どんな時でもスマートに! イヤミを華麗にかわす大人の処世術3つ

こんにちは、コラムニストの愛子です。

イヤミを言われたとき、もちろんはっきり言い返してもいいのですが、そこまではしづらい微妙なケースってありますよね。

相手が冗談交じりに言ってきたり、褒め言葉として伝えてきた場合なんかは、大人げない振る舞いをしたくないと誰しも少しは思うはず。

だからと言って、モンモンとしたまま言われっぱなしは悔しい!

そんなとき、醜態をさらさず華麗にイヤミをかわす大人の処世術をご紹介します。

1

(1)褒め言葉に隠されたイヤミには、同じ褒め言葉で返す

『太っているのを気にしている私に友達が、ムチムチの太ももがセクシーだと言ってきた。男性や、太れなくて悩んでいる女性から言われるなら本音だと思えるけど、ダイエットのことばかり気にしている女友達から言われるとイヤミにしか聞こえないよね。だから同じことをそのまま返してやった。○○ちゃんも細いわりに太ももは結構しっかりしていてセクシーだよって。相手は何も言えずショックを受けていたみたい』(20代/アパレル)

確かに褒め言葉として伝えている以上、同じ言葉を返されて怒るわけにはいかないですものね。これは賢い方法かもしれません。

よほど明確に数値化されているようなものでない限り、少しくらい無理があっても同じ言葉で返すことはできます。

例えば上記のように「細いわりに」と付け加えれば、スリムな子に太ももはしっかりしていると言っても不自然ではありませんよね。

実際、その子の太ももが細いか太いかは関係ないのです。

先に傷付けられたからと言って、相手の欠点を探し出して言葉を返すと罪悪感が残ることもあります。

でも、相手に言われた言葉をそっくりそのまま返す方法なら気にする必要は一切ありませんから、後味も悪くなくていいのでは?

(2)冗談交じりのイヤミには「冗談でもショック」で罪悪感を与える

『いつも冗談に乗せてイヤミを言う友達がいるんだけど、ある日、思い切りショックがってみたの。冗談通じないの? なんて言葉が言えないくらい落ち込んで見せたらさすがに罪悪感持ったみたいで、それ以降は言われなくなったよ』(20代/ホステス)

これは素直でいい方法ですね。怒る訳でもイヤミを返す訳でもないので、相手は謝るしかありません。

よほど無神経でない限り、そこまで傷付いている様子を見せれば、それ以上は言わないはずです。

実際傷付いたのは本当なのですから、人を傷付けてしまったんだっていう罪悪感をチクリと残して、話を終わらせて!

そこで相手が態度を改めてくれたら、あなたももう忘れましょう。

それでもイヤミを言ってくるようなら、付き合いを続ける必要はないかも。

(3)気づかないフリで「のれんに腕押し」状態へ

『会う度にイヤミを言ってくる知り合いがいるけど、いつも気づかないフリしてる。何を言われてもへ~そうかな? なんてどうでも良さそうに返事してたら、飽きたのか最近は言わなくなったなあ』(30代/美容関係)

確かにこれが出来ればかっこいい。これぞ大人の処世術かもしれません。

ただ彼女の場合は、実際さほど気にしていないからこそ出来たのかなという印象も受けました。

どうしても聞き流せないイヤミってありますから。

そんな時は(1)や(2)で挙げた例を参考にしてもいいですし、我慢できないときは、はっきり言っちゃうのもアリですよね。


いかがでしたか?

大切なのは自分からはイヤミを言わないこと。

意図せず放った言葉が誤解を生むことはあると思いますが、わざわざ言うのは止めましょう。

日頃から自分に恥じない言動をしていれば、いざ誰かにイヤミを言われたとしても、凛としていられるはずです。

多少の悪意なんかではブレない自分らしさを培うこと、そんな自分で世の中を渡っていくことこそが、大人の処世術なのではないでしょうか。

●ライター/愛子(アンメラダイエットアドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする