嵐もついに人気低下!? “嵐にしやがれ”最低視聴率更新に「新鮮味がない」と厳しい声も……

ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「嵐」が、近頃大きく失速していると話題になっています。

テレビ関係者によると、嵐の出演する番組の視聴率の低下が顕著になってきているとか。

7月20日放送の特番「嵐ツボ」(フジテレビ系)は7.9%、23日放送の冠番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)は、昨年4月の番組リニューアル以降最低の数字となる6.9%を記録しました。

特に「嵐ツボ」は、メンバー5人が世の中の知られざるコミュニティーを訪問するという新企画でしたが、見事に大きく外してしまった結果に。

pexels-photo-large

叶わなかった共演……テレビ関係者からの“恨み節”

嵐のコンサートツアーのチケットは、毎回ファンの間で熾烈な争奪戦が繰り広げられ、オークション売買防止のために本人確認まで導入されるほどですが、彼らの冠番組についてはかつての勢いを失っている状況です。

関係者によると、嵐はもともと事務所のNG項目が多く、できる企画が限られていたそう。

最近はその企画を出し尽くしてしまったため、番組がマンネリ化しているといいます。

そんな中テレビ各局からは、盛んに“恨み節”の声が上がっています。

テレビ関係者は、「櫻井翔の父で元総務省官僚の俊氏が都知事選に出馬して当選していれば、確実に情勢は変わっていた」と話します。

もちろん、狙いは櫻井さんと俊さんの“親子共演”。

2020年開催の東京五輪に向けて、事務所をあげて全面協力の姿勢を示しているジャニーズとしても、櫻井さんの父が都知事なら向こう4年間は安泰ということでした。

番組やグループの人気を維持するためには、手段を選んでいられないというのが関係者の本音のようですね。

「もう“嵐”だけで視聴率は狙えない」ネットでも厳しい声

『私はただ単に、飽きたから最近見てないね』

『もう嵐ファンくらいしか見てないんじゃない? 一般受けするものにしないと先はないと思う』

『嵐どうこうよりも単純に企画がつまらない。VS嵐とか毎週同じゲームだし新鮮味が全くない』

『もう“嵐”ってだけで視聴率は狙えないでしょう……時代は変わっていくんだよ』

『出過ぎると飽きられるのも早いってことなのかな。いい機会だから、仕事絞った方がいいのかも』

『SMAPは料理がすごい、TOKIOは農業がすごい、でも嵐ってなにかすごいものあるの? ファンじゃない私はそこが分からない』

『もういい年齢なんだから、“かっこいい”だけじゃ無理なのかもね』

番組の視聴率低迷をそのまま表すかのように、ネットでも厳しい声が続出しています。

彼らのコンサートツアーの人気ぶりを考えると、この数字の低迷はやはり番組の企画側の問題なのでしょうか?

毎週ゲストが変わるだけの同じような番組内容に、飽き飽きしている視聴者が多いようです。


テレビ番組の失速が明らかになった人気グループの嵐。

最近は嵐の番組だけに限らず、「面白いテレビ番組がない」という視聴者の声をよく耳にします。

スマートフォンが普及し、ゲームや動画サイトを視聴する人が多くなった現代で、どのように視聴者をテレビの前に呼び戻すのか……テレビ各局のそれぞれの工夫が求められるようです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (15)
  • うーん (44)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする