彼に尽くすのは自分のため!? 愛するほど愛されなくなる3つの理由

【相談者:20代女性】
彼氏ができると好きすぎて尽くしすぎてしまったり、彼好みの女になろうと彼に従い、頑張ってしまいます。

そして重たがられて、最終的に相手から振られてしまうのです。

でも自分はただ彼を好きなだけなのに、なぜ嫌われなければいけないのか? と腑に落ちない部分もあります。

だんだん恋愛に自信がなくなってきて、恋をするのがこわいです。

a 頑張れば頑張るほど報われない恋愛は存在する

質問ありがとうございます。恋愛心理パティシエのともです。

もし恋愛が“自分が相手を愛すれば愛するほど自分のことを愛してくれる”という答えがあれば、誰も恋愛に悩まなくなる……でも現実はそうではないのです。

頑張れば頑張るほど結果がでるのは勉強とか仕事。恋愛は絶対的な答えはありません。

そして難しいことに、自分が相手のこと愛すれば愛するほど、相手の気持ちが離れていってしまうことも。

だから努力次第できちんと結果がでる仕事の方にのめりこむ女性が増えたのかな、と思う部分もありますね。

ただ愛しすぎること自体は決して悪いことではなく、恋愛の醍醐味は両思いよりも、“どれだけ相手を愛せるか”なのです。

img_7876

(1)見返りを期待しない

『仕事で忙しい時期。彼女にもそう言っておいたのだけど“体大丈夫?”とか“何か美味しいもの食べに行こうよ”とか、毎日LINEが入ってくる。俺のこと本当に心配しているのか、ただ構って欲しいのか……とりあえずそっとしといて欲しい』(30代男性/営業)

愛しているから“連絡したい”、愛しているから“尽くしたい”。

すべてはあなたのためにやっていること……、と感じてしまうのが恋愛の盲目的なところ。

でも実は“自分が愛されたいからやっていること”というのが本当なのです。自分のことを愛して欲しいから、尽くす。

彼の言いなりも突き詰めていくと、“嫌われたくないから”“自分のこと好きになって欲しいから”。

相談者さんもよくよく自分の行動が“彼のため”でなく、“自分のため”になっていないか考えてみる必要があります。

(2)ただの自己満足

『毎日彼のために料理したり洗濯してたら相手が何もしなくなった。感謝の言葉さえない……。私は恋愛対象ではなくて、いつの間にか母親代わりみたいなものに』(20代女性/保育士)

見返りもそうですが、愛がただの自己満足になっていることもあります。

見返りを期待せずとも“ここまで愛してあげている自分”に酔っていることも。

過保護で子供をダメにする親がいるように、愛しているからって何でもしてあげれば、相手はそのありがたみを忘れてしまい、傲慢になってしまうだけ。

また与えるだけ与えてしまうと相手は常に“お腹いっぱい”状態なので、他のものに目がいってしまうのは人間の性ですね。

“少し足りない”ぐらいの方が、今あるものに対しての感謝の念が湧きます。

いつもいるのが“当たり前”にならないことが大切。与えることだけが愛じゃない、と愛し方を変えてみるのもいいかもしれません。

(3)距離感が大切だけど距離感って相性

『連絡頻度や会う回数、って特に付き合い初めの時は一番苦労する部分。女は毎日連絡したい人が多いけど、男は週1すれば十分。でもそうするとだいたい相手が怒ってくるんだよな~、決して好きじゃないというワケではないのに……。愛情と連絡頻度は比例しない。その人の性格による』(30代男性/自営業)

人間関係は距離感が大切です。でもその距離感って人によって違うんですよね。

毎日一緒にいたい人や、週に1度でいい人、月1でいい人……。

その距離感というものを感覚で察知できる能力ができる人の方が恋愛が上手くいく傾向があります。

ただそれは天性のものでもあるので、もしかしたら相談者さんはその掴み方が上手くない女性なのかもしれません。

でも逆に考えると“距離感が違う人とは最初から相性が合わない”と思えることもできます。

自分が心地いい距離感と相手の心地いい距離感が同じ人じゃないと、どっちかが我慢を強いられどこかでズレが生じてしまい、遅かれ早かれ破たんしてしまうのです。

距離感の掴み方がわからないのであれば、自分の距離感を少し緩めて攻めてみて、それでも重いと思われれば諦める。それが相性というものです。

毎日会いたい人が、月1しか会わなくていい人と付き合っても上手くいくハズがないということ。

もちろん人間同士100%距離感が合う人はいませんので、ある程度の配慮は必要ですが、それが辛すぎるほどの不安と我慢を感じれば、さっさと手放した方がいい恋愛です。


相談者さんももしかしたら今までの相手が“ただ相性が合わなかっただけ”という可能性もあります。

不安からのすがるような愛は良い結果を生みませんが、“ただ素直に愛すれば愛してくれる”そういう相手と出会うということの方が最終的には幸せな恋愛になるのです。

そして相談者さんはそういう男性にまだ出会ってないだけかもしれないので、自信をなくさないように。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする