ゆとり世代「割り勘が基本」つめこみ世代「理想は高め」!? 3世代別それぞれの恋愛傾向

ゆとり世代はやる気が足りない、つめこみ世代は図々しい……などいつでも絶えることのない“世代論争”。

今回は、そんな世代ごとの恋愛に焦点を当ててみました。

世代別の恋愛傾向はどうなっているのか。また、どういった世代からモテるのか?

“世代ごとの恋愛”というテーマでご紹介させて頂きます。

yubiwa

つめこみ世代の恋愛の特徴

1970年代に生まれ、1980年代前半に学生時代を過ごした方が該当する“つめこみ世代”。

まだ景気の良かったこの時代に生まれた、つめこみ世代の女性は恋愛にもコツコツと真面目に取り組み積極的。

ある程度男性慣れしているので、恋愛に対して臆病ということは少ないでしょう。

ただ景気のいい時代を経験している分、男性に求める理想は高くなりがちかもしれません。

ゆとり世代の恋愛の特徴

1987年から2004年に生まれた“ゆとり世代”。

ゆとり世代の恋愛の特徴は、あまり多くを望まずおっとりしていること。

デートでも割り勘が基本で、「男性がお金を払う」という考え方は強くありません。

男性は気楽になるので、ゆとり世代の女性とは付き合いやすいと言えるかもしれませんね。

ゆとり世代の女性は収入やルックスなどにあまりこだわらないので、男性の精神的・肉体的負担も少ないハズです。

またゆとり世代は恋愛下手な人が多く、その世代の男性は草食系男子がかなりの数を占めます。

とはいえ女性は、男性から情熱的にアプローチしてほしいもの。

ですので男性からの積極的なアプローチがあれば、ゆとり世代の女性は恋に落ちやすいのかもしれません。

参考:ムダなことはやらない! ゆとり世代が語る驚きの恋愛観6選

さとり世代の恋愛の特徴

ゆとり世代に比べると、「さとり世代」はあまり聞き慣れない言葉なのではないでしょうか。

この2つには実は世代の違いは無く、基本的にどちらも1990年代に生まれた人たちのことを指します。

欲というものがあまり無く、「悟りを開いたようなイメージ」からさとり世代と呼ばれるようになりました。

恋愛に対しても消極的なので、さとり世代の女性から積極的に相手にアプローチすることは少ないでしょう。

さとり世代はドラマチックな恋愛よりも落ち着いた居心地のいい関係を望む傾向があります。

相性の良い世代は?

ゆとり&さとり世代は年上男性と相性抜群

同世代には草食系の男性が多い、ゆとり&さとり世代。

年上の男性に積極的にアプローチされると、知らない間に恋に落ちていた……!! なんてことも少なくありません。

また、年上男性にとっても“落ち着いた居心地のいい関係”を望む若い女性は魅力的。

最近では年の差婚も流行っていますが、ともに居心地の良い関係がつくれるようですね。

つめこみ世代は年下男性と相性抜群

逆に、恋愛慣れしていて男性たちの気持ちをある程度分かってあげられる、つめこみ世代の女性たち。

気配りも上手なので、同年代の男性とも年下の男性とも、ある程度上手くやっていけるでしょう。

草食系の男性は恋愛に対して基本的には“受け身”。年上女性のリードが心強く、つめこみ世代の女性にとっても可愛らしく感じられるでしょう。


一般的には、世代が違うと性格もかわってくるといわれています。

もちろんどの世代でも、全てがあてはまるワケではありません。

世代の違う方との恋愛をしている……なんて方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする