この「高嶺の花」現象は、責任感が強かったり、まじめな女性に起こりやすいのです。
「自分は美人じゃないから関係ない」と思っている方でも、知らないうちに高嶺の花になることがあるので注意しましょう。

(4)男友達が多すぎる

そもそも、美人は「男が寄ってきそう」と思われます。
実際に恋人関係の人はいなくても、男友達が多い人は要注意です。

男友達って言っているけど、そのなかにひとりくらい深い関係なんじゃないの

『彼氏はいない』とか言ってるけど、どうせいるんでしょ

と勘繰られるケースは、多いようです。

「経験豊富そう」「どうせ遊んでるんだろうな」のように、男遊びが激しそうだと思って、男性が引いてしまうのです。

(5)理想が高い

自分の「美人」という外見に価値をおいて、それに釣り合う男性と付き合いたいと思っている方は、無意識のうちに男性を値踏みしています。
それは隠しているつもりでも、にじみ出るようで、男性は敏感に察知するのです。

美人なのを鼻にかけて、男を見下すとか最悪

男をえり好みをしていると思われたら、やはりモテません。

「年収1,000万円以上で、見た目もそこそこ、自分にだけ優しい彼氏がいいな」などと高い条件を言う女性は、理想と大きく違う男性に露骨な塩対応をすることも。
このような態度は、美人でも周囲から嫌がられます。

(6)ワガママそう

美人は周りにチヤホヤされるので、プライドが高くなりがちです。
だまっていても、周りがいろいろやってくれるのかもしれませんが、これでは世間知らずで受け身のままになってしまいます。

やってもらって当たり前という態度は、腹が立つ

美人だけど内面がブス

しかも、なにかをしてもらっても感謝をしないと、自分勝手な言動になってしまい、周りから人は離れていきます。

また、身に着けているものがブランド物ばかりだと「お金がかかりそうな女」認定されてしまうこともあります。
いずれ買わされるんじゃないかと、男性が危惧してしまうのです。

美人でも彼氏ができないのは理由とは? 男性ドン引きの“ワガママ女”の言動3つ

(7)言うことがきつい

美人で体型にも気をつかっていて、仕事もできる女性は、自分に厳しいのかもしれません。
自分を基準にしてしまうため、他人にも高いレベルを求め、厳し過ぎる人が多いようです。

正論かもしれないけど、言い方ってあるでしょ

なんでも完璧を求めてしまうと、周囲の人は居心地が悪くなります。

人はできていない部分や、苦手な部分があって当たり前です。
できている部分を見ずに、できない部分にスポットをあてて話されると、だれでも嫌になるのではないでしょうか。

思わずドン引き…!男性が「いくら美人でも恋人にするのは勘弁」と思う瞬間5つ

男性が美人にアプローチできない理由

美人でモテない女子の特徴をみると、モテない理由がわかりました。
しかし、先ほどの特徴にあてはまらなくても、男性がアプローチしない場合もあるのです。
その原因は、男性の心理にありました。

(1)自分に自信がない

男性が美女と自分を比較して、気おくれしてしまうケースです。

  • 一緒にいて、釣り合うのか
  • 相手にされないのではないか
  • ライバルがでたときに自分では負けてしまうのではないか
  • 彼女にとって浮気相手なのかも
  • 美人の相手はイケメン?ルックスに自信がない

このように考え、なかなか声をかけられないのです。

男性は、プライドが高い生き物です。
手が届かないものに対して、勝算がないのにアプローチしようとは、なかなか思えません。
デートを断られたくないですし、振られるのも怖いのです。

男性がうまくいく確率が高いと思わないと、憧れだけで終わってしまうことがあります。

自分にない“魅力”に胸キュン?美人がブサイクと付き合う理由3つ

(2)発展させたくても隙がない

恋愛をするきっかけにもなる「隙」がない場合、男性側はなかなか踏み込めません。

たとえば、女性がミスをすると、男性にはフォローするチャンスがあります。
手伝ったり、女性を支える機会があるため、コミュニケ―ションが増え、恋愛に進展しやすいのです。

しかし、なにごとも完璧にこなす女性から、頼られることはないため、なにかを手伝うというきっかけがありません
これでは男性が付け入る隙はないので、アプローチができないのです。

美人よりも〇〇が満たされる!? できすぎていない“普通女子”がモテるワケ

モテない美人がモテる方法、3選

モテない美人は、行動を少し工夫するだけで、劇的に変わるかもしれません。
そこで、具体的にどうすればよいかをお伝えします。

(1)笑顔で相手の話を聞く

笑顔は、恋愛において最大の武器といっても過言ではありません。

目があったらにっこり微笑んだり、自分から挨拶をすることで、ぐっと話かけやすい雰囲気になります。

そして相手を褒めることも、忘れずに。
少しの変化でも気づいたら、褒めましょう。

話をしている最中は、相手の目を見て相槌を打ち、質問などもしてしっかり話を聞くことで、親しみを感じやすくなります。

近寄りがたい雰囲気は、意識することで話をしやすい雰囲気に変えていけるのです。

(2)手が届くかも?と思わせる

「美人は敷居が高い」と思われていることが多いので、そうではないことを印象づけしましょう。

勝手に「美人は男性に求めるスペックが高いのではないか」と思っている男性は多いようです。
これでは、自分に自信がない男性は、尻ごみをしてしまいます。

そこで、相手の男性に求める収入や顔、職業など、多くを求めていないことを言うようにしましょう。
背の高い美人は、自分より身長が低い男性を好きになったことがある、というだけでグッと男性の心理的ハードルが下がります。

男性の心理的なハードルを下げることで「ひょっとしたら手が届くかも」と思わせることがポイントです。

(3)完璧すぎない

完璧だと思われている美人は、苦手なものがあることや、できなくて困ったことを話すといいでしょう。
完璧ではないとわかることで、ググッと親近感が沸きます。

弱音を吐かない人は、近寄りがたいだけではなく「自分は信頼されていないんだ」と感じさせることもあるのです。
たまには、弱音を吐いてみるのもよいですね。

また、こまめに頼みごとをするのもよい方法でしょう。
意見を聞いたり、重要度の低いものを借りたりするのは、男性にとって「頼られている感じ」がしてうれしいものです。

「完璧そうな女性が、自分を頼ってくれた」と思えたら、男性の自信にもつながります。

コレさえやれば完璧! モテる女の特徴まとめ

「モテない」と言う美人、3つの本音

美人でもモテない人というのは、少なからずいます。
異性からのアプローチがない人には、特徴がありました。

しかし、本当に美人はモテないのでしょうか。
美人の心理をみてみましょう。

(1)嫉妬が怖い

きれいな外見は、ただでさえ同性から嫉妬されたり、ひがまれます
そんな妬みから、自分を守るために悩み「モテない」と言うケースもあるようです。

また、一般的にハイクラスといわれる年収の高い男性や、医者、芸能人や、10歳以上年齢差がある大人の男性と付き合っている場合などに「モテない」という言う場合があります。

彼氏の有無を話したら、どんな人かを聞かれることが多いのではないでしょうか。
当然、素直に話すと嫉妬の対象になってしまい、嫌な気持ちになります。

たとえモテたとしても「わたしモテないんだよね」と言っておいたほうが、平和に暮らせると思うようです。

隠してもバレてますから! イラッとした女友達の“モテ自慢”4選

(2)外見だけで判断されるのが怖い

美人は、自分はなにも言っていないのに、勝手なイメージを持たれてしまうことがあります。
「本当は違うのに」と思っても、なにもしなければ勝手なイメージは一人歩きしてしまいがちです。
しかも少し会話したくらいでは、誤解は解けないことが多いため、イメージを壊すのにも労力がいります。

そのため外見だけで判断され、勝手なイメージを持たれたり、嫉妬されることが怖くて、人間不信になる人もいるようです。

外見だけで声をかけてくる男性を、過剰に警戒して防衛的になったり、心を開くことに消極的になることも。

(3)出会いをブロックされる

同性から嫉妬されることで、出会いをブロックされることもあります。

知らないところで「あの子彼氏いるよ」「軽いんだよ」と男性陣に、吹聴されるということはよくあります。
また、合コンなどの出会いの場に呼ばれないことで、そもそもの出会うチャンスを減っていることもあるようです。

アナタのお腹は真っ黒? 当てはまると要注意“腹黒度”診断テスト

こういったことがあるため、美人が同性から嫉妬されたくないと考えるのは、自然かもしれません。

実際はモテていても、美人には言えない事情があるんですね。
同性から嫉妬されずに、男性にモテるには、相当世渡り上手になる必要があるかもしれません。
美人で男女どちらからも愛される人は、人間関係をよくするために、多くの気配りをしているのかもしれませんね。

「美人って言われるけどモテない」と嘆く方は、まずは笑顔からはじめてみるとよいでしょう。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする