気付かれずに“主導権”を勝ち取る!! 気分屋の彼女と上手く付き合う方法

【相談者:20代男性】
はじめまして。

付き合って4年の彼女がいるのですが、喧嘩が絶えません。彼女は気分屋で少しのことでもキレたりします。

どちらも引かないので激しい言い合いになることもしょっちゅうです。

最終的には僕が謝って収まります。

2人の関係が悪くなるのも嫌ですが、自分ばかり折れるのもしゃくです。

どうすれば上手くいくのでしょうか?

a 相手の機嫌に左右されず落ち着いた態度で接してみて! 怒りをコントロールして良い関係に

ご相談ありがとうございます。コラムニストの愛子です。

何だかんだ言って折れてあげているのですから、相談者さんは優しいですね。素質ありです!

え、何の? と思われましたか? それは……相手に気付かれず「こっそり主導権を握る」素質です。

相手の言い分に納得できないときまで、我慢して受け入れる必要はありません。

ただやってみていただきたいことは、相手の怒った態度につられず、落ち着いて対応することです。

売り言葉に買い言葉、と言いますが、彼女の機嫌にあなたが振り回されているうちは、2人の関係の主導権は彼女にあるということになります。

それを彼女に気付かれずに勝ち取れば、全てはあなたの掌の上……。

774f19dad3f3b1f6a0e6df3cb9d5cb79_s

(1)彼女のためと見せかけて自分のため

「アンガーマネジメント」という言葉をご存知ですか?

心をケアし、コントロールする方法はたくさんありますが、中でも「アンガー=怒り」という感情に焦点を当てた方法です。

日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介氏は、著書『イラッムカッを減らす怒りのコントロール術』で下記のように書かれています。

『自分を変えるのは自分のため』

彼女の言動に振り回されず、落ち着いた態度で接することは、あなた自身のためになるのです。

お互いが怒りに任せて言い合っていてはらちが明きません。

彼女が怒っているポイントを拾い上げ「そうか、君は○○が嫌なんだね」と繰り返してみてください。

心理カウンセリングなどでよく使われる、オウム返しという傾聴術です。

こうすることで、相手は自分の話を理解して貰っていると感じます。

彼女の意見に同意する必要はなく「君の言い分はこうなんだね」と整理するだけでOK。

彼女が、自分の話をあなたに聞いてもらえて落ち着きを取り戻したその時こそ、今度はあなたの意見や気持ちを伝える番です。

(2)正しさよりも心地よさ

安藤俊介氏は以下のように記されています。

『どちらが正しいか? より、自分が楽になることを考える』

正しさを追求したいときや、白黒はっきりさせたいときだって勿論あるでしょう。

2人の付き合いにおいて大切な結論を出さなければならない場合、口論になっても譲れないことがあるかもしれません。

ただ、いつも正しさに拘ってしまうと、自分で自分を苦しめることになります。

「相手の言っていることがちょっとおかしいな、間違っているな」などと思うとき、あなたがそう感じること自体を否定する必要はありませんが、口に出さないという手もあるのですよ。

あなたの気持ちはご自身の中で肯定した上で、少し他人事のように「でも彼女の気持ちはこうなんだな」と考えてみてください。

あなたの感情と、彼女の気持ちをまるで上から図を眺めるように客観視します。

そして、さあどう出てやろうかと策略を立てるのです。

どちらが正しいかよりも、どうすれば自分が楽になり、互いに心地良くいられるかを重視してみてください。


怒りを上手くコントロールして、相談者さんご自身のストレスを減らし、彼女といい関係を築いてくださいね。

お幸せを祈っております。

【参考文献】
・『イラッムカッを減らす怒りのコントロール術』安藤俊介・著

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする