アルコールハラスメントに要注意! お酒が飲めない恋人と上手に付き合うには?

【相談者:30代男性】
ご相談させてください。私には付き合って3か月になる彼女がいます。友人の紹介で出会い、話している内に意気投合して交際するようになったのですが、問題がありました。私はほぼ毎日お酒を飲みます。男同士の飲み会も楽しいですし、家で映画見ながら飲むお酒に癒しを感じるタイプです。しかし、彼女はほとんどお酒の飲めない人でした。チューハイ一缶で眠ってしまうようなタイプです。

最初の内は私が飲むだけで彼女はお茶などを飲んでいたのですが、やはりお酒を一緒に飲んでいないせいか、テンションや会話にズレを感じます。正直、飲めない人と付き合っても楽しくありません。しかし、彼女のことは好きなので上手くやっていきたいのですが、どうしたら良いのでしょうか?

お酒を飲めない人に飲めと言うのは酷。そこはお酒を飲む人が折れるしかない。

こんにちは! 火消し探偵の山木です。

今回の質問はお酒ですが、これはタバコなど嗜好品全てに同様の悩みが出ますよね。タバコは臭いなどが問題になりますが、会話にズレが出ると感じることはありません。

しかし、お酒の場合はアルコールでテンションが変わってしまうので、質問者様が感じているように、会話やテンションにズレを感じてしまいます。そもそも、酔っている人と素面の人との会話が噛み合わないのはおかしくないことですし、交際を続けて行くのであれば、現在の一方は酒を飲み、一方はお茶を飲むというのを続けるしかありませんよね。

私が思うに、質問者様が酒の飲めない人といても楽しくないと感じているように、彼女の方も不満を感じているかもしれませんよ?

素面なのですから、当然会話は細部まで覚えているでしょう。質問者様が話したことを忘れていたり、約束したことを覚えていなかったりしたら、幻滅の対象となります。

泥酔したり、吐くまで飲んだりしていれば、当然「何でそこまで飲むの? 自分をコントロール出来ないの?」と思うことでしょう。

お酒を飲んで気が大きくなっている時の行動を、彼女は冷静に見ています

貴方が酒を飲んでいない時と、飲んでいる時の差が開き過ぎていると彼女が感じたら? おそらく『酒に呑まれる人』なのだと不安に感じるでしょう。

もちろん、全てが質問者様に当てはまっているとは思いません。しかし、彼女になんて思われていてもおかしくはない事なので、自分だけが不満を感じてはいけないと思いますよ。

質問様は『酒が好き』で『お酒を楽しく飲みたいだけ』、それも『大好きな彼女と飲みたい』のかもしれませんが、そもそも私はお酒の有る無しで、『大好きな彼女と過ごす楽しさ』に大差が生まれるとは思いません。

お酒抜きのデートをしよう!

ドライブでどこかに行く時、当然酒は飲みませんよね。スポーツをやる時も酒は飲みません。でも、会話はしますよね? その会話にずれを感じないのであれば、大丈夫。好きという気持ちがあれば付き合っていけるはず。

三回に一回くらい酒抜きのデートをしてみて、二か月くらい続けてみましょう。やっぱりアルコールがないと楽しくない! 耐えられない! ということであれば、それはもう、お互いのために別れて交際相手を変えた方が幸せになれるかもしれませんね。

どちらかが好きなものに、相手が興味を持たなかったり嫌いだったりすると、非常にストレスを感じます

何もお酒だけに限らず、食の好みや娯楽、趣味や考え方など……それこそ無数にある。

魚の好きな人に、「俺は肉が好きだから、俺と一緒にいるときは肉食べるぞ!」と毎回言えば、相手は受け入れるか反発するかのどちらかです。でも、「前回は肉だったし、今回はお前の好きな魚を食べよう」と片方が折れるのを続ければ、良好な関係は続くでしょう。

ましてや、アルコールが体質的に無理な方もいますし、アレルギーがあるものを無理強いするのは、暴力となんら変わりがないことでしょう。

アルコールハラスメントに要注意!!

日本人を含むモンゴロイドと呼ばれる黄色人種は、人種的に生まれ持ったアルコール耐性が低いのです。個人が認識していないだけで、日本人の半数近くが体質的に一切アルコール類を受け付けないと言われています。

(1)飲酒の強要
(2)一気飲ませ
(3)意図的な酔いつぶし
(4)飲めない人への配慮を欠くこと
(5)酔ったうえでの迷惑行為

上記の行動はアルコールハラスメント(通称アルハラ)と言われています。こんなことをしたら貴方より先に、彼女の気持ちが離れてしまうので要注意です。

自分の趣味嗜好を主張ばかりせずに歩み寄ること。人間関係はこの繰り返しと積み重ねです。

彼女のことが好きだと質問者様は書いてきているので、今後も楽しく交際を続けて行きたいのであれば、お酒を飲めない彼女を主軸にした考え方に、少しずつしてみてはどうでしょうか?

●ライター/山木陽介(探偵専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする