カズレーザーに壇蜜…… “バイセクシャル”を公言している芸能人5選

マツコ・デラックスさんやはるな愛さんなど、オネエタレントをテレビで見ない日はありませんよね。

芸能界には、オネエと同様に性的少数者であるバイセクシャルの芸能人もたくさんいます。

今回は、バイセクシャルを公言している芸能人についてまとめました。

カズレーザー 壇蜜 aikyaxtuti

出典:カズレーザー(kazlaser)(Instagram)

カズレーザー(メイプル超合金)

2015年にM-1グランプリで決勝進出を果たしたことで一躍脚光を浴びたメイプル超合金のカズレーザーさん。

全身真っ赤な服装と金髪という強烈な見た目が印象的ですが、バイセクシャルについても堂々と公言しています。

バイセクシャルに興味を持ったのは、高校生の時の担任がカミングアウトしたことがきっかけだそうです。

実際に、これまで男性6人、女性7人と交際した経験があるとのこと。

壇蜜

タレントでグラビアビアアイドルでもある壇蜜さんも以前からバイセクシャルであることを公言しています。

ある雑誌のインタビューでは、女性の柔らかい質感が好きで女性と付き合ったことがある、と語っています。

また、男女の好みは6対4くらいで、男性が6になったり、女性が6になったりとその時々で変わるそうです。

壇蜜さんの色気の秘密は、男女ともに愛せる奥行きの深さにあるのかもしれませんね。

鳥居みゆき

独特なコントと不思議系キャラでマニアックなファンに人気の鳥居みゆきさん。

不思議なキャラとは裏腹に綺麗な顔立ちで、女優や作家、映像監督など多方面で活躍しています。

鳥居さんは2007年に元々知り合いだった男性と交際0日で入籍していますが、それまでは女性と交際をしていたそうです。

その女性とは高校卒業から結婚するまで交際していたようで、一線を越えた間柄だったとのこと。

過去には女性との付き合いもあった鳥居さんですが、結婚生活10年目となる現在も夫婦関係は良好で、幸せな日々を送っているそうです。

江頭2:50

上半身ははだか、下半身は黒スパッツという姿で登場し、過激なネタを披露する江頭2:50さん。

東日本大震災時の支援など、今では“いい人”のイメージもある江頭さんですが、過去には男性も愛せると公言していました。

テレビで見せる下ネタや過去の過激な言動からすると、大きな驚きではないかもしれませんが、実はバイセクシャルという一面もあったんですね。

村主章枝

元フィギュアスケーターで2014年に惜しまれながら現役を引退した村主章枝さん。

現役引退後は振付師やタレント、モデルとしても活動しています。

そんな村主さんは2014年に、あるテレビ番組に出演した際、ジェンダーにこだわらない、女性にも興味がある、と発言し話題を呼びました。

また、今年になって同じ番組に出演した際には、番組のお見合い企画でDJの女性と結ばれ、現在も仲良く付き合いを進めているそうです。


この人もバイセクシャルだったの!? と驚いた芸能人もいらっしゃったのではないでしょうか?

いずれにせよ、皆さん個性が強く、芯があって輝いているように感じますね。

発信力のある芸能人が“バイセクシャル”を公言することで、多くの方がカミングアウトしやすくなるのではないでしょうか。

・出典:カズレーザー(kazlaser)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/BIPGoihA1ej/?taken-by=kazlaser

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (2)

注目の記事

恋愛jpをフォローする