止まらない食欲に効く!! “五感”を満たす新感覚ストレスフリーダイエット法3選

【相談者:20代女性】
はじめまして。私は自分の止まらない食欲に悩んでいます。

暑さで食欲を失う人が多いこの季節は、特に周りと比べて自分はおかしいのではないかと感じます。

食事もしっかりとっているのに、事あるごとに食べたい衝動が抑えられません。

暇なとき、仕事が終わってすぐ(会社を出るなりコンビニへ行くこともしょっちゅう)、ストレスを感じたときなどに食べたくなります。

このままではどんどん太っていきそうで不安です。

何かいい方法はないでしょうか?

a 味覚以外の感覚をもっと研ぎ澄まして満たしてあげれば食欲が落ち着くかも!

ご相談ありがとうございます。コラムニストの愛子です。

お気持ちとてもよく分かります。

相談者さんは今、ストレス解消や快感を得ることなど、すべてを味覚に頼っておられるのだと思います。

会社を出るなり食べたくなるというのは、食べることでリラックスしてオフモードに切り替えたい気持ちの表れです。

食べるという行為は、1番手っ取り早く安心感や快感を得ることが出来るので、それに頼るのは無理もありません。

でも女性なら誰だって、体型のことも気になりますよね。

そこで、見ることや聴くこと、嗅ぐことや触れることにもっと敏感になってみてはいかがでしょう?

味覚以外の感覚をしっかり満たすことで、食欲は自然と落ち着くはずです。

girl-

(1)味覚以外の感覚が欲求不満?

食欲をコントロール出来ずに悩んでいる方の多くが、他の感覚が鈍感になっている傾向にあります。

ストレスを感じたとき真っ先に浮かぶのは、好きな食べ物の味やそれを味わっているときの快感ではないでしょうか?

食欲に支配されず上手くコントロール出来ている方は、例えばそういったときにやりたくなるのが外の空気を吸うことだったりします。

これはあくまでも一例に過ぎませんが、見ることや聴くこと、嗅ぐことや触れることでしっかり自分を満たしてあげることが出来れば味覚、つまり食べることが担う役割は随分減って、自然に食欲が落ち着くはずなのです。

(2)過食は感受性が満たされていないサイン

快食美カウンセラー夏目祭子さんの著書『食欲フリーDiet』の記述をまとめると下記のようになります。

『過食にハマりやすい人というのは、もともと五感の感受性が豊かに発達している人が多い。今の生活体験では、感覚的刺激が飽き足りない、神経が十分な刺激を味わい足りないから、食べ物で埋め合わせしようとしてしまう』

確かにとても納得がいきます。

五感を上手く満たせるようになってから、食欲をコントロールしやすくなった経験は筆者にもあります。

満足出来ない期間が長引くと感覚が鈍くなり、余計に食べることばかりに頼ってしまいます。

鈍くなった感覚を呼び起こし、研ぎ澄ますクセをつけましょう。

何も難しいことではないのです。必死に努力するのではなく、自分を癒す気持ちで取り組んでみてください。

自分の中の「心地いいという感覚」を大切にすることで、変わっていくはずです。

(3)五感をしっかり満足させよう

味覚以外の感覚もしっかり満たしてあげれば自然と食欲が落ち着くこともあります。

その方法の例を挙げますね。


・視覚:食事の盛り付けやテーブルセッティング。オシャレに気を配る。景色が綺麗なところへ出掛ける。

・聴覚:好きな音楽を聴く。自然音(風、鳥のさえずり、川のせせらぎなど)や人の話声など外の何気ない音に耳を澄ましてみる。

・嗅覚:アロマ(グレープフルーツの香りは食欲抑制効果あり)を炊く。好きな香りのシャンプーや柔軟剤を使う。

・触覚:カレがいる人はたくさんハグをする。ペットとの触れ合いでもOK。布団や毛布など寝具は好みの肌触りのものを選ぶ。


いかがでしたか?

慣れないうちは味覚から得る強烈な快感と比べ、物足りなさを感じるかもしれませんね。

しかしそれぞれの感覚が研ぎ澄まされ、そこから情報を得ることに慣れれば不思議なくらいすっと食欲が落ち着くこともあります。

どれも簡単に出来ることなのでぜひ試してみてください。

上記以外にも、ご自身に合った方法を探してみてくださいね。

【参考文献】
・『食欲フリーDiet』夏目祭子(快食美カウンセラー)・著

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする