ダサ男にしかモテない人必見! 30代女性が陥る“間違った若作りスタイル”とは?

【相談者:女性30代】
出逢いはあってもダサい男からしか誘われません。

どうしたら理想の男性と出会えるのでしょうか?

a ダサい男はこだわりがないだけ。ダサい女はこだわりがありすぎる

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

ダサい男からしか誘われないのですね。それではあなた自身はダサくないのでしょうか?

「いい男がいない」という女性って、お会いするとたいていはご本人の外見がおかしいのです。

今回はパーソナルスタイリストRの武藤和也さんにインタビューさせていただきました。

(1)ダサい男は優良物!?

男性は着心地だけで服を選ぶことも多く、一見するとちゃんとしているような男性も、奥さんが買った服を上から選んでいるだけという場合もあります。

こだわりがないからダサいのです。

またダサい男性は自分がダサい自覚もあり、服装のアドバイスをしても素直に聞いてくれます。

(2)ダサい女は欠陥アリ

女性は男性より、外見に対して「きれいでありたい」と思う方が多いです。

しかし、恋愛がうまくいかず気が付けば30代という方は、鏡で全身を見てコーディネイトを考えずに、服のデザイン単品で試着もせずに買い物をしがちです。

クローゼットの整理ができておらず、買う服がかわいいデザイン=幼いデザインのものが多いのです。

水玉、リボン付き、チープな素材、フリル付きなど。

ダサい女性は自分ではかわいい服を着ているから、かわいいつもり。無自覚且つ、頑固なので、改善が困難です。

コーディネイトを考えずに「服がかわいいから」という理由で買い物をするイタイ女性がよく着ているのが、ビーズやラインストーンが首元に縫い付けられたカーディガンと、白やベージュのフワッとしたスカート。

20代なら似合うのでしょうけれど、30代が着ると品と知性がなく、若作り感が痛々しいのです。

首元の空き具合とか、体のラインの見え方とか、肌が明るく見えるかどうかとか、相手にどんな印象を与えるのかとか……。

試しに武藤さんに、ありがち若作り服を選んでもらい、試着しました。

IMG_2589
IMG_2590

イタイです。
頭が悪そうです。
スタイルがさらに悪く見えます。

武藤さんありがとうございます。

30代で「かわいい」にしがみつくってバカですね。今の自分の良さを探して、似合う服を探した方がずっと素敵になれるのに。

自分をもっと知りましょう。


30代で似合う服が分からない方って、自分に似合う男性は分かるのでしょうか?

「男って若い女がいいんでしょう」という悩み・ボヤきを私もよく聞きます。

そういう男性もいるけれど、一緒に年を重ねていけるパートナーを探している男性もおります。

しかし、「かわいい」にしがみつく女性は、一緒に年を重ねていく相手として選ばれにくいでしょう。

週末のショッピングセンターで夫婦、カップルを見ると、どこも奥さんや彼女が買い物の主導権を持って服を選んで着せているではないですか。

ダサい男性はお付き合いしてからいくらでも変えることができます。だから、そこは目をつぶってもいいところですよ。

【取材協力/武藤和也】
福島出身。現在は都内で活動するパーソナルスタイリストR。婚活やビジネスで自分らしさを引き出すコーディネイトで、お客様のステージアップのサポートをしている。
http://ps-takumi.com/

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (12)
  • うーん (30)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする