今年も気になる赤リップ! あなたの魅力を引き出すカラー選びのポイント2つ

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

仕事柄、よくデパートなどのコスメカウンターをチェックしているのですが、今年のトレンドとして気になっているのが、「赤リップ」です。

色合いだけではなく、テクスチャーからつけ方までバリエーションがとても豊富です。

ただ真っ赤なリップはつけ慣れていないと緊張するものでもありますよね。

「赤リップを試してみたいけれど、自分の顔に合うのか不安」「派手になってしまわないか気になる」など、ちょっと不安に思う方もいると思いますので、今日は自分に似合う赤リップの選び方のコツをお伝えしていきますね。

make

(1)初心者の方にはシアータイプがおすすめ

まずはテクスチャーについてです。

テクスチャーというのは質感という意味ですが、ツヤのないマットタイプか、ツヤがあるシアータイプの2パターンに大きく分かれます。

初めて赤リップにチャレンジする方には、シアータイプの方がおすすめです。

つけ心地も軽く、唇の色が透けるので、マットタイプに比べても「口紅を付けている」感が少なく、グロスと口紅の間のようなイメージで気軽につけられるのが特徴です。

また、指にとってポンポンと唇の中央から外側へ色を乗せていくことで、自然な血色のように唇に色を足すことができるのも、顔色が明るく見えて良いですね。

(2)自分の肌色に合わせてピッタリの色を見つける

続いて、自分にピッタリ合う色味を見つける方法です。

ご自身のパーソナルカラーがわかっている方であれば、そのベースの色を参考にしましょう。

ブルーベースの肌の方であれば、真紅がおすすめです。顔色を良く見せてくれるだけではなく、肌の透明感も引き立ててくれるので、モードな印象に仕上がります。

イエローベースの方はオレンジがかった赤がおすすめです。血色を足してくれて、肌にハリが出ているようにも見えるので、元気でヘルシーな印象に仕上がります。

自分のパーソナルカラーがわからないという方も、この2色をつけ比べてみて、どちらが自分の肌や顔全体の印象を引き立ててくれるかを鏡で確認してみるとよいですね。


いかがでしたか?

赤リップは女性の美しさを引き立ててくれる色でもあります。

ぜひこの秋は赤リップを味方につけて、ぐんとオシャレにステップアップしていきませんか?

【参考文献】
・『色で美人に生まれ変わる! 7daysレッスン』今井志保子・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする