ルールが多くて息苦しい! 彼が“束縛男”になってしまった場合の対処法

【相談者:20代女性】
彼が、交際3ヶ月で「束縛男」になりました。

きっかけはSNSにあげた飲み会の写真で、バイト仲間のイケメンくんを見てからだと思います。

女友達と遊ぶときも「誰と遊ぶの? どこで?」といちいち詳しく聞いてきます。帰ってからも「何着ていった? どうだった?」と質問責め。

男の子のいる飲み会に行く時は途中で連絡する、帰ったら5分以内に電話、とか勝手にルールも作られました。

電話しないと家まで来てしまいます。息苦しいです。

彼のことは好きなのですが、どうしたらいいでしょうか。

a 好きを伝えて自信を持たせてあげましょう! 嫉妬も効果アリ

こんにちは。女優&ライターのmamiです。

う~ん、聞いているだけで私まで息苦しくなってきました。

交際3ヶ月で、ということはそれまでは普通だったのですね。

ま、普通がどの程度かというのも人それぞれかとは思いますが、相談者さんの彼は誰が聞いても行き過ぎている感じはしますね。

それでも好きな彼と相談者さんが気持ち良く交際を続けていけるよう、今回は、“恋人が「束縛彼氏」になる原因と対処法”についてお話しましょう!

sokubaku

「束縛彼氏」になる原因

男性が束縛したがる原因として3つのパターンが考えられます。

原因(1)自分に自信がない

男性としての自分に何らかのきっかけで自信を失ってしまったパターン。

そのせいで愛される自信も失ってしまっています。

自分と彼女を比べたときに、彼女の方が魅力的だと思え、それでも彼女を手放したくないという思いから、逃げられないように束縛しようとするんです。

イケメンくんの写真を見てから……という相談者さんの彼はこのパターンかもしれないですね。

飲み会で楽しそうにしている相談者さんを見て嫉妬を感じたのでしょう。

原因(2)素敵な女性が周りにいない

職場や友達、知人など、周りをどれだけ見渡しても素敵な女性と接する機会がまったくないという場合。

彼にとって彼女がこの世でもっとも魅力的な女性……!

もし失ってしまったら、もう後がないんです。だから何としてでも自分の手元に繋ぎとめておこうと必死になってしまいます。

どうでしょう。彼の職場や仲間の写真を見せてもらったことがありますか?

男性ばかりだったり、恋愛対象にならない年齢の女性ばかりではないでしょうか。

原因(3)恋愛依存状態

自分の生き方にある程度自信を持ち、仕事や趣味、友人との交遊など充実している男性であれば、『相手を束縛したからといって気持ちを惹きつけておけるわけではない』と理解しているはずです。

自分も彼女と過ごすだけではない世界を持っていますから。

けれども仕事にも誇りが持てず、趣味もないといった男性は、心理的に恋人に依存してしまうことがあります。

彼女との恋愛だけに依存してしまう状態です。

こういった男性はストーカーに変身することもありますから要注意です。

「束縛彼氏」の対処法

束縛彼氏になってしまったとしても、恋人の愛のある対処によって改善することはできます。

対処法(1)さりげなくサポート

趣味や資格取得など何か新しいことに挑戦できるよう提案してみるといいでしょう。

「彼女」以外にも夢中になれるものが見つかれば、束縛はきっとゆるむはずです。

ただしあんまり露骨に「○○に参加したら?」なんて強くすすめると、『俺の注意を他へ向けようとしてるんじゃ……』と彼の不安をあおって逆効果になりますから、あくまでもさりげなく。

彼が生きることを楽しめるようにサポートしてあげてください。

対処法(2)「好き」を言葉にして伝える

彼が自信を失っているようなら、積極的に彼のいいところ、好きなところを言葉にし、魅力的であることをきちんと伝えてあげましょう。

相談者さんは彼に、「イケメンくんより、あなたの方がずっとかっこいいと思ってるよ」と言ってあげましたか?

「彼には彼女がいるから関係ないのよ」なんて曖昧な言葉で終わらせていないでしょうか。

「好き」を定期的に言葉で伝えて彼を安心させてあげてください。


いかがでしょう。

もし彼が趣味など楽しめることを見つけ、相談者さん以外にも目を向けるようになったら……いままでと逆に嫉妬する仕草を見せちゃいましょう。

「2人のルールはどうなったのよ!」なんて。

彼は完全に安心して「束縛彼氏」じゃなくなるはずです。

【参考文献】
・『男の「心理」を知りたいときに読む本』潮凪洋介・著

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする