割り勘派 or 奢り派? “デートのお食事代”に対する男女の本音6選

【相談者:20代女性】
最近、合コンで出会った素敵な男性と初回お食事デートに行ったのですが1万円の食事代で「3000円でいいよ」と言われました。

ご馳走になった場合は、お礼としてちょっとしたお菓子やプレゼントなどでお返しすることはありますが、今まで私はデートでお支払いしたことはありません。

因みに彼はメガバンクに勤める35歳、年収は1千万円と聞いていてお金には困っていないと思います。

結婚するにはいいなと思っていたのですが、私は彼にとってお金も掛ける価値がないくらいの女性だったのでしょうか。

a 1人が支払う1回のデート費用は平均5,472円(男性平均8,379円、女性平均3,323円)

ご相談ありがとうございます。イイ男を養成する結婚相談所・良縁みなみ会の代表みなみようりです。

デート時のお支払いについてはいろいろな考え方がありますね。

2013年に株式会社リクルートマーケティングパートナーズが行なった恋愛観調査によると、1人が支払う1回のデート費用は、平均5,472円(男性平均8,379円、女性平均3,323円)となっています。

最近は割り勘の文化が広がっていますが、今でも男性の負担額が多いのは主流のようです。

さらに、男性が全てを奢ってあげる場合は、合計1万円以上の費用が必要だと言うのがわかります。

これをもとに考えた結果、男子が全部ご馳走するのは当たり前ではないようですね。

今までご相談者様は男気ある男性と会う機会が多かったのでしょう。

2016年度良縁みなみ会・座談会よりデート代のお支払いについて、男性側と女性側、それぞれの意見をまとめてみました。

2d02f63a8eefdf83066939bcb1276929_s

(1)男性の意見


『お金のことはきっちりしたいから、僕は7、女性は3割と決めています』(30代男性/会社員/金融機関)

『女性との食事ではお相手が年上であってもお金を出してもらったことはないです』(40代男性/会社員/運送)

『初回のデートは全部払いますが次からは少しもらうかなあ。あんまり考えてないです』(30代男性/会社員/通信)

(2)女性の意見


『デート時のお支払いは私が離席している時にわからないように払ってほしい。お財布を持って「いくらですか」と聞くのも面倒です』(20代女性/イベントコンパニオン)

『付き合うかどうかわからない男性に借りを作りたくないから折半にしてもらっています。でも考えてみたら、次につながってないような気もします』(30代女性/会社員/貿易)

『男性にはいいところを見せてほしいから食事代はご馳走してほしいですね。私はそのあとのお茶は出しています。好きな女性にかっこつけられない男性って、ほんとに私のことが好きなのか疑問です』(30代女性/会社員/秘書)


私は、男性には口説いている女性には毎回ご馳走することを勧めています。

なぜなら男性はルックスが良い、お金を持っている等、わかりやすいものがあると女性からモテやすいのですが、一般的な人となりが分かるまでは時間がかかるからです。

それには次に会う機会がないと話になりません。

まずは「美味しいところがあり、ぜひそちらを案内したい。ご馳走します!」と言うことで、特別嫌われていなければ次には繋がるでしょう。

女性は好きになったら男性に尽くします。

ご相談者様は、ぜひ気持ちよくお支払いしてみてください。

結婚した場合は共有財産になりますから堅実な男性のほうが貯蓄している可能性が高く、安心ですよ。

●ライター/みなみようり(男性向け婚活・恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする