一気にモードな印象に!アイシャドウで“カラーアイライン”を引くコツ

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。
さて、今年も秋に向けて各化粧品ブランドからカラーアイライナーがたくさん発売されていますね。
この時期になると、ボルドーやネイビーなどのこっくり色が人気のようです。

ただ、カラーアイライナーって使える機会が限られているのもあり、なかなか手を出しにくいアイテムでもあります。
そんな時に使える、手持ちのアイシャドウでアイラインメイクを実現できる方法をご紹介します!

woman-girl-young-beauty-large

(1)“硬い筆ブラシ”を使ってアイシャドウをラインのように引く

プロのメイクアップアーティストの友人たちがアイシャドウと合わせて使っているアイテムは、ブラシです。
ぼかすことも色を濃く乗せることも力加減でできるので、チップよりも使い勝手が良いんですね。

今回はそのブラシの中でも、毛足が短く、硬い毛質でできているブラシを使います。
ブラシに少し水をつけ、余分な水はティッシュでふき取ります。その筆でカラーアイラインとして使いたい色のアイシャドウを取り、目尻から三分の一内側から目尻にかけて跳ね上げるようにラインを描きます。
この時、ラインがあまり内側に入りすぎてしまうと見えなくなってしまうので、いつもアイラインを描いている線の少し上側をなぞっていくと良いですね。

跳ね上げの長さによって雰囲気が変わります。
跳ね上げを長くすると、アリアナ・グランデのようなキュートでセクシーな印象に、短く留めておくと目立ちすぎず、瞬きする時に色が見えるくらいの控えめな印象になります。
ベースのアイシャドウはベージュやゴールドのような肌に近い色だと、アイラインがより目立ちやすくなりますよ。

(2)服やバッグ、靴の色と合わせてぐっとオシャレな印象に

カラーアイラインはどんな色でも目を惹きますが、オシャレ上級者であれば、その日に着る服やバッグ、靴の色と合わせてみるのも良いですね。

グリーンやピンク、青などの鮮やかな色であれば、ポップで可愛い印象になります。
またボルドーやネイビー、ゴールドなどのシックな色であれば、モードな印象に仕上がります。


いかがでしたか?

普段のメイクにカラーアイラインを加えるだけで、ぐっと垢抜けてモードな印象に変わります。
ぜひメイクの印象を変えたい時や、パーティなどのメイクで取り入れてみてくださいね。

【参考文献】
・「色で美人に生まれ変わる!7daysレッスン」(ソフトバンククリエイティブ)今井志保子・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする