自宅で? サロンで? 4つの脇毛処理方法のメリット&デメリット

脇毛の処理に頭を悩ませる人は年齢を問わず多いはずです。

ノースリーブなど薄着になる季節はもちろんですが、冬場などでもムレや臭いの原因になりますし、誰かに見られたらやはり気まずいですよね。
最近は女性だけでなく、男性もカットしたり除毛したりと処理する事が増えてきていますから、特に気が抜けなくなってきました。

しかし脇毛の処理と一言で言っても脱毛や除毛など様々な方法があります。
どの処理方法が自分に一番合っているのでしょうか。

ここでは大きく自宅での処理法3つと脱毛サロンでの処理、合わせて4つに分け、その方法や気になる処理後の肌荒れ、メリットとデメリットについてご紹介していきましょう。

img_3956_mini

自宅で剃る方法

生えている毛を剃る方法。
最も手軽に脇毛処理ができます。

①カミソリで剃る

入浴中にボディーソープをつけて簡単に剃ってしまうことが多いのですが、実はこの方法は黒ずみやカミソリ負けの原因となります。
シェービング剤は必要な皮脂まで奪いがちなので、ワセリンやクリームを使います。
肌と毛を柔らかくするために蒸しタオルを当てておくのもおすすめです。

カミソリは脇毛用のT字タイプが持ちやすく剃りやすいでしょう。
毛の流れに沿って剃り、力を入れすぎて肌を傷めることのないよう気をつけます。
何度も剃ると肌を痛めてしまいますから、一度で剃るようにします。

またカミソリの保管場所や取り替え時期には注意が必要です。
濡れたままお風呂場に置いてしまいがちですが、雑菌の繁殖を防ぐため綺麗に洗って乾燥させましょう。
その他古くなっている刃を使い続けていると、剃りにくいためつい力が入り、肌を傷つけやすくなります。1か月を目安に交換しましょう。

メリット:手軽で費用があまりかからない。
デメリット:肌を傷つけやすく、繰り返すと青っぽく見えるようになる。

②電気シェーバーで剃る

刃が直接肌に触れないため、カミソリよりも肌を傷つけることなく剃れるのが電気シェーバー。
パナソニックのサラシェなど、男性用よりも肌に優しい女性用は2000円前後からあります。
水洗いできるものもありますが、入浴中の処理はふやけた肌への負担が気になりますから避けましょう。

脇毛が気になり始めた中学生にもおすすめの方法です。
ただし脇毛は様々な方向に向いているので、剃りにくいこともあります。
また毛が濃く硬い場合には剃り跡が目立ち、気になるかもしれません。

メリット:手軽で肌に優しい。
デメリット:細かいところの処理がしにくく剃り残しも気になる。

自宅で除毛する方法

除毛とは、毛根から処理するのではなく、表面に見えている部分の毛を溶かして取り除く方法です。アルカリ性の除毛クリームを肌に塗り、商品によって異なりますが数分間放置して拭き取ったり水で流したりすると、毛がするりと取れます。

男性の硬い毛に対応したものもあります。
保湿成分が含まれている肌に優しいものがほとんどですが、念のためにパッチテストを行ってからにしましょう。

メリット:手軽で細かい部分も処理できる。
デメリット:一時的な処理ですぐにまた生えてくるため、頻繁に処理する必要がある。

自宅で脱毛する方法

では毛根から処理してしまえばどうでしょうか。自宅で脱毛する方法は大きく分けて3つあります。

①毛抜きで一本一本抜く

脇は足や腕に比べて範囲は狭いとはいえ、硬い毛が密集していてその数は大変なものです。
その一本一本を毛抜きで抜いていくので、なるべく毛をキャッチしやすいものを選びましょう。

しかし毛穴への負担が大きく、抜く際に引っ張られた毛穴は広がり、毛が太くなったりブツブツができたり。
他にも毛根近くでちぎれてしまったり、埋没毛の原因にもなりやすいので、繰り返し抜くことはあまりおすすめはできません。
剃り残しなどに数本抜く程度なら問題はありません。

メリット:一時的には綺麗になる。
デメリット:手間がかかる上毛穴がダメージを受けやすく、繰り返していると埋没毛など肌トラブルになりやすい。

②脱毛ワックスやテープで一気に抜く

ワックス剤にも色々な種類があります。温めたワックス剤を塗って固まったら剝がす固形ワックスや、シート状になったものなど。
成分ははちみつなどの自然由来のものがほとんどですが、敏感肌用も販売されています。

方法はそれぞれですが、少し伸ばした毛にワックス剤をつけ、固まったら一気に剥がします。
エピラット、ヴィート、アンジェリカなどがおすすめ。

効果は1か月ほど持続し、繰り返すことででだんだん毛が細くなっていくので綺麗を保てますが、新しい角質まで奪い取ってしまうことがあります。
処理後のケアを怠ると肌トラブルを起こしやすいので気をつけましょう。

メリット:手軽でスピーディーかつ綺麗が長持ちする。
デメリット:肌と毛穴に負担があり、ワックス剤を絡ませるために毛を少し伸ばす必要がある。

③家庭用脱毛器を使う

家庭用脱毛器を使う方法もあります。
最近のものは性能が良く、サロンの廉価版とも言えます。

フラッシュ脱毛器が主流で、今人気が高いのはケノンでしょう。
脱毛力が高く、照射コストから見ても大変お得。
片脇なら10秒で脱毛できてしまうスピーディーさも魅力です。
7万円前後から。

フラッシュ脱毛器はその他にもラヴィ、センスエピGなど多くのメーカーのものがありますので、予算と必要な機能や効果をよく比較して購入しましょう。

その他脱毛力の高いレーザー脱毛器といえばトリア。
照射範囲が狭いので時間はかかりますが、脱毛効果が高いので脇だけの脱毛を考えるならおすすめです。

メリット:綺麗に処理でき、安全性が高い。
デメリット:脱毛器購入の費用がかかり、レーザー脱毛の場合フラッシュ脱毛よりも痛みがある。

サロンで脱毛する方法

様々な自己処理方法があるとはいえ、やはりプロフェッショナルにお任せするのは安心できます。気になる脱毛サロンはどんな仕組みなのでしょうか?

①施術の流れ

必ず事前にカウンセリングを受けます。
毛の状態や処理内容などを詳しく専門スタッフと話し、十分納得してから後日施術の予約を取りましょう。
その日に施術が行われることはありません。

見られて恥ずかしい…と心配な場合は、全員が女性スタッフというサロンを選ぶといいでしょう。一度の施術は、両脇だけなら30分から1時間ほどで終了します。

②予算

多くの全国展開している大手サロンで、お得なコースや初回限定プランを行っています。
例えば人気のミュゼプラチナムであれば期間限定で両脇を無制限に100円で脱毛できます。

また、無理な勧誘で膨大な費用がかかるのでは…という心配もあるかと思いますが、現在そういった例は大変少なくなりました。
自分の予算に合わせてプランを選ぶことができます。
またほとんどの場合初回のカウンセリングは無料ですし、無料体験ができるサロンもあります。

③頻度

いくらプロの脱毛サロンといえど、一度でツルツルにはできません。
毛の発育周期に合わせて何度か通うことで少しずつ薄くなっていきます。
サロンにもよりますが、2か月〜3か月おきに通います。
年に4回〜6回なら、通う負担も大きくありません。
  

④おすすめサロン

脱毛サロンも数多くありますが、どこで施術を受けるのがいいのでしょう?
おすすめサロンを3つご紹介します。

ミュゼプラチナム

こちらは全員が女性スタッフなので安心。
ミュゼでは理想の肌になれるまで回数無制限で何度でも施術を受けることができるのが特徴です。両脇とVライン美容脱毛完了コースがweb予約をすると100円で受けられるなどのキャンペーンがあるので要チェックです。

エピレ

利用した99パーセントが痛みがなかったと答えるこちらは、初めてで痛みに対する不安がある人にはおすすめ。
両脇の脱毛が6回で250円、Vラインも合わせて700円など、お手ごろ価格のプランが豊富です。
そして無期限でアフターケアが受けられるのも安心です。

ジェイエステ

老舗のジェイエステ。
両脇とお好きな一箇所に5年間のアフターケアがついてweb予約なら600円と大変お得なコースがあるのも魅力です。

⑤注意したいこと

最近は中高生でも脱毛サロンに通いたいと考える人は多いのですが、ちょっと注意が必要です。体毛とホルモンは大いに関係があります。
したがって生理周期とホルモンバランスが整う16歳からの施術をすすめているサロンが多いようです。
回数制限などがありますが16歳未満でも可能な場合もあるので、カウンセリングで相談してみましょう。

また成人でも、生理前後や生理中は肌のコンディションも悪くなりがちなので、体調と相談して施術を受けましょう。

メリット:綺麗に仕上がり、肌への負担もアフターケアで軽減できる。
デメリット:予約を取って通う必要があり、選択するコースによって異なる費用がかかる。

処理後のお肌のケア

いずれの処理も、毛穴や肌に負担がかかるものがほとんど。
サロンで脱毛した場合はアフターケアまでお任せできますが、自己処理の場合ケアを怠ると肌トラブルや埋没毛などの毛穴トラブルを引き起こします。

①保湿が大切

必ず化粧水とクリームで保湿をし、処理した日はできれば数回クリームを塗ります。
また直後の海水や日焼けは肌トラブルリスクがさらに高くなるので避けたほうがいいでしょう。
また生理前後は肌が敏感になっていますので、注意が必要です。

② 清潔に保つ

脇は、脇毛の処理のほか汗によるムレや制汗剤の使用、そして摩擦などで負担がかかりやすい場所です。
毛穴の汚れをしっかり落とすことで黒ずみなどを防ぐことができます。
かといってゴシゴシ洗いは厳禁ですから、優しくたっぷりの泡で洗いましょう。
蒸しタオルを使うと毛穴が開いて、ブツブツの原因である溜まった古い角質が取れやすくなります。
  

③正しい生活習慣

脇の黒ずみが気になる場合は、生活習慣をもう一度見直しましょう。
特に睡眠不足はお肌の敵。
22時から2時までのゴールデンタイムは、お肌の再生が促される大切な時間です。
この時間帯に良質な睡眠をとることで黒ずみも減っていくはずです。

自分の肌に合った方法を

いかがでしたか?様々な方法がありますが、肌やムダ毛の悩みは人それぞれです。
効果や頻度、予算に合わせて自分にぴったりの方法を見つけましょう。
シェーバーと毛抜きを併用するなど、工夫してみるのもいいですね。
ツルツルの脇がきっと手に入りますよ!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする