ストレスから解放!「ダイエットをやめたら痩せた」リアル体験談3つ

こんにちは、コラムニストの愛子です。

芸術の秋、スポーツの秋にしたいところではありますが……、今年もまた食欲の秋になりそうな予感(笑)。

私と同じような方は、多いのではないでしょうか?

「美味しいものを我慢したくない、でもスリムでいたい」これって女性共通の願いですよね。

そこで今回は、「ダイエットをやめたら痩せた!」という食いしん坊の私たちにとって、嬉しい体験談をご紹介します。

20160930fri%e5%af%ba%e7%94%b0

(1)体重測定をやめたら痩せた

『体重計に乗ることがすごくストレスだった。思い切ってやめたらストレスがなくなったからか、食欲が減って痩せた』(26歳/女性)

『毎日体重測定をしていた頃は、食べるのが怖かった。これを食べたら○g増える、とか考えちゃって。だから痩せてはいてもずっと欲求不満で辛かった。体重測定をやめてからは、怖がらずに食べられるようになった。最初はちょっと太ったかな? と思ったけど、いつの間にか元通りに。今は自然に食べて体型をキープ出来ている』(28歳/女性)

『体重とか体脂肪とか数字ばかりを追っていた頃より、見た目にフォーカスして体づくりを始めてから、スタイルいいねって褒められることが増えた』(30歳/女性)

こちらは私自身も経験済みです。

初めてダイエットする方や、放っておくと食べ過ぎるようなタイプの方なら体重測定は有効ですが、ダイエット歴が長くストイックな性格の方には、あまりおすすめ出来ません。

もし当てはまるようなら、思い切って体重測定をやめる、もしくは減らしてみては?

(2)食事制限をやめたら痩せた

『食べてはいけないと思うから、余計に食べたくなっていたんだと思う。好きなものを好きなだけ食べようと決めてから、食欲が自然と落ち着いた。最初は少し太ったけど、数か月で元より痩せたよ』(29歳/女性)

『栄養バランスやカロリー計算を徹底していた頃は、いつも食べ物に対して執着していた。胃袋は満たされても心は飢えている感じ。食事制限をやめてから、食べ物に対する興味が減って、過食もしなくなって痩せたよ』(29歳/女性)

『食べちゃダメなものだけでなくて、体のために食べなくちゃいけないものまでたくさん決めていた。お腹が空いていても食べたい物があっても我慢するのに、お腹が空いてなくても規則正しく食べなきゃいけないと思って、食べたくもないものを食べていた。考えすぎるのをやめて、自然な食欲に任せてみたら勝手に痩せたよ』(28歳/女性)

体重測定と同様、意識しないと暴飲暴食しちゃうようなタイプの方には食事制限も必要です。

でも、美意識の高い頑張り屋さんは、少しルールを緩めることで逆に痩せることが多いみたい。

基本的には好きなものを食べて、食べ過ぎた日の翌日に調整するといいと思います。

(3)無理な運動をやめたら痩せた

『もともと運動があまり好きじゃないからストレスになっていた。そのせいで食べる量も増えちゃって、結局全然痩せなかった。運動をやめたら自然と食欲が減って痩せたよ』(30歳/女性)

『動くとお腹空くんだよね。会社帰りにジム行っていた時期があるんだけど、帰りにラーメン食べちゃうんだ。意味ないよね。ジム通いを諦めて、家でご飯食べる生活に戻した方が痩せたよ』(34歳/男性)

『運動だけで痩せるのって難しいと思う。結局食事制限もしなくちゃならないから、ストレスが多い。とりあえず1つでもストレスを減らしたくて運動をやめたら痩せた』(29歳/女性)

いくら体に良いことでも、ストレスになるならやらない方がマシ……ということも。

気持ち良いと思える運動方法を探してみるといいかもしれませんね。

運動が嫌いな方は、ウォーキングやヨガなど軽めのものにチャレンジするか、週1~2回のジム通いで体型を変えてくれるような実力のあるトレーナーさんにお願いするのもアリ。


いかがでしたか?

理論的に正しいダイエット方法だからと言って、必ずそれで自分も痩せられるとは限らないのです。

ストレスなく継続できる自分に合った方法を確立することが、食欲の秋をスリムな体型で満喫する秘訣かもしれませんね。

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする