必要なのは彼への“信頼”! 浮気されない女になるための方法2つ

こんにちは。女優&ライターのmamiです。

誰とつき合っても、相手が浮気するんじゃないか? と過度に心配してしまう人がいます。

最初は落ち着いているんですが、恋愛初期を過ぎ相手からの連絡が少し間遠になったあたりからもう「愛が冷めた?」と心配になり、相手が否定しても受け入れず「他に好きな人が?」と、どんどん妄想が膨らみ……。

知人にもいるのですが、こうなるともう病気です。

過去に浮気されてしまったなどのトラウマがある場合も多いのですが、しなくていい心配をして苦しみ悩んだ上に、相手を疲弊させ、別れに繋がってしまうことも。

そんなわけのわからない負のスパイラルに陥らないよう、今回は、“女性に知っておいて欲しい男性の浮気心”についてお話しましょう。

9

(1)男性が女性に抱く3つの感情

占い師で恋愛カウンセラーとしても有名な沖川東横先生によると、男性が女性に対して抱く感情は「恋愛感情なし」「浮気心を感じる」「本気で好き」という3つに分けられるそうです。

ところが、女性の男性への感情には「恋愛感情なし」か「本気で好き」の2つしかないらしい。

……この違いが、誤解の元になってしまうのだとか。

たとえば恋人がちょっとした知人女性と「友達以上風」の内容でLINEしていたら……もちろん気分はよくないでしょうけど、こう聞くとどうですか?

LINEは単なる「浮気心」を満足させる遊びで、彼にとっては「本気で好き」な彼女が大切な存在であることにまったく揺らぎはない確率が90%! と。

でも女性には「恋愛感情なし」と「本気で好き」の2つの感情しかないので、なんでもかんでも「本気で好き」という感覚でしかとらえられないんです。

男性にすれば、LINEのやりとりや、ちょこっとお茶を飲むくらいの感情だったのが、妄想で頭をいっぱいにした彼女に責められ、追求されることで、途端に彼女を重く感じ、むしろ「浮気ごっこ」だった女性の方に心を傾けていく結果になったりするのです。

ですから、男性の「浮気心」に対しては『感情的になったら負け』と思った方がよさそう。

心配でも、頻繁に電話やメールをしたり求めたりして監視するような態度はやめましょう。

男性は縛られるのが嫌い、責められるのはもっと嫌いですから、確実に逃げ出します。

(2)赤ちゃんのような愛情と信頼

浮気の尺度は人それぞれなので、“なんといわれようと彼が他の女性と親しくLINEしたり2人で会ったりを許すなんて無理!”と思われる方がいるかもしれません。

でも男性にも女性にも社会で生活していく上で、異性との接触が必要な場合はあるでしょう?

同性としか交遊のない男性じゃないとダメですか?

彼に異性をまったくシャットアウトして貰わないと安心できませんか?

そういう方は、彼が何もしていなくても浮気妄想をしてしまう予備軍かと思いますので、以下の沖川先生の言葉をご紹介したいと思います。

『恋愛のとき、目指してもらいたい気持ちは、生まれたての赤ちゃんのような感じです』

赤ちゃんは何の疑いもなく親を信頼しますよね。純粋無垢に信頼してくれるからこそ両親も赤ちゃんが愛おしくなるんです。

100%自分を信用している人を、人は裏切ることが出来ません。

男性だってそうです。

赤ちゃんのように100%自分を愛して信用している彼女を裏切れないんです!

それがいつもいつも「浮気した?」と疑われていたらどうでしょう?

「俺のことそんな男だと思ってるのか。じゃあ思ってる通り浮気してやるよ」となります。ほんとですよ。


いかがですか?

恋愛がうまくいく極意は“好きになった相手をとことん信頼すること”といわれています。

そりゃ騙されることだってあります。ときには裏切る男性だっているでしょう。

でも、それでも、信じる覚悟をすることが恋愛には必要だといいます。

その覚悟が、心に余裕を生むのだとか。

余裕をもって、「赤ちゃんのように」無邪気に愛し続けていれば、彼の本命の座が奪われる心配はないでしょう。

【参考文献】
・『男を夢中にさせる恋愛のルール』沖川東横・著

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする