“SMAP解散”、五輪中にナゼ……「続けたほうがいい」「中居は頑張ろうとしてた」芸能界からも様々なコメント

13日深夜、ジャニーズ事務所は、2016年12月31日をもってSMAPが解散することを正式発表しました。

日本中を震撼させたこのニュースでしたが、芸能界からも驚きの声が多く上がっています。

SMAPの分裂騒動が世間で話題になったのは、今年の1月から。

メンバーもグループ存続に向けて何度も話し合いを進めてきましたが、メンバー間の潜在的な溝は深かったようです。

今月に入り、事務所からは「前向きな状況が整うまでグループ活動をしばらく休む」という“休業”を提案しましたが、メンバー数名からは「休むより解散したい」という希望が出たそうです。

事務所は「全員一致の意見ではないものの、解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日のご報告となりました」と説明しました。

なお、5人は引き続きジャニーズ事務所に所属し、今後はソロ活動に専念するといいます。

969859e77e4bc8fc8082376c2106d894_s

芸能界からも悲痛の声

この「SMAP解散」の知らせは、世間だけでなく、芸能界にも大きな衝撃を与えました。

ヒロミ「続けた方がいいよと話した」

タレントのヒロミさんは16日、「バイキング」(フジテレビ系)に出演した際、SMAPのメンバーにグループの存続を勧めていたことを明かしました。

解散について、これまでSMAPのメンバーの相談にも乗っていたようで、「続けてほしいな、続けた方がいいよ、と話したんですけどね」とコメント。

さらに、「彼らが話し合って結論を出したのだと思いますが、多分、全員が残念だと思っているんじゃないですか? SMAPが好きだろうし。中居はとても頑張ろうとしていたし」と、彼らの心中を思いやるコメントをしていました。

小倉智昭「なんで五輪期間中に」

キャスターの小倉智昭さんは17日の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、SMAPの解散について言及。

彼らが2020年東京パラリンピックの応援をしていたことから、「なんでオリンピック期間中に解散なんだって……」と、そのタイミングに首をかしげました。

さらに、「テレビでは、皆さんそろってっていうのは最近見られなくなってきたから、どうしてもラジオでってなるのかもしれないけど、ファンにしてみたら気持ちは聞いてみたいよね」と、どのような形にしろ、肉声での説明が必要なのではという見解を示し、残念なニュースとコメントしました。

氣志團・綾小路「好きな様に生きて」

氣志團の綾小路翔さんは、ツイッターで以下のようなSMAPへの強い思いを語っています。

「SMAPが好きだ! メンバーの皆様、貴方達を好きすぎる故、僕らはあーだのこーだの言うけど、好きすぎるからです! 僕らはあーだのこーだの言うけど、何も気にせず、好きな様に生きて下さい。それが一番僕らを幸せにするんです」

さらに、「はっきり言うけど、氣志團みたいなDQNバンドがメジャー行ったのはSMAP×SMAPに出たかったからだけじゃ」と、SMAPとの共演が大きな目標だったことを明かしました。


年内をもって、デビューから25年の歴史に幕を閉じることとなった国民的グループSMAP。

彼らの存在は、他の芸能人やアーティストにとっても影響力のあるものだったことでしょう。

今後、メンバーのソロ活動がどのような形で行われていくのか注目ですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする