高学歴なのに残念!「恋愛も勉強すればできる」ガリ勉のイタイ勘違いとは

【相談者:30代女性】
学生時代の彼氏と別れてからずっと彼氏ができません。

菊乃さんの本を読みました。自分ができていないことが分かり、改善していったのですが男性としばらく会っていなくて恋愛がどう始まるのかも忘れてしまいました。

男心を知るセミナーを探して行こうかと思っています。あとは何をすればいいでしょうか?

a 人生のピークが「○○大学合格」過去に生きるな未来を見よ

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

本を読んでくださってありがとうございます。

男心を学ぶセミナーを探していらっしゃるのですね。

男心が分からないのでしたら、職場の誰でもいいので男性に「男心が分からないから教えて」と言ってみればいいのでは?

恋愛という正解のないテーマを調べて解決、勉強して解決する癖がついていないでしょうか?

ご相談にいらっしゃる方の中には、勉強はとてもよくできたであろう高学歴の方も大勢いらっしゃいます。

そのままいいところに勤めている方も多いです。

一見、高スペックなのにパートナーがいない方にお聞きすると、相談に来るまで「合コンに何回いっても次につながりません」とか「気になる人がいるけれど、なんてメールしたらいいですか?」とかではなく、気になる相手もいないし、出会いの場に出ていくことすらしていないのです。

それじゃあ、彼氏できないのに。

ただ、本を読み、調べて解決しようとしていらっしゃるのです。

この勉強して解決する癖がついている方について、合同会社EBS代表で公認会計士の眞山徳人さんにお聞きしました。

book

勉強ができた成功体験が手放せない

公認会計士の専門学校にいっていたときに、勉強好きな方がおりました。

30代、40代で会計士を目指す方がいるのです。もちろん会計士になりたくて途中で勉強をし始める方もいれば、中には勉強が好きでやっているのではという方もおりました。

ある方は東京大学を卒業して、有名企業に入社してなぜか30代に会計士の専門学校に入学してきた人も。

公認会計士試験に合格してある監査法人に勤務したのですが、同期は20代。プライドが邪魔をして職場になじめずそこを辞めました。

その後、別の難関資格を取得してその資格で開業したそうです。

子どもの時に勉強ができれば、親も先生も褒める。その成功体験が強いのです。

学生時代であれば、テストの点数がよければ一目置かれますが、社会人になるとそういうわけにはいかない。

しかし、勉強で解決する癖がついていて、周りに聞いてみる習慣がないのです。

試験問題ならば、参考書を読んで調べて解決するのでしょうけれど、人間関係などの答えのないことを調べだすと結論が出ません。

周りの人間関係の中で「困っているのは自分だけじゃないんだな」と安心したり、「そういう言い方をすればいいのかもしれない」と参考にしたりした方がいい場合もあるのに。

あるいは、デートで失敗をしてその経験から学べることもあるかもしれません。

しかし、学ぶ癖が付いている方は人間関係の摩擦を避けてしまいがちです。


眞山さんありがとうございます。

勉強さえしていれば居場所もあった『過去』に生きているのですね。

恋愛は勉強してできるようになりません。

知識で「リアクションが豊かな女性はモテる」と知っていたって、できているかどうかは別。

1回だけリアクションを意識してコミュニケーションをしたところでリアクション豊かとは言いません。

実際に人に会って、話して、時にはフラれる経験のほうが身をもって学べますよ。

過去より未来を見てほしい。

あなたの人生のピークが「○○大学合格」だったらむなしすぎる。

【取材協力/公認会計士・眞山徳人】
2004年慶應義塾大学経済学部卒業後、2005年公認会計士第2次試験に合格。大手監査法人にて、監査業務のほか、管理会計の導入から経営ビジョンの策定にいたるまで、様々な種類のコンサルティング業務に従事。また、大学や大学院でのインターンシップ研修の運営や各種企業研修での講師も担当。2016年に独立。現在、合同会社ebs代表社員、眞山公認会計士事務所所長。難しい会計やビジネスの世界を分かりやすくひもとき、「中学生でも分かるように」説明することを信条としており、書籍や雑誌の執筆でもストーリーや漫画で会計の仕組みを解説している。座右の銘は「できるときに、できることを、できるだけ」。

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (32)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする