「仕事のせい」は間違い!! あなたが結婚できない理由は“時代遅れ”の仕事観にあり

【相談者:30代女性】
仕事で昇進試験を受けないかといわれました。

私の年だと事務職はほぼいなくて、管理職か結婚退社をしています。

仕事が忙しくなったら結婚できないと思ってずっと事務でしたが、事務でも彼氏はできませんでした。

どちらを優先したらいいでしょうか?

a 仕事をするとモテないのではなくて時代についていけてないからモテないのだ

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

確かにモテないバリバリキャリアウーマンもいます。

学歴、実績を人を見下す道具にしてしまって「私より年収低い男なんてありえない」「いい男がいないから出会いがないのよ」と仕事はできても自分の損益分岐点を見誤った方々も大勢いますね。

こういう女性も、キャリアはそのままでちゃんと彼氏ができたり結婚したりしております。

プライベートでもPDCAを回して、「女性らしく振舞う」という目標を達成すれば大丈夫。

20年前ならば、腰掛感覚で一般職入社して寿退社ってコースが普通だったのかもしれませんね。

今は結婚後も働く女性が多く保育園が足りないのが問題になりましたよね。

「仕事か、家庭か」の時代っていつの常識なのでしょうか。

20代女性の手取り年収で最も多いのは200~300万円ゾーン。支給額だと300~400万円あたりでしょう。

gahag-0088607501

(1)みんなフルタイムで働いているのです

なぜ「仕事が忙しいと結婚できなくなる」と思うのかその根底にある思い込みを少し見つめてみませんか?

総務省の労働力調査によれば、1980年代はお父さんが働き、お母さんが専業主婦という世帯が主流。

1,100万世帯が専業主婦で、お母さんも働く世帯は600万世帯ほど。10年後の1990年になり共稼ぎ世帯が同じぐらいになりました。

2010年は共稼ぎ世帯が1000万世帯で、専業主婦世帯が約800万世帯。共稼ぎのほうが多数派なのです。

あなたが幼いころ、お母様は専業主婦ではなかったでしょうか?

前も事務職のアラフォー女性が相談に来られたことがあります。

彼女の場合、親のコネで就職しておりました。

親に反抗しない従順な彼女は、30代後半になったときに親から「仕事が忙しいから結婚もできないのよ。今の会社を辞めて、お父さんの知り合いの会社が事務員募集しているからそこに就職したら」と言われてキャリアダウンしてしまいました。

暇ができたからといって、彼氏ができるわけじゃありません。

暇になった分「自分磨き」と称して習い事や旅行三昧。

相談に来られた時、貯金もあまりなく、生活力もなく、キャリアにつながる仕事もしていない年のわりに幼いだけの女性だったのです。

まだあなたは今の職場でチャンスがあります。

ぜひ、昇進試験を受けてください。

(2)SPAの調査では男性が女性に臨む年収は400万円以上という方が3割で最も多いとか

あなたも周りを見渡してみて、いわゆる素敵な女性がいるでしょう。

その女性って、仕事も楽しそうにやっていませんか?

仕事をする=モテるではありません。


お母さんが時代遅れなのはしょうがない。しかし、30代のあなたは時代の流れについてきて。

【参考リンク】
女も低年収だと結婚できない!? 男が「結婚相手に求める年収」が判明 | 女子SPA!
(3)女性の就業状況の変化

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (17)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする