気になるあの子は“学年のマドンナ”!! 彼女との出会いを「運命」にする方法

【相談者:10代男性】
今気になっている女性がいます。彼女は中学のときの同級生です。

部活で少し男女合同の練習をした時に関わったことがあるくらいで全く話したことがありません。

もともと気になってたんですが、学年のマドンナで彼氏がいるという噂だったので諦めました。

ですがここ最近通学の電車で一緒になることがたまにあり、話しかけようかどうか悩んでます。

どうしたらいいでしょうか? アドバイスお願いします!

a 意識しずぎずに、まずは声をかけてみましょう

ご相談ありがとうございます。イイ男を養成する結婚相談所・良縁みなみ会の代表みなみようりです。

この相談者のように声をかけるかどうかで悩んでいたら、私は声をかけた方がいいと思います。

今回のような高嶺の花の女性には、周りが「きっと相手がいるだろう、僕なんかはだめだろう」と思って声を掛けずらいことも。

「自分には釣り合わない」と言い訳をして自分を守らず、あまり意識せずに声をかけてみてはいかがでしょう。

library-

(1)ザイアンスの法則で親近感を狙う

心理学ではザイアンスの法則というのがあり、人は会う回数が増えれば増えるほど好感が持ちやすくなります。

1回だけ合うよりもの、3回、5回、10回と合う回数が多い方が効果が上がるということです。

企業がテレビCMになぜ多額の宣伝費をかけるかというと、何度も目にした商品には親近感を抱きやすく売上に影響するからです。

昔の同級生というのであれば懐かしさもあるので、相手は警戒心なく、気軽に会話が出来る可能性があるでしょう。

(2)実際に結婚したケース

実際に私の友人の男性ですが、合う回数が増えることで結婚に至ったケースがあります。

社内恋愛で40代のある男性が15歳以上年下の女性に恋をして、何度もアプローチをしました。

最初の頃は、おじさん扱いで異性としてみてもらえなかったそうですが女性が仕事の悩みなどを気軽に打ち明ける中で、その男性の頼もしさ、包容力と優しいところがわかっていき、1年後には女性のほうが夢中になってしまいました。

もちろん、全てがこのように上手くいくわけではありませんが、合う回数が増えれば、自分の良さを伝える機会も増えます。

(3)で、具体的にはどうしたら良いかと言うと……

具体的にはどのように声をかけるかというと、「運命だね作戦」が良いと思います。

電車で久しぶりに再会する、そのことが「運命」と言われてみたら運命で、これを偶然ととらえるか、運命ととらえるかは、あなた次第!

「なんかすごい偶然だよね!」と運命的な出会いだと、まず自分が思い込みましょう。

そして気軽に声を掛けてみる。毎朝会って話しているうちに世間話から、気軽にちょっとお茶しない? となるかもしれません。

話しかけた後の反応で距離感を感じたら「懐かしいよね~。あいつ元気かな?」とほかの同級生の話をふって今度、みんなで飲もうよ! と誘ってみても。

いくつか提案してみて、一番反応が良さそうなことを実行しましょう。まずはレッツトライ!


人生は一度きり!

彼女との運命的な出会い→お付き合いまでのストーリーを実際に書いてみて、自分が俳優になったつもりで演じてみてもいいですね。

昔、未来日記というものがあって日記の通りに恋に落ちていくというテレビ番組がありましたが、そんなイメージです。

自分の人生のシナリオは自分自身で、誰かのシナリオを演じなくてもいいですよ。

あなたの理想のストーリーはどうでしょうか。あなたの勇気を応援していますよ!

●ライター/みなみようり(男性向け婚活・恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする