見た目は「天使」、中身は「肉食系」!? 二面性を持つ“クリオネ系女子”とは?

最近話題の「クリオネ系女子」をご存知ですか?
正直、名前を聞いただけではどんな女性のことか見当がつきませんよね。

ちなみにクリオネとは、北海道などに生息している貝の一種で「流氷の天使」や「氷の妖精」などとも呼ばれる小さくて美しい生き物。
しかし、捕食の際には頭から“バッカルコーン”と呼ばれる6本の触手を出し、相手を捕食する恐ろしい一面を持っています。

そう、クリオネ系女子とは、普段は可愛らしい姿をしているのに異性を落とすときには肉食系に変貌する二面性を持つ女性のコトなのです。

そこで今回は、そんなクリオネ系女子の特徴を詳しくご紹介していきたいと思います。
あなたの周りにもクリオネ系女子がいるかも!?

kurione

(1)小柄で可愛らしい

クリオネの体長は1~3cmととても小さく、小柄で可愛らしい印象を受けます。
クリオネ系女子も小柄で可愛い外見をしており、見た目ではとても肉食系には見えないのです。

(2)透明感がある

クリオネの体は半透明で、透き通ったその姿はとても綺麗です。
クリオネ系女子も透明感があって、その見た目は男性も女性も惹きつけます。

(3)獲物(男性)の前では肉食系

クリオネは、獲物を前にすると頭からバッカルコーンと呼ばれる触手を出し、獲物を捕まえます。
クリオネ系女子も、お目当ての男性(獲物)を落とすためなら手段を選ばずアプローチをします。

(4)二面性がある

「小柄で可愛らしく、透明感がある」「男性の前では肉食系」どちらか一方だけでは、クリオネ系女子とは呼べません。
どちらの特徴も兼ね備えていて、そのギャップの激しさがクリオネ系女子の魅力であり特徴なのです。

自称「クリオネ女子」!? モデル“大塚愛里”さんって?

ootuka

出典:大塚愛里(あいにょん.)(@ainyon_052)(Twitter)

「クリオネ系女子」を自称するモデルさんもいます。
自称クリオネ系女子だという、“あいにょん”こと大塚愛里さんです。

「eggnam」のモデルスタッフとして活躍しているあいにょんは、1997年5月2日生まれの19才。
身長151cmという小柄な体型をしていて、Twitterのフォロワー数は10万人を超えるという今話題の人気モデル。

「外見は天使のように可愛らしいが、中身は悪魔のような“クリオネ系女子”」と自称しているあいにょん。
さらにファンをクリオネと呼び、カラコン「クリオネ(CLIONE)」のイメージキャラクターも務めています。

小柄で可愛らしい外見と、自他ともに認める“肉食系”の性格は、まさにクリオネ系女子と呼ぶにふさわしいですね。


あいにょんを始め、案外男性受けも悪くないというクリオネ系女子。
天使のような外見と、悪魔のような中身(?)を合わせ持ったクリオネ系女子が、これから流行りそうな予感がします……!

【画像出典元リンク】
・大塚愛里(あいにょん.)(@ainyon_052)(Twitter)/https://twitter.com/ainyon_052/status/773307323087400960

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする