止める派 or 応援する派? 女友達の不倫を知ったときの対処法とは?

【相談者:20代女性】
大学時代からの友人のことで悩んでいます。

彼女は現在、同じ職場の上司と不倫関係にあるそうです。友達として止めたいのですが、良い言葉が思いつきません。

そもそも不倫であれ、友達なら応援してあげるべきなのでしょうか。

どう対応すれば良いのか教えてください。

a 自分なりの方法で、泥沼恋愛から抜け出すための協力をしてあげましょう

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

2016年、何かと世間を騒がせている不倫問題。しかし、この問題は何もTVや雑誌の中だけの話ではありません。

私たちの身近で起きうる可能性も十分にあるのです。

実際、相談者様のように仲の良い友人が不倫にハマるというケースは、決して珍しいものではありません。

いざというときに慌てずに済むよう、今から友人の不倫への対処法を覚えておきましょう。

今回は、20~30代女性の方々から友人の不倫を知ったときの対応についてお話を伺ってきました。

1

(1)「陰ながらでも応援しちゃう」派

『不倫はダメだけど、人の恋愛に口出しするのも違う気がするし……。私は陰ながら応援しちゃうかも』(21歳女性/大学生)

『不倫中の子は反対されると余計にハマっちゃうから、あえて応援する。意外と応援してあげた方が早く不倫熱が冷めることもあるしね』(33歳女性/営業職)

周りから反対されると、ますます不倫にハマる女性は多くいます。

意外と応援してあげる方が、彼女たちの熱も冷めやすくなるのかもしれません。

また、陰ながら応援してしまう人の中には、「他人の恋愛に口出しできない」「自分には止める権利がない」と考えてしまう人もいるようです。

(2)「何が何でも不倫は止める」派

『不倫なんて最低!「やめないと友達の縁を切る」くらいの勢いで止める!』(23歳女性/大学院生)

『実際に親友が不倫していたときは、必死で止めました。強く言うと聞く耳を持ってくれないから、遠まわしに説得を続けて、ようやくやめてくれましたよ』(29歳女性/医療事務)

圧倒的に多かった不倫は止める派。

やはり、仲の良い友達だからこそ、間違った道へは進んでほしくないと考える女性が多いようです。

とはいえ、強く反対するとますます不倫にハマる可能性もあります。

彼女たちの気持ちを尊重しつつ、気長に説得することが不倫をやめさせるために必要な心がけなのかもしれません。

(3)「できる限り関わりたくない」派

『応援も反対もしない。本人の自由だし、何が起こっても自己責任。不倫問題には関わりたくないから、遠くから見ているだけにします』(32歳女性/美容師)

『不倫の話にはあえて触れず、普通に接していると、次第に周りのような普通の恋愛が羨ましくなるみたいですよ。不倫中の子の話は聞けば聞くほどハマるみたいだから、興味ないふりをするのが一番』(28歳女性/営業職)

そもそも、友達であっても不倫問題には関わりたくないという女性もいます。

応援できないけど、止めても無駄だとわかっている。そのため、遠くから見て見ぬ振りをする女性も少なくはないのです。

でも、このように興味を持たないことで、不倫女性の熱が冷める場合もあります。

直接関わらずに不倫をやめさせる有効な方法でもあるのです。

(4)不倫から離れるきっかけを作ってあげよう!

どれだけ仲の良い友人であっても、不倫は応援すべき恋愛ではありません。

かといって、無理に止めても、ますます不倫という危ない関係にハマってしまうだけ。

友達の不倫を止めたいのであれば、遠まわしに不倫から離れるきっかけを作ってあげるべき。

すてきな人を紹介してあげたり、合コンに誘ったりと新しい出会いが見つかれば、不倫に対する熱も冷めるはず。

大切なのは「世の中にはすてきな男性が他にもいる」という事実に気づかせてあげることなのです。

不倫で手に入れられるメリットなど、ひとつもありません。友達の幸せを心から願うなら、泥沼の恋愛から抜け出せる協力をしてあげましょう。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする