松本人志、高畑謝罪会見に「もっと怒らないと」と苦言さく裂! 世間の声は?

28日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志さんが強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者の話題に言及し、母・高畑淳子さんが26日に行った謝罪会見について苦言を呈しました。

松本さんは敦子さんに対して『息子にもうちょっと怒らないといけない』などとコメント。

番組内でのこうした松本さんのコメントが世間で話題を呼んでいます。

無題

出典:松本人志(@matsu_bouzu)(Twitter)

「どんなことがあっても……」母・敦子が語ったこと

高畑裕太容疑者の母親で女優の高畑淳子さんは、26日に都内で会見を行い、「被害にあわれた女性の方、息子がお受けしていたお仕事のキャンセル、どんなに言葉を重ねても、お詫びの言葉みつかりません」と涙ながらに謝罪。

自身の子育てについて聞かれると、「自分なりに精いっぱいやったつもりですが、育て方がいけなかった」と語り、事件の原因については「彼の甘さ」と話しました。

また裕太容疑者の芸能界復帰については、「してはいけないことだと思っています」と言及しています。

25日に裕太容疑者に接見した際については、「目が腫れ上がって、震えて泣いてばかりでした」と涙ながらにコメント。

さらに「(面会は)もう、ほとんど覚えていないが『一生かけて謝らなければいけないよ』と。こんなことは不謹慎で言ってはいけないが、どんなことがあってもお母さんだから、姉はどんなことがあっても裕太のお姉ちゃんだからと言っていたように記憶しています」と、あふれる涙をぬぐっていました。

「もっと怒りを出さないと」松本は苦言

こういった会見について、ダウンタウン松本さんは「ワイドナショー」で以下のようにコメントしています。

「少し厳しめに言わせてもらうと、息子にもうちょっと怒らないといけない。『これから一緒に乗り越えていこうね』みたいな感じのコメントは、お母さんとしてもう少ししっかり怒りを出さないといけないし、そういう感じで今まで育ててきたのかな、今後もそうなのかな、と思ってしまう」

さらに松本さんは娘をもつ親の立場として、「被害者の女性のお父さんの立場で考えたりする年齢にさしかかってるんですけど、『歯ブラシ持ってきてくれって』と言ってやったのかと思うと……痛いやつだなと思ってしまう」と吐露。

今回の事件について、2013年10月に同番組が始まって以来「(芸能ニュースとして)一番ぐらいにキツい事件」と語りました。

「甘やかしてる」「親子愛はいらない」ネットでは賛同の声

『松本に同意。この期に及んでも息子寄りの発言をしてたから、甘やかしてたのかなと思った』

『こんな状況で、“何があってもあなたのお母さんだから”なんて言ったら、息子も「助けてもらえる~」ってなって、甘えて反省なんかしないよ』

『本心は息子がかわいくて仕方なくても、公の場で息子を気遣う言葉は一切すべきではないと思う。被害者や被害者家族の耳に入れたくない』

『今は世間の目が厳しい時期なんだから、そういう親子愛みたいなのは見せない方が良い。そういうのは自分の心の中に閉まっておくべき』

『まっちゃんの言う通りだと思うけど、まだ事件が起きて間もないからね……。高畑さんとしてはショックの方が大きすぎて、自分としてもまだその衝撃を受け止めきれてないんだと思う』

『会見だけ見てると甘やかしてる感じはするけど、実際に本人に会った時はさすがに怒ったりしたんじゃないの?』

ネットでは、松本さんの意見に同意する声が多く上がっています。

謝罪会見という場所で母の敦子さんから“親子愛”を感じさせる言葉が出たことに対して、違和感を感じた人も多かったようです。

一方で、憔悴の中「謝罪会見をやり遂げたことだけでもすごい」と敦子さんを擁護する声もあります。


26日に行われた敦子さんの謝罪会見。

彼女が涙ながらに事件や息子の裕太容疑者についてコメントをする姿は、とても印象に残るものでした。

世間では「甘やかしている」という声もある中、敦子さんは今後どのようにして息子と向き合っていくのでしょうか。

【画像出典元リンク】
・松本人志(@matsu_bouzu)(Twitter)/https://twitter.com/matsu_bouzu/status/537795519976726528

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする