岡村隆史「ヘタクソすぎる」高畑容疑者のモザイクに喝!! まるで“呪いのビデオ”、ネットの声は?

新番組で高畑裕太容疑者にかけられたモザイク処理が、あまりにも雑であったことを指摘。

「わざとちゃうか」と突っ込む場面が見られました。

okamura

出典:okamuradesu(okamuradesu)(Instagram)

「ヘタクソ過ぎる」高畑裕太容疑者へのモザイク処理

岡村隆史さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」。

その際、岡村さんは、その日東野さんとランチに行ったことを明かし、東野さん司会の新番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)で出演者の高畑裕太容疑者にかけられたモザイク処理が雑すぎることで盛り上がったと話しました。

番組が放送されたのは、前日の7日。

画面中央には、不自然なボカシの入った高畑裕太容疑者と見られる人物が映っていました。

その光景を見た岡村さんは、『高畑(裕太)君が、あそこに映ってて(笑)もう、ど真ん中で、引いたら必ずど真ん中やって。そこをボカシで消してあるんですけど。そのボカシが、ヘタクソ過ぎる』とクオリティの低さを指摘。

さらに『これはある意味、わざとちゃうか、と。「何か話題になったらエエな」っていうくらいの感じで』と続け、あまりにも雑すぎるモザイク処理に思わず苦笑した様子を伝えました。

また最近のCG技術の高さについて言及し、『「シン・ゴジラ」なんて、物凄いCGとか凄いのに、今のご時勢、あんなヘタクソなボカシの入れ方あるかって言うて』と、モザイクのお粗末さを突っ込まずにはいられないようでした。

まるでホラー映像!? 低クオリティのボカシにネットでは突っ込みの嵐

このボカシに対し、ネットでは以下のようなコメントが寄せられました。


『今客席に幽霊が見えた……』

『CG技術を駆使して別人作ればおもしろいのに』

『高畑の代打は間に合わなかった模様……』

『ほんとにあった呪いのビデオの投稿動画みたいだな』

『素人の俺でももっとうまく加工できる気がする』

レギュラーの藤田ニコルさんの隣で、幽霊が腰かけているような絵面に、呪いのビデオを見ている気持ちになったという声も。

また、加工技術の低さに苦言を弄した人も。

過密スケジュールのなかで起こったアクシデントに、技術担当者も対応しきれなかったのかもしれません。

岡村の“コメンテーター気取り”の発言にも苦言集中か!?

『岡村さんが、またなんか言ってるよ~~~!!』

『コメンテーターのつもりなのかな? シン・ゴジラとは予算が違うことぐらい分かれよ』

『コメンテーターのポジションが欲しいの? 岡村さん昔はおもしろかったのに最近は微妙』

『謎のコメントで岡村の迷走がまた繰り返されるのか……』

また、ネットからは岡村さんの発言に対する苦言も。

話題のニュースに関してすぐにコメントをしてしまう岡村さんに対して、厳しい声も上がっています。


世間を震撼させた、高畑裕太容疑者の逮捕。

出演したドラマの撮り直しだけでも、損害金は1,000万円超えと噂されており、その他CMのスポンサーに対する賠償などを含めると、数億円単位になる可能性があるんだとか。

岡村さんが指摘したように「わざと」かどうかは定かではありませんが、多方面に影響を与えていることが伺えます。

度々芸能ニュースに対してコメントをする岡村さん。

今後の岡村さんの目指す方向はどこなのでしょうか?

【画像出典元リンク】
・okamuradesu(okamuradesu)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/BF-EKKBr5uS/?taken-by=okamuradesu&hl=ja

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする