“メイク時間の長さ”や“天然すぎる性格”…… 実は「許せない」と思う彼女の行動5選

【相談者:20代女性】
彼との待ち合わせに遅れることの多い私。

先日、彼から「さすがに何度も待たされるのって、ないわぁ……」と呆れられてしまいました。

彼の中にストレスを溜めさせてしまってたんだなぁと反省。

男の人って、黙認しているけど実は許せない彼女の行動ってあるのでしょうか?

a ほんとは言いたい! でも器の小さい男になるのはイヤ

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

黙認してはいるけど、実は許せない彼女の行動は、残念ながらあります……。

彼氏・彼女と言えど、しょせんは他人。

自分との価値観の違いから、許せないこともあるでしょうし、腹の立つことだってあります。

それでも、自分の好きな人。

険悪なムードになるより、少しでも楽しく過ごしていたい。そう思い、黙認していることって、けっこうあったりします。

付き合っていくうちに、それを許せるようになるケースもあれば、交際期間が長くなって、彼女への執着心が薄れるとともに、細かいことがどうでもよくなってしまうケースもあります。

彼だって、本当は本音を言いたいはず。

でも、彼女から器の小さい男だと思われるのは、男として避けたいもの。複雑な思いが瞬時に交錯した結果、「黙認」という行動に出ているのです。

ここでは、世の中の彼氏たちが、彼女のどんな行動を黙認しているのか、本音を探ってみましょう。

2

(1)マナー編

『混んでる電車の中だろうが、平気でメイクをする彼女。何も伝えてはいませんが、実は許せないと思っています。マナー違反ですから』(27歳男性/Webデザイナー)

『人混みの中でも気にせず日傘をさす彼女。実は、やめて欲しい。傘の露先が通行人に当ってしまっているし、目に刺さってしまったら取り返しがつかないので。いくら紫外線対策だとしても、日傘をさす場所くらい選んで欲しい』(30歳男性/プログラマー)

『人混みの中だろうが電車の中だろうが、どこにでも物を落とすクセ』(35歳男性/営業職)

(2)異性編

『特別な感情はまったくないから心配ないと言いながら、元カレからのメールに返信する行為』(30歳男性/清掃員)

『お酒の強い彼女。一緒に飲んでいても、ベロベロになって介抱が必要なときも。他の男がいるときはそういう飲み方はやめて欲しい』(27歳男性/営業職)

(3)小言編

『僕の健康に気を使ってくれるのはありがたいのですが、食べものの制限や生活パターンに、必要以上に口を出してくるのは控えて欲しいですね』(25歳男性/飲食業)

(4)人間性編


『周りの女友達の考え方に影響されたり流されたりして、僕の考えを否定するのはやめて欲しい』(25歳男性/営業職)

『天然の彼女。付き合う前はそれも好きな理由のひとつだったのに、付き合った途端イラッとするようになった』(24歳男性/派遣社員)

『僕が鈍感なのも悪いのですが、ある日いきなり「付き合うの、もう限界なの」との宣告。限界になる前に、何らかの声をかけて欲しかった』(26歳男性/介護職)

『先週はA子さんの文句を言っていたかと思えば、今日はB子さんの文句を言いながら、A子さんは実は好きなタイプだって言ったり。その場その場で人間関係をコロコロと変える性格が嫌ですね』(27歳男性/総務職)

(5)デート編

『デートのときのメイク直し。彼女はデート途中でトイレにこもってメイク直しするのですが、とにかく時間が長い。濃いメイクをしないほうが似合ってるのに、なぜにそこまで神経質にメイクするのか理解できない』(34歳男性/自営業)

『ほんとにそんな方向音痴なの!? と未だに信じられないのですが、彼女と待ち合わせすると、たいてい迷子になっちゃうんです。最初は笑ってやり過ごしていたんですが、最近ではかなりイラつくようになりましたね』(31歳男性/営業職)

『彼女と外食すると、「お互い違うやつ注文して、半分ずつ食べ比べしよう!」って、いつも提案されるんですが、僕は自分の好きなメニューをお腹いっぱい食べたいタイプなのでかなり我慢しています』(29歳男性/営業職)


どうやら、世の中の彼氏たちは、かなり本音を飲み込んでいるようですね。

男にとって彼女を想うときは、「許してしまう」のか「許している」のかによって、気持ちが大きく違うということを意識してみてください。

彼女のことが好きで想うがあまり、「ついつい、許してしまう」と感じているのか、それとも単に、「彼女という関係だから許している」と感じているのか。微妙なようで、けっこう違います。

理想は、結婚した後もずっと「ついつい、許してしまう」状態が続くこと。

そうすれば、仲の良い夫婦関係を築いていけるでしょう。

一方、「彼女という関係だから許している」状態は、「実はストレスを溜めている」状態とも言えます。

前者は、「人」ならではの許し方。

後者は、「恋人」というステータスあっての許し方。

どちらも許す行為に違いはありませんが、彼の気持ちによって大きく異なるということを覚えておきましょう。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする