“女性割引”は許せない!? 男性が「女ってズルい」と思った瞬間4つ

【相談者:20代男性】
先日の『女性が「男ってズルい」と思った瞬間エピソード』という記事を読み、反論があったので質問します。

男性からすれば、絶対に女性の方が得していると思うことが多いのです。

男性だけでなく、女性のズルい部分も教えてください。

a 女性が受けられるサービスの多さに男性はうらやましさを感じるのです

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

先日ご紹介した『女性が「男ってズルい」と思った瞬間エピソード』でもお話しした通り、男性と女性にはそれぞれ良い部分があります。

お互いの良い部分を見ては、「男性っていいな」「女性はうらやましい」と思うことだってあるでしょう。

そこで前回に引き続き、今回は男性の方々から聞いた「女ってズルい!」と思った瞬間のエピソードをご紹介いたします。

frustration-1241534_640 (1)

(1)サービスに対する値段の差

『サービスを受けるとき、大体女性の方が安い値段に設定されているじゃないですか。映画のレディースデーやイベントの参加費を見るたびに女性ってズルいなと思います』(27歳男性/営業職)

レディースデーや女性割引など、世の中には女性が安い値段でサービスを受けられるシステムがあります。

そしてやはり、男性はそのシステム自体を理不尽だと思っているのです。
確かに筆者自身も、男性から「自分は小食なのに、男というだけで食事の値段が高い」「映画好きだからジェントルデーを作ってほしい」という不満の声をよく聞きます。

その声からもわかるように、サービスに関しては女性の方が良い思いをしていると感じる男性が多いようです。

(2)楽しめるおしゃれの幅

『女性はおしゃれにお金がかかるっていうけど、その分いくらでもきれいになれるじゃないですか。買い物に行くのも楽しいだろうし。男なんてせいぜい髪型を変えるくらいしかできませんよ……』(31歳男性/SE)

女性はとにかくおしゃれ代にお金がかかります。でも、出費が多い分、男性とは違うおしゃれが楽しめるというメリットもあるのです。

特に化粧は女性ならではの強い武器。メイクの腕を磨くことで、自分をいくらでも魅力的に見せることができます。

その「きれいになる楽しさを知っている」という部分にうらやましさを感じる男性もいるのです。

(3)ひとりで入れる店が多い

『僕はスイーツ男子なんですけど、話題のおしゃれな店とかはひとりで入りにくいんですよね。女性の方が入りやすいお店が多くてズルいと思います』(21歳男性/大学生)

「おひとりさま」という言葉が世の中に浸透してきた昨今。ひとり行動を苦に思わない女性が増えたことで、おひとりさま向けのお店やサービスも見かけるようになりました。

しかし、そんな“おひとりさま女性”をターゲットにしたお店は、男性にとってハードルが高い場所。

特に雰囲気の良い飲食店などは、男性ひとりでは入りづらい空間でもあるのです。

そこにためらいなく入っていける女性を見て、うらやましさを感じる人もいるようです。

(4)いざというときに見せる女の友情

『女同士って面倒くさそうだけど、いざというときの団結力ってすごいですよね。昔元カノを泣かせてしまったとき、彼女の女友達数人から責められました。女って怖いと思った瞬間でもありますが、こういう団結力は男にないからうらやましいなと』(35歳男性/営業職)

女同士の人間関係は、ドロドロしていて面倒くさいなんて言われます。でも、決して悪いことばかりではありません。

ときに男性が脅威に感じるほどの団結力を発揮することもあるのです。

特に恋愛絡みの問題は、同じ女として共感しやすい出来事。本人に代わり女友達が行動を起こすことも珍しくはありません。

それを面倒くさいと思う男性もいれば、ちょっとうらやましいと感じる男性もいるのだとか。


女性が日常の中で当たり前に感じている習慣。でも、男性にとってはその小さな出来事がうらやましいと感じるときもあるのです。

そして、前回もお伝えした通り、人の良さは決して性別で決まるわけではありません。

異性をうらやましく感じたら、それを嫉妬心ではなく、自分が成長するためのエネルギーに変えましょう。

自分にしかない良い部分を伸ばすことができれば、性別など関係なく、ひとりの人間としてもっと魅力的になれるはずです。

【参考リンク】
面白キャラでもモテる! 女性が「男ってズルいな」と思った瞬間4つ

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする