【保存版】命を守るための場所……DV被害者が「シェルター」でやってもらえること

【相談者:20代女性】
6歳と3歳の子どもがおります。

主人からの暴力に耐えてきましたが、命の危険を感じるようになりました。

ネットで『シェルター』という言葉を見ますが、どこにあるのか、どんな場所なのかが検索で出てきません。

また、どうすればシェルターに入れるのですか?

a かなり緊迫した状況と思われます、命あってのものです! 速やかに市役所と警察に保護を求めてください

ご相談ありがとうございます、ライターのリュイです。

『シェルター』という言葉はご存知の方も多いとは思いますが、シェルター内部についての情報は非常に少ないです。

というのも、シェルターは極秘情報扱い。

場所も電話番号も、検索では一切でてきません。これはシェルターが命を守るところだからです。

筆者はDVとは別件で入居しましたが、入居していたのはDVシェルターでした。

そして入居の際に「シェルター内部の情報を漏らさないこと」について、サインしています。

入居した人は例外なく、全員がサインさせられます。

その守秘義務範囲内で、今回はシェルターについてお答えしていこうと思います。

pexels-photo-89517

(1)シェルターに行くには、警察もしくは市役所経由です

『旦那からの暴力が子どもにまで及び、子どもの安全確保を願い市役所に相談しに行きました。その場で私も含め、子どもと一緒に保護されました』(30代前半/女性/パート主婦)

もしシェルターの場所がわかったとして、実際にそこに行って「保護してください」だけではおそらく入れません。

第三者が「保護が必要である」との判断をして、はじめて入れるところです。

その判断は、市役所か警察がすることになります。

ですので、必然的に警察か市役所に相談→シェルターの順番になっています。

(2)保護を必要とされる基準があります

『市役所に保護を求めましたが、一向に動いてくれません。相談するところを間違えているのでしょうか?』(20代前半/女性/フリーター)

判断基準があいまいで難しいですよね……。

おおかたの基準として「命の危険性が少しでもあるか」と、なっていると思います。

この理由としては、シェルターの数の少なさにあると思います。

シェルターの持つ役割から考えると、どうしても数が少ないのは仕方ない感じもしますが、もう少し増えてもいいのでは?と、思いますよね。

保護を必要と判断する人の裁量によるところも若干はあるとは思います。

(3)そのまま受け入れてもらえます、金銭面も当面は心配いりません

『厳しい監視下の中にいます、逃げられたとしても何かを持っていける余裕はありません。こんな状態でもシェルターには入れるのでしょうか?』(30前半/女性/専業主婦)

昔は駆け込み寺と呼ばれていたシェルターですが、その名前の通り「駆け込める場所」となっています。

着の身着のまま、お金がない状態でも大丈夫です。

着替えは常備されています。もちろん下着までありました。おむつも普通にあります。

お金がなくても生活できる物はすべて揃っています。

金銭の出費がどうしてもあるときには、貸付制度がありますが、利用される方は少ないと思います。

それくらい、すぐに生活できる場所です。

そのほかのQ&Aについて

Q.プライバシーは守られますか?

守られます。

単身入居は単身部屋に、ほかには家族部屋もあります。

それぞれに応じた独立した部屋が与えられます。

Q.本当に安全ですか?

安全です。

セキュリティがしっかりしています。

緊急時には厳戒態勢となり、警備員さんも配置され要塞と化したのを実際に見てきました。

Q.携帯電話やスマホは?

使えません。

いまのスマホなどはGPS機能がついていたりするので、電池パックを外して職員さんに預けます。

出所するときに返却されます。

Q.それでは家族に連絡できないのでは?

連絡を取れる人は限られます。

たとえご家族であっても、申請して許可が必要となります。

使えるのは寮内の電話だけです。

筆者がいたところは、ダイアルを押すのも職員さんでした。

Q.どのくらい滞在できますか?

基本は2週間とされていました。

しかし2週間で追い出されるわけではありません。

いろいろな面で立て直しが必要ですから、その間は保護されます。

Q.そもそもシェルターって、どういうところですか?

命を守るところです。

大げさではなく、命からがら逃げなきゃいけない人が現実にいるということですね。


いかがでしたか?

残念ながら内部の情報は書くことができませんが……。

必要な人が必要に駆られていく場所だということですね。

シェルターは気軽に行ける場所ではないですが、もっと知っていてほしい場所でもあります。

近代文明に囲まれた日本で、昔と変わらないシステムのシェルターがある。

文明が変わっても、人はなかなか変われないということをあらわしている気がします。

●ライター/リュイ(DV男撃退アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする