ハマったら終わり? アラサーが“婚活ループ”に迷い込んでしまう理由

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

今やSNSも盛んになり、婚活パーティ、婚活の仲介業者等々、男女の出会いには困らない時代になってきました。

でもその“出会いの多さ”に比例して“結婚できる女性”も増えているのか? と言えばそうでもないような……。

仕事が楽しくて女友達と遊ぶのが楽しくて、気付いたらもうアラサー。

そろそろ本気で結婚を考えねば! と焦っていろんな出会いを試してみるけれど何故だか上手くいかない……。

そんなあなたは恐怖の婚活ループにハマって抜け出せなくなっているのかもしれません。

pexels-photo-69435

(1)出会いが多すぎて逆に決められない

『婚活の仲介業者に登録したら、毎週のように新しい出会いに恵まれた。ただ出会いのチャンスがすぐあるという余裕から“別にこの人にこだわらなくてもいいや”って思ってしまい2度目につながらない』(30代女性/看護師)

婚活で出会った人はもう100人以上! それですらまだピンと来る相手がいない……。

実はそれって“出会いが多すぎて決められない状態”かもしれないのです。

出会いが多すぎて“次はもっといい人がいるのではないか?”と思い決定打にかけてしまうという悪循環に。

“別にこの人を逃しても他がいる”という余裕からファーストフィーリングだけで決めてしまっては再チャンスが巡ってきません。

また恋愛は一回会っただけで“好き嫌い”なんてすぐに決めてしまってはダメ。

何度か会ううちに恋心が芽生えてくる可能性だってあります。

そもそも今のように出会いがなかった時代は、数少ないお見合いだったり、職場の数人の中で見つけたり、と“選択肢が少ない”からこそ相手の良いところに目を向け、結婚することができたということなのです。

相手のことって知れば知るほど、見えてこなかった部分が見えてきます。

“その人の深みを知る”という意味でも一回で決めてしまわず少なくとも少し気になれば数回出会いを重ねてみるということはしないと、永遠に出会いだけを繰り返すという事態にもなりかねないのです。

(2)高い条件でしか見られなくなってくる

『相手の経歴や職業を見てから会うことが多いので、会うまでの基準がどうしても高くなる。そしてやっぱり高い条件の人は人気で成功するまで至らない』(30代女性/会社員)

『普通の出会いだと見た目や性格から好きになって、条件は後からついてくるようなもの。でも今は条件が先だから好きでもない人と結婚していいのか、と疑問に思うことも多々あり。でもやはり年収1000万以上という文字には強烈に引き寄せられる……』(30代女性/派遣社員)

SNSや婚活業者は男性の職種を知ることができ、年収も大体は予想できるようになっています。

でもまず“自分の感情ありき”ではなく“年収ありき”で結婚を考えるようになってしまったら、もう婚活ループに片足突っ込んでしまっていると思ってもいいでしょう。

そもそも年収1000万以上の男性なんて1%ほど。そしてそんな男性はやはり婚活市場でも大人気であり、男性の方が引く手あまたなのです。

そんな倍率が高いような物件ばかりにしか興味がなければ時間だけが過ぎていき、気が付くといつの間にかアラフォーということも……。

残念ながら男性の価値は年齢ではそうそう下がらない一方で、女性の価値は年齢とともに下がっていってしまいます。

ついついプロフィールを見る時“職種”“年収”を最初に読んでしまって選別してしまっているようであれば、それは改めた方がいいですね。

どんなに生活レベルを上げても、その生活に慣れてくればもっと上が欲しくなるのが人間というもの。

またいくらお金があっても、話が全くかみ合わない人と一生過ごすなんてそれこそ地獄。

だからこそ“平均であればいい”と条件のハードルを下げてみて、後は趣味嗜好等が合うような人といた方がずっと幸せになれるのです。


どんなに出会いが多くとも、どんなにたくさんの人にモテたとしても最終的に結婚できるのは“一人だけ”。

一人だけ好きになれる人がいればいいし、一人だけに愛されればそれでいいのです。

出会いさえ多ければ必ず運命の人に出会える、そう思っていると運命の人を逆に見失ってしまうということも。

一度や二度でピンと来る人になんて滅多に出会えません。

最初の印象があまりよくなかったとしても、何度か会ううちに印象はガラッと変わるかもしれませんよ。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする